MKウルトラ計画とは?

 

 

 

MKウルトラ計画 wikipedia

 

Project MKUltra Wikipedia

Google翻訳

 

「ペーパークリップ作戦」の実態 ~ ナチスの科学技術を没収したアメリカ ~

●なお、ナチスの科学者たちは、メリーランド州のエッジランド兵器庫、メリーランド州フォードホラバードの陸軍諜報基地で、アメリカ人下士官を対象に実施された陸軍・CIA合同の心理化学実験にも関わっていた。そして、これがCIAの有名な「MKウルトラ心理操作実験」の始まりとなった。(この実験を許可したのはアレン・ダレスである)。

幾つかのケースでは、7000人を超すアメリカ兵が、同意も得ずに実験にかけられた。タブン、サリンといったナチスの致死化学物質を含む神経ガス、それにLSDを含む精神化学薬品類が何も知らぬ志願兵にテストされ、これによって死亡した者や、生涯不具になった者までいる。

アレン・ウェルシュ・ダレス Wikipedia

 

 

CIAの背後にダヴィストック人間関係研究所の影

 

MKウルトラはCIAの秘密実験といわれていますが、CIAの背後にダヴィストック人間関係研究所が存在しています。私は最近では、DARPAの技術も使用されているのではないかと考えています。

また、これらの勢力がそのまま集団ストーカーシステムにも関与していると私は仮説を立ています。

 

タビストック研究所の共認支配

 

「CIAの背後にはタビストックがいる」

 

ダビストック人間関係研究所の洗脳システムと 集団ストーカー

 

ダヴィストックの以前にも、ドイツのカイザー・ヴィルヘルム研究所で人間を支配する研究がおこなわれていました。CIAの本部はスイスにあります。私はこの人類支配計画には、ヴェルフ・ヘッセン、タクシス、サヴォイの千年計画も関係していると思います。

 

黒い貴族

↓ ↑

大英帝国→300人委員会王立国際問題研究所ダヴィストック人間関係研究所CIA

 

 

 

 

 

MKウルトラの歴史

 

支配層に楯突く人間を「再教育キャンプ」へ入れる計画が浮上 櫻井ジャーナル

アメリカの洗脳プロジェクトは、1950年にCIAが始めた「ブルーバード[Project BLUEBIRD]」が最初だとされている。翌年にはアメリカ軍だけでなくイギリスやカナダも参加、暗号名は「アーティチョーク[Project ARTICHOKE]」に変更された。

1952年になると「MKデルタ[Project MKDELTA]」と「MKナオミ[Project MKNAOMI]」が始まり、その翌年には「MKウルトラ[Project MKULTRA]」がスタートする。ちなみに、「MK」とはCIAの技術サービス部門が担当していることを示している。

 

こうしたプロジェクトの総元締めはアレン・ダレス[Allen Welsh Dulles]だが、
この人物はメディアを使った情報操作、扇動を目的とするプロジェクトも実施していた。いわゆる「モッキンバード[Operation Mockingbird]」だ。

※できれば元記事をお読みください。

 

アメリカの電磁波兵器開発 著者 グレン・デイビス

 

(引用)

 

「電磁兵器」開発はここまで進んでいる!
 「SAPIO」 1997.10.8号 著者・元UPI東京支局長グレン・デイビス

○ 米国における主要な「電磁波マインドコントロール」

 1. 1953年  MK-ULTRA    CIA
 2. 1958年  Moonstruck   CIA
 3. 1958年  Orion         U.S.A.F
 4. 1960年  MK-DELTA   CIA
 5. 1983年  PHOENIX Ⅱ     USAF
 6. 1989年  TRIDENT      ONR、NSA
 7. 1990年  RF MEDIA      CIA
 8. 1990年  TOWER        CIA、NSA
 9. 1995年  HAARP        CIA、NSA、ONR

※  CIA = 米国中央情報部   NSA = 米国国家安全保障局
    ONR = 海軍調査課   U.S.A.F = 米国空軍

 1. 1953年  MK-ULTRA    CIA
   薬物、電子チップ、電気ショックを使う。☆標的は短距離。
    ☆周波数はVHF、HF、UHF等をELFで変調。
    ☆目的は行動のプログラミング、サイボーグ的精神構造の創造。
    ☆効果はナルコレプシー的(発作性睡眠的)失神、暗示によるプログラミング。
    ☆別称はプロジェクト・アーティチョーク
   ☆機能基盤は記憶を電子抹消。

 2. 1958年  Moonstruck   CIA
    脳と歯に電磁波を出すチップを手術中かもしくは誘拐して密かに植え込む。
    ☆標的は広範囲。 ☆周波数はHF~ELFでチップを操作。
    ☆目的は追跡、マインドおよび行動コントロール、プログラミング、秘密工作。
    ☆機能基盤は脳電気刺激(ESB)

