別れの時

何らかの形で書きたいと思っていた事を書きたいと思います

それは

旅立ち

tadatomo工房のブログの中ではみんな元気です
ここに来れば元気な姿が見れるように

ということで
自分の経験談を書かせていただきます


 
写真を多数載せています
人によっては不快に思うものもあるかと思いますので
亡くなった犬なんて見たくないという方は
ましてや骨なんて載せるか!?
っていう方はご遠慮ください

 

何十年?前の話ですが(^_^;)
小学生の頃に飼っていたワンコは13歳で老衰でした
「あれ?今日は少しふらつくね、
これから介護生活になるのかな?」
なんて言っていた翌日の朝に眠るような姿で冷たくなっていました
通りすがりのおじいちゃんが
「今日はお昼寝にちょうどいいね 」なんて声をかけていくほどきれいでした
今考えると何か原因はあったのでしょうが
当時はそんな予兆を感じないほど急でした

そのあとは実家のお庭に埋めました

今考えると実家の建て替えや売ることが
できない状況を作ってしまった!と反省

 

社会人になってから拾ったって飼ったミミさん
Pc026105
ミミの自己紹介

たんぱく質漏出性腸炎からの貧血症ですが
外でしかおしっこをしてくれないことから我慢していたのかな?
膀胱炎+緑膿菌など起こしていました

当時まだ車椅子を知らなかった私ですが
この時にあったらミミを
安定させて立たせることができたと後悔

その日は突然来たような予兆があったような
普段は鳴かないのに
前日の夜に激しく フヒーン ハフハフと鳴く
抱き寄せると安心するが
横で寝る準備をして離れると
1点を見つめて再び鳴きはじめる
見えていないのかもしれないと不安になった

翌朝は心臓も動いて息もしている
胸をなでおろし皮下点滴をして
流動食や薬の準備をしていたら
旦那さまから「息してないよ」と教えられ
近寄ると
心臓は・・・・
もう・・・
その時お腹がキュルっと2回鳴った

そのあとミミが動くことはなかった

あまりにも綺麗すぎて呆然としながら
呼び戻すことも出来ず
気持ちの良さそうなミミを二人で眺めていた

我慢していた分排泄物はすごく出てきたが
(おしっこの半分は膿がかっていました)
顔はきれいなままだった

体をきれいにして数日間家で一緒に過ごしたが
3日過ぎると体液がかなり出てくるようになったので
離れたくはないがいつまでも一緒に居てはいけないなと感じた
Pc0862691
毎日手足を触っていたせいなのか
硬直は1度も起こらずプニプニが気持ちよく

Pc096323 
さて 問題は葬儀屋さん・・・
何もわからない私は調べまくった
少しでも一緒に居られて満足できる方法を

そのなかで私が選んだのは個別葬
葬儀場によりますが
個別に火葬して骨上げができます

合同葬は同じ時期に旅立った仲間と
一緒に焼いてもらって一緒に火葬、埋葬されます

葬儀場によって細かく内容が分かれている
場合がありますのでご確認ください

 
何をどこまですれば満足なのかは
人によって違います
お仕事の都合などもあるかと思うので
個人の意見として読んでください
 

葬儀での火葬の様子もあるので
みたくない方はここでやめてください

 
209年ミミさんの話

ここの葬儀場は火葬の時、好きなものを入れてよいので
あらかじめ用意していただいていたお花と

私たちの結婚式で姉に作ってもらった
ミミのウエディングドレス

生きているときから一緒にいてくれた
白いカピバラちゃん

Pc1063791

たくさんのお菓子、ジャーキー
ローストビーフ、マグロの角煮、レバー
きっとお空に行ったら
お腹も治ってて 腹ペコになってるでしょうから
一気には食べれないくらい入れました

プラスチックやビニールは一緒に燃やしたくないので
紙のお皿にのせたので、時間がかかってしまった

Pc1063761

移動の際少し汚れてしまったのでお口フキフキ
これがやわらかいミミに触れた最後の瞬間です
Pc1063821_2

待合室で1時間以上待ち
見たくないが 来てしまった瞬間

見た瞬間、息をのみました
崩れ落ちると思っていました


これがまた立派だこと

本来なら撮るべきでも、載せるべきでもないのですが
あまりにも立派なので・・・

(見たくない人は見ないでください)

Pc1063851

左向きに横たわり、シッポや指の先の骨までしっかり残っています

係りの人に、しっかりカルシウムをとって
かなり運動をしていたんでしょうか、立派ですね と言われました

運動に関しては。。。。まったくしていませんでしたが
性格だけでなく、骨までしっかりしていたなんて
うれしい限りです
このことが少しだけ救いになった気がします

その後自宅に帰り、たくさんのお花に囲まれ ゆっくり眠ります
Pc1063991
空き家になったバリケンには入居者殺到 
 

話はすでに長いですが

 

2011年ロトさんの話
P80787331
(10日前に抱っこして海に連れて行きました)
ロトの自己紹介

ロトさんは2010年に前庭疾患になり
パニックする私を横目に車椅子のおかげもあって
筋肉が極端に落ちずに 
斜頸は多少残ったままだが
2輪車椅子を外しても問題ないほど回復

その半年後4月にはリンパ腫の疑いがあり
横浜の専門医で何度も検査するが
専門医も首をかしげるいまいちわからない状態・・・
とりあえず問題はないかな?という不思議な診断で
リンパ腫騒動は終了

そして5月は検査キットの誤診で(たまにあるそうです)
フィラリア陽性診断(-_-;)
再検査で問題はなかったものの
びっくりしますよね

そして7月には免疫力も低下して
血液検査はかろうじて問題がないものの
尿検査はたんぱく漏出は2+だったり
緑膿菌や黄色ブドウ球菌など+が出てしまった
Dsc_81571
7月から自力歩行はほぼ不可能になりながらも
4輪車に乗ってボールを見せると目が輝き
楽しそうないきいきとした瞳になり
車椅子に乗せるとしっかり動いてくれました

ミミとは違ってロトの旅立ちは穏やかではなかった
前日までボール遊びしてたのですが
Dsc_81981
 ※ 旅立ち5日前の写真

当日も食欲もドックフードは食べないものの
手作りフードは完食!

