orz日記 ~ Die For The Policy : 打たずに死ねるか!~ 

バリバリの1号機世代です。(爆)
パチ屋に出入りするようになって30年… 
たま~に打った時の日記と昔の想い出を綴りつつ、
珍古台・旧台関連の話を書いています。 
ただ、最近の比重は完全にひぐらし&うみねこ、クランキーコレクション&B-MAXですw


テーマ:

ニューペガサス (パル工業:1.5号機)





ニューペガサス BIG入賞動画




ニューペガサスの前には、1号機でペガサスが有ったわけですが、

西日本方面を中心に設置が多かったようで、当時私が主戦場と

していた都内・埼玉のパチ屋では、あまりペガサスを見掛けてません。

しかし、ニューペガサスが出てからは関東でも見る見る内に設置が

増え、スロ設置店でのニューペガ設置率は結構高かったです。


ニューペガサスと言えば、BIG中に流れる「ノクターン」のメロディ。

これがとても心地よく、メリハリの利いた連荘とハマリによる、

かなり激しいゲーム性が売りの機種でしたが、このメロディを

聴く事で癒されたくてついつい打ってしまう、言わば魔性の魅力の

ようなモノを持っていた気がしますが、如何でしょうか。


まぁ、あまり個人的にはウハウハな想い出はないんですが…orz



さて、ニューペガサスの説明を軽く。


現在のパチスロはボーナス抽選が完全確率となってますが、

このニューペガサスは1.5号機であり、当時は認められていた

「吸い込み方式」でのボーナス抽選となってまして、それにより、

かなりメリハリの利いた連荘が発生し、打ち手を魅了しました。


吸い込み方式とは、次回ボーナスまでに投入を必要とする枚数を

決め、それに達した時に初めてボーナス抽選・成立するもので、

ニューペガサスの場合は、BIG:REGが1:1で振り分けられてました。

ココで必要とされる投入枚数は、差枚数での吸い込み枚数なので、

小役で払い出された枚数はその分の投入が必要となります。


設定ごとに4つのコースがあり、それぞれに幅を持たせた枚数設定が

あって、どのコースに振り分けられるかで連荘かハマリかが決まり

ますが、どの設定でも共通しているのは、Aコースが100枚までで、

そこに当れば100枚以内の投入でのボーナスが確定します。


勿論、設定ごとに各コースへの振り分け率が異なり、一番激しいのは

設定4で、AコースやBコースと言った、比較的浅い天井のコースへの

振り分け率が一番高い代わりに、Dコースが一番深い天井枚数(1700枚)を

持てっているのも設定4でした。

設定6は、それに比べると各コースの天井が浅く、安定した出玉推移を

見せる設定で、設定4に比べると、熱さは薄くなります。


さて、このニューペガサスですが、他の機種にはあまり見られない

モノが幾つかあります。


まず、BIG中の小役ゲームですが、と言ったボーナス絵柄が

普通に揃い15枚小役として扱われます。

そして、BIG中では意味有りませんが、REGボーナス時には中央ライン

でのJACの払い出しだけでなく、第3停止時にJACの払い出しが無かった

場合、他のラインで小役絵柄が揃っていれば、それに応じた枚数が

払い出されると言った特徴があります。

これは2号機以降の機種にはありませんが、1~1.5号機では幾つか

他機種でも同じように払い出しがされる物があります。

これを上手く利用しますと、REGボーナス時の獲得枚数を1.5倍に

増やす事が出来ました。


そして、ニューペガサスの特徴と言えば、やはり「逆押し」でしょうか。


この逆押し、当時はみんながやってるから的な感じで、見よう見まねで

逆押しをしている人が多くいましたが、本来は通常時の小役をハズす為

のモノでした。

小役が払い出されると、その分ボーナス抽選までに入れなければ

ならない枚数が多くなるので、目押しで小役を強制的にハズす事で、

ボーナスまでの時間を短縮するのが狙いです。


で、リーチ目は、順押しのモノと逆押しのモノが自ずと存在します。

一番判り易いのは、7テンパイ+左枠内にチェリーですかね。

あとは、右⇒中で小役ノーテンでの左枠内チェリー。

他にも、小役揃いでのリーチ目なんてのも有りますが、上記の2種類を

知っていればなんとかなります。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

鰐さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。