 3. 1958年  Orion         U.S.A.F
    薬物、催眠術、脳電気刺激。☆標的は短距離、人に直接。
    ☆周波数はELF変調。 ☆伝送・受信はレーダー、マイクロ波、ELFで変調。
    ☆目的は保護を要する最重要人物の(亡命した大物など)の事情聴取。
    ☆効果はプログラミングおよび忠誠心の確保。
    ☆別称はドリームランド

4. 1960年  MK-DELTA   CIA
    微調整された電磁波によるサブリミナル・プログラミング。
    ☆周波数はVHF、HF、UHFをELFで変調。 ☆伝送・受信はテレビアンテナ、
    ラジオアンテナ、電送線、マットレスのコイルなどを60ヘルツ配線で変調。
    ☆目的は一般人の行動や態度のプログラミング。 ☆効果は疲労感、気分のムラ、
    行動機能不全、社会的犯罪行為。 ☆別称は「深い眠り<ディープ・スリープ>」

 5. 1983年  PHOENIX Ⅱ     USAF
   電磁波をつかって特定集団を標的とする。 ☆場所はロング・アイランド島、
    モントーク。 ☆標的は中規模範囲。 ☆出力はギガワットからテラワット。
    ☆周波数はレーダー、マイクロ波、EHF、UHF。 ☆目的は彼らを使ってさらに
   大衆をプログラミング。ほかに地質活動を休止状態にする、特定の地域に地震を
   起こすなど。 ☆別称は「レインボウ」

6. 1989年  TRIDENT      ONR、NSA
 個人あるいは特定国民を対象。☆ 標的は大きな集合集団。
    ☆ ディスプレイは飛行する3機編成の黒いヘリコプター。☆ 出力は10万ワット。
    ☆ 周波数はUHF。 ☆目的は大集団の管理と行動統制、暴動統制。
    ☆ 協力機関は連邦緊急時管理庁(FEMA)。
    ☆ 別称は 「ブラック・トリアッド (黒い3機編隊)」

 7. 1990年  RF MEDIA     CIA
  電磁波を使った米国民へのサブリミナルな暗示とプログラミング。
    ☆ 場所はコロラド州ボールダー (主要携帯電話の中央中継点、全国テレビ周波
    同期集合点) ☆ 実施方法はテレビやラジオを通したコミュニケーション、 「ビデオ
   ドロームシグナル」 。 ☆目的は行動欲求をプログラミング、心霊能力を破壊。集団
    的電磁波コントロールの準備過程。 ☆別称は「電動丸ノコギリ」 。

 8. 1990年  TOWER       CIA、NSA
    電磁波による全国的サブリミナル・プログラミングと暗示。
    ☆ 標的は一般大衆。 ☆ 周波数はマイクロ波、EHF、SHF。 ☆ 方法は携帯電話網、
    ELF変調 ☆ 目的は神経の共振とコード化された情報を通してプログラミングする。
    ☆ 効果は神経細胞の変性、DNA共振の修正、超能力の抑制。
    ☆ 別称は「ウェディング・ベル」 。
    
 9. 1995年  HAARP       CIA、NSA、ONR
    電磁波によるDNA共振誘発と一般大衆のコントロール。 ☆ 場所はアラスカ州ガコナ。
  ☆ 周波数は大気中の位相固定式共振UHF、VHF。 ☆可能性は国民のDNAコード
   を変える、集団的に行動を変える。 ☆ 出力はギガワットからテラワットの範囲。
    (この欄ではマインドコントロール機能のみを表示)


※  EHF(ミリ波) SHF(センチ波) UHF(極超短波) VHF(超短波) HF(短波)
    MF(中波) LF(長波) VLF(極長波) ELF(超低周波)


☆ ぜひ国会図書館などで「SAPIO」の原本をみて頂きたく思います。
 残念ながらやはり先進各国の諜報機関にて権力濫用の犯罪行為
の道具として使用されているようです。

 日本の全国民がこの兵器の存在を知らなければ警察公安組織、検察庁公安部、
    内閣情報調査室、さらには自衛隊までが悪用するケースも出てきます。
   ぜひ一度ごらんください。知ることは濫用の抑止につながります。

 

(引用終わり)

 

Secret US Human Biological Experimentation

Google翻訳

 

MKウルトラの原型はエジプト 『死者の書』!?

 

エジプトが起源のマインドコントロールMKウルトラ、コリー・フェルドマン、ミーシャ・バートン

マインドコントロールのルーツは、トラウマによって作られたマインドコントロールだ。
ほとんどの人が知らないのが、これが神秘宗教に遡るということだ。
これは、エジプト、バビロンに遡る。
 
そして、メーソンの人々が知ってると自慢する、「隠された知識」にも遡る。
このオカルトで最古の本の1つが、古代エジプトの「死者の書」(「The Egyptian Book of the Dead」)だ。

 

