4歳のシュナウザー フク君の車椅子を送りました

4歳? そう4歳
実はフク君脊髄梗塞にかかってしまい
下半身不随になってしまいました

病気の話の前にフク君
車椅子到着後乗ってみたら

腰が落ちまくってる!!!

半分座っているようになってしまっています・・・

お客様が採寸するのって不安ですよね・・・
気持ちはわかるのですが遠方だと計りにいけないので・・・

足を延ばしたこんな写真を一緒に送っていただけると
とっても参考になるので助かります
写真は真上から撮ってください
※参考写真は我が家のゴマです

さて フク君はメールで直し方などやりとりしたら

後肢が元気?という位きれいに立てるようになりました

歩行の状態は
「まだまだ馴れなくて着けると固まってしまいます。
おやつを持ったら来ますが、又止まってしまいます。」 とのこと

ワンちゃんの繊細度、ビビり度によって違いますが
おやつで歩いてくれるならば大丈夫そうです

毎日乗せて楽しい事をしてあげる
食べるのが好きな子ならおやつ
散歩が好きならリードで引いて歩かせてみる
おもちゃが好きなら近くに投げて車椅子を少し動かすなどなど
そのワンちゃんが好きなこと+車椅子を動かす
これを繰り返していると「歩けるもの」と覚えてくれます

フク君1週間後にはどうなっているかな


さてさてフク君の車椅子を作る前に
脊椎梗塞の知識の少ないotomoは
オフ会でお会いした5歳で脊椎梗塞にかかってしまった
爆走しまくっていたシュナウザーのレオン君に
色々質問メッセージを送ってしまいました
レオンの日常^^ 車椅子になった訳

レオン君の爆走っぷりったらすごいし
発症した3年前には想像できないほど回復したんです~~
とおっしゃっていたので経験談も聞きたかったのです 
オフ会でのレオン君の爆走の様子
 
様々なところで様々な病気、症状のワンコに出合います
そのおかげでわからない事を聞くことができるので
出会いって素敵だな と改めて感じます
  

2014年4月1日からtadatomo工房は
犬の車椅子のわんうぉーく になりました
  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
転送されるので以前のアドレスでも問題ないです