精神科強制入院とは?

 

 

精神科強制入院とは、措置入院、緊急措置入院、医療保護入院、応急入院などの制度を悪用し、精神病ではない人(ターゲット)を強制的に精神病院に入院させる事です。最近では、ASKAさんのケースが有名ですね。

 

 

 

※精神保健福祉法改正前の情報

 

措置入院 Wikipedia 

 

緊急措置入院 Wikipedia

 

医療保護入院 Wikipedia

 

応急入院 Wikipedia

 

精神保健福祉法の知識

 

私は精神科強制入院の経験がないので、他の方のブログを紹介させていただきます。

 

 

資料

 

AGSAS 国家犯罪としての医療保護入院制度、その証明
http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Step01.htm

 

集団ストーカー認知・撲滅の会のblog

「精神指定医」100人不正疑い、「相模原」判断医師も…診療歴偽り取得か

http://blog.livedoor.jp/ninntibokumetu/archives/65523189.html

 

権力と秘密組織による集団ストーキングとハラスメント 亡くなった六岡さんの強制入院体験記

http://stokerintheneighbors.blog.fc2.com/blog-entry-329.html


精神医療の真実 フリーライターかこのブログ 精神科病院・強制入院の深刻な被害

http://ameblo.jp/momo-kako/entry-11262906038.html

 

ASKAさん

この半年間のできごとについて

※ASKAさんの強制入院の詳細は700番二巻/三巻に書かれています、おすすめです♪

 

 

 

精神病についての私の考えはこちらに書きました

 

【驚愕】集団ストーカーと精神医学利権の関係
 

補足

 

精神障害者による犯罪は少ない 報道で誤ったイメージが流布

http://www.news-postseven.com/archives/20120620_120545.html

2011年度の『障害者白書』によれば、知的障害者と精神障害者の数は約378万人で、日本の総人口に占める割合は3%弱である。障害の程度によって1級から3級まである精神障害者保健手帳を保持しているのは59万4504人(2010年)である。

一方で、同年度版の『犯罪白書』の数字をひこう。検挙された一般刑法犯にしめる精神障害者の比率は0.9%しかない。

この数字の比較を見ても、“精神障害者が罪を犯しやすい”というのは迷信でしかないのがわかる。それでも偏見が横行するのは、有名な事件で伝えられた精神疾患のイメージが脳裏に根強く残ってしまうこと、殺人事件の逮捕者に占める割合が10%前後あることが作用しているのだろう。2011年度の『障害者白書』によれば、知的障害者と精神障害者の数は約378万人で、日本の総人口に占める割合は3%弱である。障害の程度によって1級から3級まである精神障害者保健手帳を保持しているのは59万4504人(2010年)である。

一方で、同年度版の『犯罪白書』の数字をひこう。検挙された一般刑法犯にしめる精神障害者の比率は0.9%しかない。

この数字の比較を見ても、“精神障害者が罪を犯しやすい”というのは迷信でしかないのがわかる。それでも偏見が横行するのは、有名な事件で伝えられた精神疾患のイメージが脳裏に根強く残ってしまうこと、殺人事件の逮捕者に占める割合が10%前後あることが作用しているのだろう。

 

 

 

ツイッター情報

 

 

 

 

関連記事

 

集団ストーカー まとめ


集団ストーカーは統合失調症だとする検索上位ブログ