「エレシュキゲルの力とイルミナティ」

今はキリスト教徒である元イルミナティ11位階の<暗黒の母>であったCiscoさんはこう言います。「神秘的なエジプトは悪魔主義の母体です。エジプトは何世紀もの間,実際は何千年もの間,オカルトの中心でした。エジプトにその知識を伝えたのはアトランティス人であるとオカルトの世界は信じています。私たちのシステムを作った人間はアトランティスの高僧でしたから,当然,彼らのオカルティズムもエジプトを手本にしていました。イルミナティの幹部の多くはグレイト・ピラミッドまで巡礼の旅をしています。
 フリーメーソンのオカルト知識はエジプトを模範にしたものです。それについては,C・W・レッドピーターが著書「古代の神秘儀式」で古代エジプトの神秘宗教が今日のフリーメーソンに持つ意義について語っています。またデーヴィッド・キャリコの最新書は,今日の悪魔主義の儀式を詳しく調査し,SRA(悪魔の儀式での虐待)とエジプトの「死者の書」(Pert Em Hru)には一体一の対応があることを論証しています。また,モナーク・マインド・コントロールを行う集団の一つが,「セト神殿」と呼ばれている。

 

 

恐らく、エジプトの死者の書も、それ以前のナニカの影響を受けて書かれたものなのでしょう。古代バビロニアや古代エジプト以前にもこういった技術が実在した可能性は高いです。

 

 

高位イルミナティの人間にも高度な洗脳が施される

 

★「イルミナティのマインドコントロール」 (4) シスコさんの場合

 

★「イルミナティのマインドコントロール」 (5) シスコさんの場合

 

『多重人格はこうして作られる』 シスコ・ウィーラー 徳間書店

 

※シスコ・ウィーラーさんの洗脳にはナチスのヨーゼフ・メンゲレ博士が関わっていた。

 

 

 

 

 

MKウルトラに使用されたLSDは、ウォーバーグ(デル・バンコ)と関係

 

ウォーバーグ商会のスイス医療会社が生み出した 麻薬 LSD (リゼルグ酸ジエチルアミド)

 

 

カルト宗教とMKウルトラ

 

 

ナチスからCIAへ受け継がれたマインドコントロール技術は、オウム、統一教会(=KCIA=CIA)、創価学会を含む、複数の進行カルト宗教にも応用されている可能性が高い。


ヒトラーの「究極兵器」と「マインド・コントロール計画」

~ 「ナチス」と「オウム」を結ぶ黒い影 ~

 

 

ファッション・エンターテイメント産業とMKウルトラ

 

2016年度のCDシングルランキングを見れば、日本の音楽界も完全に乗っ取られているのがよくわかります…。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川はCIAと関係が深いです。TVをつければデー○・スペクターがよく出ていますし、日本のエンターテイメント業界はかなりひどい有様です。

 

 

イルミナティの「MKウルトラ」洗脳計画 【前半】

 

ロック音楽が恐ろしい本当の理由

 

 

超法規的組織の犯罪も、いつかは公けになります!

 

ペンタゴンとCIAによる洗脳実験?「MKウルトラ計画」がニューヨーク・タイムズに公表された日

※集団ストーカーシステムも、いずれ公になる日が来る日が来るでしょう。

 

CIAによるマインド・コントロール人体実験:「被害者」たちが会合

 

 

動画資料

 

CIAの人体実験 MKウルトラ計画

 

ファッション・エンターテイメント産業とMKウルトラ 資料 映像

 

イルミナティの力の根源 MKウルトラ ・ モナークプログラムと 集団ストーカー

 

 

資料

 

世界の裏側ニュース 検索 MKウルトラ

 

CIA文書に書かれているマインドコントロール計画の隠蔽事実(思考盗聴・電磁ハラスメント・マイン)

 

秘密マインドコントロール計画

 

動画・最も衝撃的な5つのMKウルトラ計画

MKウルトラには少なくとも149のサブ・プロジェクトがあったといわれています

http://all.net/journal/deception/MKULTRA/www.nemasys.com/rahome/library/programming/mkultra.shtml

 

 

MKウルトラと集団ストーカーの関係

 

集団ストーカー被害者は…少なくとも私は、ケムトレイルをよく巻かれます。例えば、久しぶりに図書館に立ち寄って、外に出ると真上上空に2本のケムトレイルがX印で巻かれたりします。また、一番酷い時は1時間に12本以上のケムトレイルを巻かれたこともあります。日本国内でのケムトレイル散布はアメリカ軍の仕業の可能性が高いです。

 

集団ストーカーは明らかにその主体が海外にあると私は考えています。また、遠隔テクノロジーを利用した拷問などは、MKウルトラ延長線上の計画と密接に関係している気がします。

 

 

ツイッター

 

 

 

 

 

関連記事

 

CIA(中央情報局)とは?

 

ナチス (国家社会主義ドイツ労働者党 ) とは?

 

【永久保存版】人類家畜化計画のシナリオを考える シンクタンクの重要性!

 

ブレジンスキーが提唱する「テクネトロニック(Technetoronic)」と集団ストーカー

 

静かなる戦争のための 沈黙の兵器 とは?

 

集団ストーカー下っ端工作員とミルグラム実験

 

集団ストーカーの手法 その9 MKウルトラ

 

【永久保存版】集団ストーカーの手法 まとめ