15歳のパグのピノコちゃんに車椅子を送りました

ピノコちゃんは数年前にヘルニアを発症
その影響で腰が曲がり
現在は年齢が15歳ということもあり
移動はできるものの前足も弱ってきました
 
さっそく車椅子を送らせていただきました

飼い主様からのメールには

まだ自分から進んで歩こうという感じではありませんが、
2~3歩程度なら前足を前に出します。
方向転換はできるようです。

後ろ足はつま先立ちのような状態ですが、さわってみると
力は入っていました。
左後ろ足の方が力が強いです。

前足がななめになっていますが、ゴハンを食べている時は
まっすぐになっていました。

乗せる時にやや幅がきつく感じました。
お肉がはみ出るかんじです。
使っているうちに少し広がればいいのですが。

イヤがらないように、ゴハンの時にだけ(食欲だけは衰えていないので)
朝晩乗せて練習させようと思っています。

ゴハンも介助が必要だったのですが、車椅子だと早くキレイに
食べられます。

ということで クララが立った状態のピノコちゃん   
  
斜めになってしまうのは力が入っていない証拠ですが
しかしご飯の時は真っ直ぐに立てるワンコは多いです
やっぱり食べたいパワーってすごいんですね
 
幅に関してはメールの通り狭そうなので
送っていただきお直しさせていただきました

tadatomo工房では高齢のワンコにも
安心して使っていただけるよう製作しております 

年をとってもうれしい事があると気持ちは若返ります
体を起こし目線を変えてあげるだけでも刺激になり
落ちていた食欲が戻ることもあります
可能ならばお外に出してあげると匂いや風などを感じることで
元気になってくれると思います

高齢=衰える というイメージですが
いくつになっても楽しいとこんなにも元気になるんなぁと驚かされます

ピノコちゃんもみんなが驚くほどジャンジャン歩いてくださいね


2014年4月1日からtadatomo工房は
犬の車椅子のわんうぉーく になりました
 
 わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
転送されるので以前のアドレスでも問題ないです