日曜日にチュンチョン(春川)まで娘がTOPIKを受けに行った理由は

 

外国人として韓国の大学に願書を出すのに語学の証明書が必要だったから。

 

ソウル近郊の受験会場は、申請始まって、あっと言う間に空きがなくなり(あまりの受験者の多さに追加募集だったのに)

地方に行くしか方法なくて、流石にチェジュドとかは行けないしw

陸路で近場でって探したらチュンチョンになった。

 

普通、韓国に住んでて国際結婚の場合は、両親のどちらかが韓国籍(在外韓国人含む)を持ってるケースが多いから

外国人ではなく、多文化家庭の枠で受験するんだけど

 

我が家、みんな外国人。

 

 

外国語の証明書は、英語・日本語・韓国語 の中から選ぶらしい。

 

当然、韓国で育ってる娘は韓国語を選ぶ。

 

韓国の現役高校3年生がTOPIKの試験なんて、片手間で出来るけど

ひっかけ問題もあったりするから、昔、私が勉強してた本を2冊ざっと解かせた。

 

そして日曜日は午後から試験始まり、問題も韓国の中学の国語レベルだったようなので

1度解き、もう一度見直しても時間は半分以上余ってたと。

 

論述みたいなのは、あまりの書く早さに試験監督官が何度も娘の周りをウロウロして身分証明書の確認してたり

娘の問題用紙を見たりしてるのを感じて

 

途中からゆっくり書いたと言っていた。ゲラゲラゲラゲラゲラゲラ

 

 

替え玉受験と思われたのか?w

 

 

 

小学2-3年生から中学2年まで論述の塾に通ってたので(歴史論述とか)、書く事は、お茶の子さいさい

今でも学校で論述大会とか有ると賞貰ったりするので、国語&論述&歴史は得意科目

 

それに、TOPIKの問題出来なければ韓国の高校生辞めないとw

 

我が家のケースはレアだけど、今からは外国籍同士の家庭の子供が韓国の大学に行く場合も増えるかもしれないし

あとは備忘録です。

 

1学期の期末テストも終わり、外国語証明の為のテストも終わったし(発表は確か今月末)

 

あとは8月末からの内申での願書を出すのみ

 

韓国人が内申で願書出す場合は、1校7万ウォン程度だったはず

外国人の場合は1校15万ウォンって聞いた。

 

2倍するね。

 

私は娘に韓国の大学に通って欲しいわけじゃないので、受かったら受かったでその時に考えれば良いと思ってる。

 

さて、何点出るかな?

 

〈修正する部分〉 月末から日本に帰ってるので、受け取りは管理室に預かってもらっておくか

もしくはTOPIKの事務所に取りに行かないといけないらしい。 ←間違いw

 

EJUと勘違い。TOPIKの成績はHPで確認できる。

EJU(日本留学試験)は通知が家に来て直接受け取らなければいけない。

日本里帰り中に郵便屋さんが来て、管理室には預けられないので返送になるとムンチャが来てたが

夫が先に戻ったらドアに貼り付けてくれてた。

留守前にドアにメッセージ(管理室に預けてくれる旨)とガムを張っておいた効果かも

 

しれっと修正追記終了真顔