TATUMEのブログ

*すず(♀)2005年1月16日生まれ 柴犬 皮膚が弱くいつもカイカイしてます*
ほとんどがワンコのネタばかりですがお付き合い願います(#^.^#)

NEW !
テーマ:
今年で4回目になる無麻酔歯石除去へ行ってきました🚗 

台風接近中とあってあいにくの雨で海沿いへのお散歩へは行けず⤵︎

お世話になってる無麻酔歯石除去してくれる『solari』さん👇
        http://solari.jp/

お店へ入ると早速先生に連れていかれました。 お店の奥さんとお話ししてると 柴のほとんどは凄い声でずーと泣いているそうです。すずは部屋に入ってからずーと無言のまま😊  部屋の中を見せてもらうと おとなしく先生の脚の上で仰向けになり除去してもらっていました🐕✨




たまに足がピクピクしてるね🐾😂
👆
これ見た時 子供達に歯が生え始めた時からずっと  わたしの足に子供達の頭乗せて毎日寝る前に歯磨きしてたの思い出した😊 
長女はその後も虫歯が無く歯並びもいいとあって小学校代表から市の代表に選ばれ、最後は千葉県最優秀賞でした🏆✨なんだかん懐かしい〜😆


{5657CD04-1AFF-4FCC-8953-4C3C6C8E4186}
すずがおりこうにしてるのでフレンチトーストと美味しい珈琲を頂いて待つこと 1時間して黄色い歯が真っ白になって出てきたすず🐕✨




とってもお利口さんでしたね😊💕ご褒美にオヤツですよ🐕💕  食べたら真っ直ぐ帰ろうね🚗


AD
いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

https://dot.asahi.com/dot/2017091300085.html


忘れられない過去


ちょうど10年前 右足が徐々に外へ開き痛みもあり(戻そうとしても自力では戻せない) 階段が降りづらくなり次第に身体のあちこちが痛み始めたの思い出した。右足xーp撮っても異常なく日に日に痛みが増しブロック注射で誤魔化そうとしても誤魔化せない日々。この頃派遣の仕事は期限までしっかり成し遂げた。(痛みに耐えながら冷静にしてたので周りにはバレなかったはず)

派遣最後の日挨拶した時 ひとりのnsさんは「よく耐えてたね、頑張ってたね、お疲れ様。」と、知ってたんだって笑っちゃった(さすがns)


この頃家族にも悟られないようにしてたけど すずの散歩が思うように出来なくなってきた(当時2歳のすずは門を出ると引っ張り強く、走る走るw)

身体の痛みが次第に右脚だけじゃなく至る所に広がりすずの引っ張りに踏ん張りもリード弾く力も失せてきて転倒したり壁に顔ぶつけてフレーム無し眼鏡のレンズが左瞼に刺さったりと散々な目にあってた。 家族に告知してみんなにすずの散歩分散してもらう。 階段上がれるけど降りるのに一苦労で一階で過ごすことに。(この時バリアフリーの有難さを実感w 絨毯の端っこや少しの段差でも転倒w) 。 何よりしんどかったのが2番子の中学受験 !親の面談もあり雪の降る中、都内の試験会場へ。試験後ぺったんこ靴からパンプスに履き替え苦手な下り階段をゆっくり降り面談の部屋で呼ばれ 引きずらないように普通に歩く?歩けてたのかなw 痛みこらえながらだったから面談内容真っ白w  2番子は質問に対して淡々と答えてたのだけは覚えてる〜。その結果合格でホッとした


この頃次の派遣先探しなんかしてられなく家にいるだけ。買い物は歩くのキツかったけど唯一の移動手段でチャリと車は大丈夫だったからホントに助かったわ。


毎日痛みと戦い寝不足が続く中、春には1番子は高校へ進学、2番子は都内の一貫校へ、3番子は5年生 そして早朝お弁当2人前作りの毎日が始まる

2番子の学校へ足を運ぶ機会が多く地下鉄のラッシュ時に人混みの中で潰され、足を引きずりながらの参加。何度か通ううちに同じ方面から通うママ友ができていつしかサポートしてくれるように。1番子は進学して音楽の部活かと思いきや野球部のマネージャーに(笑)野球部のマネなら参加しなくて済むと思ってたのにまさかの応援に駆り出されるとは(苦笑)そこで知り合った同じマネのママ達(4人)うちの子含めみんな長身で平均170cmのマネw  ママ達も同じく長身!何度か誘ってもらい応援参加させてもらってるうちにそこでもサポートしていただき楽しく過ごせるように。


この頃肋骨の痛みが酷くなり右下に寝ると肋骨に付いてる肉が下に剥がれ落ちそうなイメージの痛みが…  足も相変わらず引きずりビッコ!子供達に 「ママ障害者手帳の申請してみようかな… どー思う?」と、子供達の反応は「ディズニーとか優先で入れるね」と、1番子から(爆笑)母親が障害者とか嫌がるかと思ったらとんでもない発言w でもホッとした〜  まだまだ頑張れそうと思えた瞬間だったw