絶好調♪って思って少し出かけて
家に帰ると嘔吐の海の中にロトが・・・
(マットの上に人の介護用防水シーツを敷いていたので
 下には漏れなかったのもののロトの体は半面びちゃびちゃに)
体を洗い終わると力なくうなだれている

なんだか違うと思いながらも落ち着いてきたロトを見て
ロトなら大丈夫!と自分に言い聞かせる

しかし 夜中に再び様子が変わる
嘔吐の前の嗚咽が聞こえてきたので
横に座りさすると少し嘔吐
その後顔つきが変わりながら吐き気は続く

目は大きくなり充血をしている
何かがおかしい

もはや胃液とかのレベルじゃない
体液を吐いている感覚

顔の周りに敷いていたペットシーツを何度か交換して
綺麗になるとロトはさっきまでの荒々しさから一変
穏やかな空気になる
穏やか・・・ 

心臓が動いていることを確認しながら顔を見ているのだが
意識があるのかないのか
心臓の音のみが生きていることを感じさせてくれる

それも徐々に早くなり痙攣?と思うほど早くなると
ゆっくりと脈打つ、その力は次第に弱くなり
ロトはミミのもとへ旅立っていった

口から嘔吐の液体が出たので交換した
おしっこが少し出ていたので膀胱を押して出し切りティッシュで蓋をした

硬直が始まる前に足を少し曲げておく
大型犬は火葬の箱に入らない可能性があるので
できるだけ曲げたほうがいいそうだ

とはいえ自然な形にとどめておいた

1時間くらいはそういった処置をしていたのだろう

その後カピバラさんが集まり出して
ロトを囲んだ
Dsc_82111

ゴマはいつもならロトを触っていると間に入ってくるのに
昨日の晩から一度もロトエリアに入ってくる様子はなかった

初め近づいたのは昼の2時ごろ
ゆっくりとロトの匂いを嗅ぎ
ちょこんと寝始めた

Dsc_82181

ゴマなりになにか思うところがあるのだろうか・・・

Dsc_82581
ロトさんは夏場に旅に行ってしまったので
クーラーを付けて保冷剤を敷いておく
冷気が逃げないようにエアーパッキン+タオルをかけておきました

ミミよりは一緒に居れる時間は少なかったけれど
良さそうな葬儀屋さんを発見
ここでもやっぱり個別葬

Dsc_82741_2

驚く事に建物の中にワンコ参列OKなんです

Dsc_82771

そしてお別れの部屋へ

Dsc_82831

見慣れない部屋でゴマ緊張中
そりゃそうか・・

Dsc_82841

Dsc_82791

お別れの部屋で納得がいくまでお別れをさせていただき
ロトさんのメッセージを書かせていただき

ミミの時にも一緒に入れた
案内役の白カピバラさんや
フリスビーとおやつを一緒に乗せて火葬へ・・・

あーーーー ボタン押さないでェェェェェェ

ぽっち

・・・・・

・・・・・

ロトさん大きいので2時間後対面

さすがに息をのみます・・・

本来なら撮るべきでも、載せるべきでもないのですが
あまりにも立派なので(見たくない人は見ないでください)

トレイに入りきらないほど・・・

Dsc_83191

お骨は年齢の割に全体的に立派だそうです
骨盤や脊椎はかなり丈夫なものの
前足が年齢相応に弱って後ろ足も少し弱い
骨折がなくて良かった

Dsc_83201

お骨は人間サイズの骨壺ジャストフィット
帰宅後スペース空けて野球ボール入れてしまいました

Dsc_8340
さらにお花も増えてとってもにぎやか



 後悔は多くありますが
私にとって車椅子は後悔を少なくしれた大きなアイテム
その満足感、そういえる自信から
車椅子を他のワンコにも作っています

 

私の中で後悔を減らしてくれた役割の一つに
葬儀屋さんが上げられます

様々な場所で心を込めた葬儀をしてくれる場所がある一方
嫌なニュースを目にすることもあります

なので 私のお勧めの葬儀屋さんをご紹介します

リンペットセメタリー 
千葉県千葉市緑区平山町1797-2

こちらは他より少し高いかもしれませんが
ここで満足しない人はいないのではないか?と思うほど
丁寧に時間をかけてくれます
自分の葬儀もここでしてもらいたい(-_-;)


 
自分も含め いつかは来るものですが
前もって準備をする事ではないかもしれませんが
動揺しているときよりも今の方が冷静に探せるかもしれません

ブログを読んでくださっている方の中で
お勧めの葬儀屋さんを知っている方がいたら
ぜひコメントに書いてください
県名と葬儀名だけでも構いません

これを読んでいる方の近隣にあったら参考になるかと思うので

普段はコメントの少ないブログですが(笑)
各県のお勧め葬儀場が載る位
この記事にはコメントが増えたらいいな

※ 私の意見、コメントは
  あくまで個人の意見としてのお勧め葬儀場なので
  すべてが満足する保証できない事をご理解ください




2014年4月1日からtadatomo工房は
犬の車椅子のわんうぉーく になりました
  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
転送されるので以前のアドレスでも問題ないです