シーズーのシフォンさんへお届けいたしました

我が家から遠くないお宅なので助かりました

保護犬で推定12歳のシフォンちゃんは
去年から心臓が原因で咳がひどくなり
あまり歩かなくなってしまいました
その後2月に肺水腫になり入院
他にも高カルシウム血症、僧帽弁閉鎖不全症
そして副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
というホルモンの病気もあり
ご注文いただいたのですが
注文後数日でさらに足が弱くなってしまいました

後ろ脚が伸びてしまうシフォンちゃん

さぁ 車椅子に乗ってみよう!

あれ???
妹の小梅さんが乗ってる
小梅さんは目が弱いので車椅子に乗れば
顔がぶつかる前にバーが当たって安心ですね
って シフォンちゃんが乗っていない時に乗りましょう(笑)



さてさてシフォンさんはどうでしょう
最初は固まってしまい車椅子を動かしても無反応でした
「もしも本人が歩けなくても体が起こせるだけでも
 体にいいことは多いのでそれでいいんです」
と言ってくださりましたが
ゆっくりゆっくり車椅子を動かしていたら
ベットに向かって少し歩き出したんです
寝たい願望が相当強いようですがすばらしい


右前肢がぶれているのわかりますか~~~

そしてゆっくりだけどベットへ

前足がベットに乗るくらい足を動かしています
喜ぶ私たちに向かって
「ちょっと寝させなさいよ 」と訴えるシフォンさん
 

今回飼い主様と相談して新しい試みをしてみました
胸のハーネス復活
今回は布の全面サポートタイプ
 
以前は通常のハーネスを使っていましたが
4輪車でハーネスを使う意味があまりない事から
やめてしまったんです
 
しかし 今回からのハーネス併用は
胸が落ちてしまう子対策

→通常胸下ベルト
通常胸下ベルトで胸が落ちてしまうわんこ
→胸サポートハーネス
顔が下がってしまいハーネスでは首が閉まってしまう場合
→顔乗せバーにクッションを乗せる
サポート三段階になりました

現在在庫がないので布のサポートタイプは
お客様に用意していただこうかと思っています

しかし胸サポートが必要なワンコは
胸の圧迫が怖いし皮膚も弱っている場合もあるので 
良い胸サポートのハーネスを探してみたいと思います

小型犬のは多いけど大きくなると少ないのよね~~

ニュータイプ車椅子が成功したころ
シフォンさんは夢の中    
 
 
シフォンさんのの様子はこちらから
シー・ズー 小梅&シフォン日記
 
  

2014年4月1日からtadatomo工房は
犬の車椅子のわんうぉーく になりました
  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
転送されるので以前のアドレスでも問題ないです