京都のタビ君に車椅子を送りました 
  
タビ君は右後肢を骨折していまい
その時に脾臓の末期癌が発覚

タビ君は極度の貧血で
骨折の手術も、脾臓の手術もできず・・・
入院が続き、獣医さんに安楽死を考えてほしいと言われたものの
自宅に帰ると徐々に元気を取り戻してくれました
帰宅後は3本脚でけんけん状態ではあるが元気に歩いています
2輪車でお考えでしたが
年齢と今後の事と考えると
4輪車の方が良いのではと提案させていただきました
(すぐに改造できる距離ならば2輪車→4輪車でもよいかもしれませんが
タビ君が2輪車を使用して4輪にする時に
こちらに車椅子を送っていただかないといけないので
数日間でも車椅子なしの生活になってしまうのが心配です)

 
ということで 4輪車完成♪

ベルトの調整で足への負荷も変えられます
(ベルトを伸ばすと負荷がかかり
 ベルトを縮めると体が持ち上げられるので
 負荷が減ります)

退院してからは元気だったものの
車椅子が届く数日前にぐったりしてしまい
飼い主様はかなり心配されていました

車椅子が届き
小心者のタビ君を乗せようとすると
抱っこされなれていないせいか
なかなか車椅子に乗ってくれず
せっかく乗せても飛びでてしまうそうです
今はちょっと状態がまだ元気がないこともあり
自力では前にすすまず、手綱を引いてもらうと
なんとか歩き出す感じではありましたが
前足の力も弱ってきたようで4輪で正解だったようです

これからのタビ君の車椅子ライフ応援しています!
脾臓の癌の進行が遅れてくれる奇跡が起きますように


後姿が素敵です



2014年4月1日からtadatomo工房は
犬の車椅子のわんうぉーく になりました
  わんうぉーくホームページ
種類 サイズ 価格 採寸 注文方法などまとめてあります

メールアドレスはこちらです
 
転送されるので以前のアドレスでも問題ないです