息子君が夏休みのバイトを探す話 | 和なGo to Sydney

和なGo to Sydney

シドニーでまったり生きてる京都人(´-`).。oO

11月も末。

もうすぐやってくるなが〜〜い夏休みに向け、

息子くんがアルバイトを探し始めました。

 

 

 

 

Y10の時はウリーでレジと

パン屋セクションののバイトをしていました。

無駄遣いがなくなったのは

ここでバイトしだしてから。

 

 

 

 

Y11からはY7の男の子の数学を

英語と日本語で両方で教えるという

カテキョを週1でやっています。

ありがたいことに続いています。

ここでは教えることを通して

ソーシャルスキルを学んでます。



しかも宿題のお手伝い、

説明程度だと思っていたら

お母さんから

“息子の算数の成績があがったよ、

説明がわかりやすいからかなー”

とお褒めの言葉をいただき、

認められると言う心にある

盃に自信を満たしていただきました。



 

 



Y12に上がり、

勉強との両立も大切なのですが、

本人がやりたいと思うバイトがあるなら、

ASDで白黒の世界を持つ息子に

少しでも他人と関わってもらい、

ソーシャルスキルを学んでもらいたいので

許可を出しています。

ただし息子に軽いASDがあるのを

理解してくれる方のみ。


 



そんな中、自主的に見つけてきたバイトがこれ。

 

 

 

Code Campのバイト。

小学生くらいの子供に

コーディングを教えるキャンプ。

昨日見つけて相談してきて

すごく向いてるしいんじゃない?

と勧めたら、

即アプライしていましたニコニコ

 

 


 

ただ採用には条件があって

先生としてはHSCを終えている人、

あとコーデング歴が1年以上ある人。

その他はアシスタント。

コーディング歴は足りてるし、

パソコンの技術も不登校時代に

積み重ねたものがあるのですが、

HSCをまだ終えてない息子くんは

アシスタント部門での

申し込みになった模様。

 

 

 


 

私が高校生の頃は

観光地での喫茶店のバイトでした。

海の家とか、スーパーもやったよ。

ただ興味がある内容ではなく、

ただただお金が欲しかっただけ。

だから好きな事、

得意な事でバイト採用されたらいいねおねがい

 

 

 

 

 

そしてこんなキャンプが

息子君が子供の頃にあったら

きっと飛びついてたろうなあ。

 今の子達はすごいよ、ほんと。


 

 

 

 

しかしながら申し込んだけど

もう休み直前だから遅いかも…

もし個人的に習いたい子がいたらいいけど、

そんなのはきっと新聞やネットに広告とか

出さなきゃいないよね、きっと。

おかんのブログではいっさい役たたん。

 

 

 



毎夜毎夜勉強より

コーディングに夢中なので、

興味がある事で

彼らしいバイトがうまく決まったら

いいなあと思っています。


 

 

 

 

⭐︎ランキング登録してます⭐︎

ポチっと応援もらったら嬉しいです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