今回は 札幌の日本スピッツ マーチ君からのご注文ですクラッカー

日本スピッツをイメージして

白いカピバラさんを乗せてみましたチョキ

 
真っ白の体に真っ赤なハーネス 

かわいいですねドキドキ(きっと)

 
今回またまた改良しました

それはレッグリング
1本のゴムチューブにしましたグッド!



前回までのタイプがこちら


①ベルトは1本で結束バンドで留めています

②ゴムチューブを真ん中で切ってベルト出た部分で
 Xにさせています

理由 バックルが後部の為バックルを外した時に
    車椅子の中が空くようにしたかった
(重い子は寝た状態から車椅子を装着するためです)

バックルを後ろにしていた理由は

ワンちゃんの内股にバックルを当てたくなかった

ではなぜ昔のように戻したのか?
↓初期の車椅子

それは


バックルを外に出したから合格
遠回りしながらやっぱり師匠adowoksさんの作りに近くなります(笑)
バックルを外に出すことでフレームが直接当たってしまいますが
当たらない子は当たらないしガーン
当たる子はどんな努力をしても当たるだろう・・・ガーン
という結論に到達しました

しかし この遠回り やっぱりやってよかったですチョキ

結束バンド何気に好きではなかったので(^_^;)
(中にワイヤーが入っているタイプもありますが
 通常の(強めの)結束バンドはやっぱり心許なくて・・・)

ハーネスをつなぐカラビナはベルトに巻いて固定しています目

ネックは ハーネスの上部がいっぱいいっぱい(^_^;)
車椅子に対してハーネスの遊びを減らすために
腹下にベルトをつけるようにしたのですが
ハーネス上部 もう少し案が必要かもしれませんダウン

前置きが長くなりましたがわんわん


マーチ君に車椅子が届きましたラブラブ

少し前のバーが上がっていますが
数日後 ベルトの調整+慣れてきて
この時よりは前部分が下がってくれたそうです音譜


片足はしっかりしているのでベルトはかなり緩めで
後肢がしっかり地面に着くようにしていますあし

まだ 車椅子に乗せると動かないのですが
エサを見せるとダダダダダダ~~~っとダッシュしてくるそうですナイフとフォーク
さすがエサの力おにぎり

数日後には車椅子を見せると喜んでくれるそうな
うれしいですドキドキ 本当にうれしいですラブラブ

飼い主様は最初ご自身で制作しようかとお考えになっていた方なので
今後いろいろなご意見をいただけそうですラブラブ

本当にお客様のご意見参考になります

すぐに改良できなくても時間をかけて
犬にも人にも負担の少ない車椅子を目指します!グッド!


2014年4月1日からtadatomo工房は
犬の車椅子のわんうぉーく になりました
  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
転送されるので以前のアドレスでも問題ないです