山口県に住む4歳のチワワ
ヂヂちゃんから相談を受けました
 
ヂヂちゃんは 2年前に脊髄梗塞になり
右前足に麻痺が残り、残りの3本で体を
支えています

生活面に支障はない(歩行・食事・排泄など)らしいですが
右の後足も2年前から支えの力が弱いらしく
今後更に弱ってきたらと心配になってしまったそうです
 
高齢犬の質問が来ることは多いのですが
3本足のワンちゃんからの相談も少なくはありません

そこで今回いただいた質問は
☆いつの段階で車椅子を使うのがよいでしょうか?

 今の状態で元気に過ごしていれば問題ないのですが
 すでにバランスを上手に取りながら生活している状態なので
 3本足のどこかが弱ってくると他の足、体の軸、バランスに
 かなり無理がかかってきてしまいます

 2本足のみで過ごす事は難しいので
 足・体の負担軽減のために車椅子を使う事をお勧めしています

 しかしその場合は使える筋力はしっかり使ってもらいたいので
 サポート力(体を上げる事)は少なくても良いかと思います

☆神経質なわんこなので、今から遊び?という形で、
 車椅子に慣れさせた方が
よいのかしら。
 
と思ったりするのですが、逆に、右後足によくない事ってありますか?

 慣れるために食事など好きな事をする時間に使い
 嫌なものではないと認識してもらえたら良いです

 まだ使える弱っている足はレッグリングなどで違和感を感じて
 しっかり動かしてくれるので弱り始めた時に使った方が
 リハビリになりしっかり動かす場合があるので効果的です 

 
悪くなってからの方がその状態にあった車椅子を装着できた方が
 わんこには良いのでしょうか?
 
その場合は、今、立っている状態の採寸もしておいたら、役に立ちますか?

 悪くなる前に使った方が乗れるようになるまで筋力が必要になり大変です
 筋力が落ちてから車椅子というよりは
 筋力維持・キープの為に車椅子をお勧めします
 
 もしも考えているけれどまだ・・・という場合は
 極端に太ったり痩せない限りは体の長さ、高さが変わることはないので
 元気な時に採寸していただけると助かります
 幅は注文時に再確認させていただきます

☆ 
車椅子の使用予定は、室内を考えています。

 室内で使っている方も多いです

☆時期はいつ頃がよいでしょうか?アドバイスをよろしくお願い致します。


 必要!と思った時に早めに手元にあった方が
 体への負担や筋力が落ちるスピードが少なくてすみます
 理想をいうと
 必要になった瞬間に使えるように早めに手元にあったほうがいいです


こんなやりとりでヂヂ君車椅子を選んでくれました

最初数日間は車椅子に乗せようとすると
足を外して逃げようとするそうです
 
足が使えるワンコは逃げようとします
でもこれを続けたら足のリハビリになると思いませんか

まずは嫌いにならない程度に気長にいきましょう 
 
そして数日後にヂヂちゃんを縦に抱っこして
車椅子を寄せてはめる感じで装着できるようになりました 
  
そして少し歩くこともできたそうです

まだ少し気になる事はありますが
今は車椅子で生活というよりは
体に負担をかけたくないためのサポートと
食事など好きな事をする時に使ってください 

 

  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
※メールを送ったけれど返事がない場合は再送をお願いいたします
  24時間以内に返信がない場合は
  届いていない可能性がありますのでお電話ください