近所の整形に効かないのわかってても毎週ブロック注射に通い(足の痛みが少しでも軽減するように足底板も作成してもらう)先生に他院紹介希望してたらここの病院どうかなって紹介され、その病院へ行くも検査後やはり問題なく 同じ病院内の膠原病リウマチで有名な先生に急遽診て貰い とにかく何度も検査、でも問題なし。薬の治療してみようと言われ大量に薬処方してもらう(この薬飲むと飲み続けなくてはいけなくて途中でやめたりも出来ない薬)


帰る途中にもらったはいいけど怖くて飲めない… 

また違う不安が出てきた


そのままかかりつけ内科医へ行く事に!経緯を説明すると また画像撮り直しと検査あるけど以前先生が勤めてた病院へ行ってと言われ脊髄専門の先生に検査して診て貰い結果はかかりつけの先生に報告された。(この時頸椎と腰椎の一部が少し狭みあるだけ、特に身体の痛みとは何の関係もないと)


結果かかりつけ先生の診察で線維筋痛症と診断 聞いた事ない病名だった(この頃知名度が薄く当時TVアナが線維筋痛症で自殺したのがこの病名でした)


処方されたのが安定剤。身体の痛みで寝不足なわけで安定剤飲むとグッスリ寝れる〜 その代わり早朝お弁当2個作るというミッションがあるのになかなか起きれないw  

本来ここまで痛みが続き寝不足が続くと鬱状態になってもおかしくない
なのに全然鬱状態にならない (子供達がいるおかげで気が張ってるのか、鬱を知らないだけかもしれないなぁ…と…)
昼間は1人家の中ですずと遊びながらJOYsoundカラオケを毎日の様に満喫!家にホカ弁買って持ってくる友達と昼から弁当おつまみにビール飲んだり、ママ友と我が家で映画観賞したりとなかなかの充実ぶりw  スーパーへ行けば誰が?何処が?具合悪いの?的な扱いをされる程口だけは元気w
でも夜中身体が痛すぎて隣町の実兄に電話し話聞いてもらった後、車でわざわざ来てくれ 号泣するわたしに共感してくれた事も
ホントにこの頃は周りに恵まれてたと実感

足が思うように歩けなくなり1年を超え、年も越して毎年恒例の成田山参拝へ 

祈願のお護摩焚き待ちの間  占い師が立ち並ぶ方へ 時間潰しに有名どころの占い師に見てもらう事に。健康面で占いのお願いをしたら わたしは甲状腺と婦人科系がよくないと言われ 具体的に甲状腺は表参道にある伊藤病院へ行きなさいと(本気と書いてマジですw) 婦人科系は御茶ノ水にある病院と詳しく言われたけど行く気なんか無くて病院名忘れたw  

甲状腺は気になり表参道の伊藤病院へ翌週行ってみたら 全国から集まるというくらい甲状腺で有名な病院! 採血とエコーだけしたら後は診察待ち。この間結構待たされる。外出してもいいみたいで表参道散策。美味しそうなお店をゲット!そこで時間潰しから戻ると順番が来たー!甲状腺は袋が2つあり大きくなるか今後も見ていこうと経過観察(今も毎年お世話になってます)

甲状腺に袋があるとなると婦人科も行ってみようかな〜と !(婦人科系は長年悩まさせれていた事があったけど、誰もがなってる事で特別な事では無いと勝手に思い込んでた事だった)

婦人科ではお世話になってる先生のところへ相談、そしてまさかの選択肢を迫られる事に… オペするなら わたしには子供がいるから近くの病院へ行った方がいいと。家族と相談した結果オペ希望する事に、紹介状書いてもらい病院へ

中略


いきなりオペ後になります(許して〜)
オペ後何日かしてトイレに歩いて行くよう言われ 歩けるか不安…  だったが点滴棒持ちながらか安定して小股で歩けたw   何日か経過して点滴ももう終わりの日、1番子のマネ友ママがまさかのお見舞いに来てくれた(誰にも入院してる事言うなって言ったのに〜)病室ではお話し出来ないから談話室まで行くのに点滴終わって点滴棒が無いからどーしよと、ママ友が遠くでわたしが歩くの待ってる…ゆっくりゆっくり歩いてみると「あれ…?」「ウソでしょ‼︎」 「クララが立った〜」の感動(泣)普通に痛みもなく歩けてる(大泣)1年半くらいビッコで歩いてたせいか筋肉が硬直して歩幅は出ないものの痛みがないよ(喜)ママ友と大喜び‼︎  ママ友はわたしを野球の応援席まで運んでくれたりエスコートしてくれたり本当にお世話になった人、一緒に本気で喜んでくれた(感謝)

退院するといつもの様に早朝お弁当2個作りが始まり 寝不足で苦痛だったのが嘘のように以前の痛みのない生活に戻れた。 

一生このままかと思っていただけあってか喜びもひとしお  


何がきっかけかわからないけど わたしのように線維筋痛症は治癒するひともいるんだと言う事を知ってほしいです。希望を持って生きて欲しいです







※中略のところはまたの機会に書いて見たいと思います
AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。