肌再生医療 体験口コミレポ~RDクリニック三田のカウンセリングに行った感想 | wancosme!

wancosme!

3匹のポメラニアン、お稽古、化粧品や肌再生医療などのアンチエイジング、私の好きなものだけを詰め込みました。


テーマ:

肌再生医療を知って6年、資料を取り寄せて2年・・・

とうとう!ついに!RDクリニック三田に行ってきました!


あーもう夢をみてるみたでした・・・つい細胞移植ができるんだなって感じで。


RDクリニックの肌再生医療
 

「クリニックやエステは絶対に院長やオーナークラスがいい!」という強いこだわりがある私。
 

どうしても肌再生医療を確立させた北條元治院長に直接お話をお聞きしたくて、数ヶ月待ってカウンセリングを受けました。

※ 再診の方が優先のため、北條先生だと予約は長くて半年待ちだそう


※ 先生はあと二人いらっしゃるので、指名しなければ予約はとりやすいようです

初めてお会いする北條院長は、なんていうの?静かで穏やか~な感じなんだけど、カリスマ性がありました。


「北條先生の頭の中って、どうなってるんだろう?」と、そんなことを考えながらお話を聞いてきました。


RDクリニックの肌再生医療
 

私が希望している場所は、とにかく目の下!クマ!たるみ!
 

私、目が大きくて特徴があるんです。
 

花粉の時期にマスクして銀座三越の前を歩いてたら、そのときまだ1、2度しかお会いしたことのなかった美STのライターさんが気付いて追いかけてきてくださるくらい。


「その目は一度会えば覚えるわよ~」って。
 

デカ目って、若いときはいいんですよ。チャームポイントですよね。

 

でも、20代後半ごろから急激に衰えはじめ、加齢を感じさせるようになり、30代半ばからは逆に悩み多き場所へと変化しました。

 

長所だったはずの目が、一番の悩みになったわけです。


もっとも気にしているのはシワではなく、目の下の落ちくぼんだ影
 

嶋田ちあきメイクアップアカデミーに通っているとき、「その目の下の影は骨格による影だよ」と教えてもらいました。
 

残念なことに、目の下の影は肌が痩せたことによってできるものだから、いくら色をのせても完全には消えないんです。
 

消すとしたら、影(要は痩せたところ)に何かボリュームを上乗せするしかない・・・

 

そう、ヒアルロン酸とか、コラーゲンとか?
 

でも異物を入れるのは抵抗があるし、数か月で消えてしまうので私は肌再生医療を選択!
 

ヒアルロン酸なんて入れたら、小顔矯正の骨気も受けられないし(動くし変形する)、大好きなエステに行ったらバレちゃって(触るとコリコリする)イヤですもんね。



 

北條院長がおっしゃっていました。
 

『再生医療は魔法ではないから、生まれつきあったものを消すことはできない。


でも、目の下の影(たるみ)が若いときになかったのであれば、消える可能性は大きい』
 

影はもともとあったものではないし、目の下は法令線と同じくらい効果が出る場所とのこと。

 

これは期待できるかも・・・?
 

あと、北條先生がおっしゃっていたのは「肌再生治療は即効性があるものではなく、2カ月~半年以上かけて、ゆっくり自然に効果が出るものだ」ということ。


若返り効果はもちろん、老化のペースがゆっくり緩やかになるという効果も大きいようです。
 

それにね、1度受けたら、あとは2、3年に1度でいいんですって!
 

いま細胞を冷凍保管しておけば、50歳になっても38歳の細胞を使える…
 

想像したら、なんだか歳を重ねるのが楽しくなってきて☆
 

20代で保管している方には敵わないものの、80歳で再生医療を受けて効果が出た方もいるそう。
 

細胞も元気で活きのいい状態に培養するから、年齢はそれほど深く考えなくてもいいんだと理解しました。


もう40歳だから、50歳だから、60歳だからっていうのは気にしないで、


現在の、今この瞬間の細胞が一番若いんだ!

 

と思えばいいかもしれませんね。

ちなみに一番多い年代は40代なんだそう。

要は美ST世代ですよね・・・キレイな40代、多いですもんね・・・すごーく納得です。

 



 

この日は、カウンセリングと血液検査のみ。
 

エイズとか梅毒とか肝炎とか、感染病にかかっている方は治療を受けられないんですって。
 

肌再生医療についてはかなり調べていたので、ホントだったら「いますぐ皮膚採取してくれ!」って言いたかったのに・・・


「ご自宅で再度ゆっくり考えてくださいね」とのんびり言われました。


でも、それでよかったかもしれない。


急かされると気持ちが冷めるタイプなので、それくらいあっさりでよかったのかなと。

 

別室でカウンセラーからアレコレ説明を受けて契約を迫られるのって、かなり苦痛ですからね。

 

感染症の心配はないはずなので、検査結果が出たら、皮膚採取をしてもらって、細胞移植をしてもらおうと思います。

 

どうなるかな・・・ドキドキ。

viviさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント