今回はミニチュアシュナウザーのグレースちゃんに会いに
埼玉県まで行ってきました


17歳のグレース君 高齢の為足が弱くなってきました
とはいえ スローテンポですが自分で歩けます


実はグレースさんとの出会いは
ゴマの兄弟 ココアさんがきっかけなんです
ということで
 
 ゆず ゴマ シエロ ココアが集まりました
 
だんだん足が弱くなってきたワンちゃんは
どのタイミングで車椅子を購入するか悩んでしまいますよね・・・

車椅子って歩けなくなった
最後の手段と考える方も多いのですが
リハビリ、筋肉維持を目的にするならば
ふらついた時が選び時かと思います 
 
ふらつく→倒れることがある=不安や自信喪失
そうすると前向きに歩けなくなる子も
歩ける子でも倒れるときに腰を痛めたりしてしまうことも

後肢からふらつき始めたら2輪車
全体にふらつくなら4輪車
 
ベルトゆるめておけば倒れるときにだけサポート可能
そうすれば自力で歩くけれど倒れはしない

ワンちゃんはもちろん飼い主様も安心です

さてさてグレースちゃんの反応は
 
不思議そうでしたがのんびりモードで歩いてくれました

お腹の下は手が入る程度余裕があるので
しっかり自分の力で歩いています
後肢もレッグリングに入れているので
通常よりも動かしてくれます
(股にものがあるので足を動かすワンちゃんが多いんです)


今後の事を考えて顔を乗せるバーをつけたのですが
視力の弱っているグレースちゃん
顔がぶつかる前にバーが当たるので安全かも

1日30分~1時間の使用で 筋力維持や気分転換になります
 
疲れた時や 顔が下がってしまう場合は
顔乗せバーにクッションを乗せられます
このまま寝ちゃう子もいるんですよ

体を動かすことでお腹も減るし夜も寝てくれます

お腹といえば
寝た状態が多いと内臓機能も低下しやすいですが
起きた状態でご飯を食べたりすることで
内臓も正常な位置や向きで機能してくれます 
 
  
 車椅子に乗ったままのシャンプーも可能なので
トリミングにも使えるかも
ってトリミングは・・・ 
体の横はちょっと無理ですね・・・ 
 
 
車椅子を使って筋力アップしたら
車椅子なしでふらつかずに歩けるかも
そんな希望を持ちながら
グレースちゃんの様子楽しみにしています

車椅子の感想やその後が気になる方は
グレースちゃんのブログをどうぞ
M.シュナウザー グレースの快適老後生活

グレースちゃんの上手な車椅子さばきはこちらです


2014年4月1日からtadatomo工房は
犬の車椅子のわんうぉーく になりました
  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
転送されるので以前のアドレスでも問題ないです