アンカリングとは?

 

 

AGSAS 集団ストーカー 用語集

http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Glossary.htm

 

(引用)


アンカリング(Anchoring)

 

アンカリングとは、「条件付け」という意味です。疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキングでは、日常的に存在する人の仕草、音、物、光等の「条件」を被害者の意識に植え付け、その「条件」によって、場合によっては命の危険さえ感じる「狙われているという意識」を、被害者に持たせます。この手口は、私の知りえた全ての被害者から報告されており、実際の映像として記録できます。この手口の根底にある技法を、アンカリング(条件付け)と呼び、アンカリングはNLP(神経言語プログラミング:Neuro-Linguistic Programming)の技法でもあります。

 

例えば、「携帯電話」を条件とします。あなたが家を出た直後、ある人物が「携帯電話」を見せ付けるようにしながら、あなたを睨みつけます。外出先で食事をしていると、また別の人が「携帯電話」を見せ付けるように回しながら、あなたを睨みつけます。駐車場で車に乗ると、隣の車に人が乗っており、あなたを見てニヤニヤしながら、「携帯電話」を見せ付けています。電車に乗ると、わざわざあなたの頭の真横で、折りたたみ式の「携帯電話」を「パチッ」「パチッ」と開け閉めする人が多く現れます。外を歩いていると、携帯電話をあなたの方向に向けて歩いてくる人が多く現れます。土砂降りの雨の中、自転車に乗り、傘もささずにあなたに向かって携帯電話をかざしながらやってくる人さえ現れます。初期段階ではこのように、被害者に対する行為であることをわからせるための行為が、集中的に行われます。こういった行為が毎日、何度も、数日間連続して行われた後、今度はただ単に、あなたの周囲で「携帯電話」を見せ付けるような行動をする人が現れるようになります。これが数週間続いたら、「携帯電話」を手にしている人が気にならないほうがおかしいのです。

 

疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキングにおけるアンカリングの怖いところは、「狙われているという意識」を生じさせることだけではありません。第三者から見た場合、あなたが、日常的な出来事に対して一般人と違う反応や理解を示すように見える、という効果があることも忘れてはなりません。例えば、「携帯電話」を持っている人はいくらでもいます。加害者側はその効果を計画的に理解したうえで、あなたが周りの人に相談するのを待っています。そして「日常的な出来事である」という部分のみを強調し、あなたの「思い違い」、「妄想」というストーリーを作り、あなたを「おかしな人」「精神病患者」に仕立て上げるよう、仕向けてきます。さんざん仕掛けても被害者が誰にも相談しない場合には、何の脈絡もなく「会社の周りの人にいろいろと相談しないとだめなのよ。」、「私たちつけられているかもね。」、「社会的に抹殺することも出来るのよ。」等と言い出したりして、特定の人物に相談をさせようとしたり、なにかがおかしいとあなたにわからせようとします。

 

疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキング被害報告に多いアンカリングの「条件」は、「咳払い」、「携帯電話」、「同じ色の服」、「スモークグラスの車両」、「連番や意味のある数字のナンバープレート」、「冷笑」、「タイミングよく現れる人や車両」、「音(ノイズキャンペーンをご参照ください)」、「眩しい光やしつこい光の演出(ブライティングをご参照ください)」、「緊急車両」、「警察車両」、「マスク」等です。海外では、「ノートパソコン」や「ペン」という報告も多くあります。こういった当たり前に存在する現象が、前記しました方法によって、あなたを脅かす存在になりうるのです。条件付けのきっかけとして「脅迫」とも取れる脅しが加わることもあります。「脅迫」とも取れる脅しの後に条件付けが行われた場合、その「条件」に対して「命の危険」を感じさせることも可能なのです。

 

NLPに対する誤解があるといけないので書いておきますが、アンカリングには、プラスのアンカリングと、マイナスのアンカリングがあります。プラスのアンカリングとは、例えば、ある刺激を与えられると気分が安らぐ、といった効果を期待して行うものです。疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキングで利用されるのは、マイナスのアンカリングです。「アンカリング」は必ずしも、人に危害を加えるためだけの技法ということではありません。

 

※「疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキング」の詳細は元記事を読んでください。

 

 

補足

 

神経言語プログラミング(NLP) wikipedia

 

 

集団ストーカー.info

http://www.gangstalker.info/24.html

 

(一部引用)

 

[アンカリング]

 

ターゲット近辺に工作員を潜伏させたり通行中の経路に工作員を配置して、24時間365日意図的な監視的行為を連続発生させ、ターゲットに対して監視されている事を刷り込んだりする行為です。表向きの理由はターゲットに「監視を気付かせる」というような趣旨になりますが、裏向きの理由はターゲットをキレさせる目的で実行します。

 

一工作員の行動は些細なものですが、これを集中的に実施することにより一連の流れ(シナリオ)ができる仕組みとなっています。ここに何らかのメッセージ性が入るものを「アンカリング」と呼びます。

 

※詳しくは元記事をお読みください。

 

 

阿修羅 K24 集団ストーカー教程12(さまざまな心理学的犯罪活動 ~アンカリングと奇妙な人物~)
http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/213.html
 

(全文引用)


1【アンカリング】

 

心理学的犯罪活動のひとつで、簡単に言えば、あらゆる物を利用し、それを対象の目の前でチラつかせて、ネガティブイメージを連想するように『条件付ける』ことと言えます。例によってアンカリングに関する基本的な解説はここでは割愛します。ここではアンカリングの具体例についてのみ記述していきます。アンカリングには様々なバリエーションがありますが、これらをよくよく観察すると以下の2種類に分類できることが判ります。

(1)アンカリングと『人物』がワンセットである場合

(2)『人物』のみのアンカリング

(3)アンカリングのみで人物が伴わない場合

上記2種類のうち(1)に伴う『人物』は、実に不可解な一面を有するもので、この不可解さは後に詳細に記述することにします。
尚、上記2種類のアンカリングに使用される物品を一覧すると、

 ■カメラ■塔婆■鍵■タバコの吸殻■枯葉■喪服■特定タイプの車両■広告・チラシ■掲示物


2【アンカリング分類の概要】
(1)『アンカリングと『人物』がワンセットである場合』
 この場合のアンカリングに関しては、以下に示す不可解な人物が対象の身辺に出現してきます。

 ●カメラを持った人物

 ●塔婆を抱えた老婆

 ●喪服姿の一団

 ●特定タイプの車両

 これらは集団ストーカー活動の『追跡』と重複する部分があるため、判別しにくい部分ががありますが、アンカリングの場合は『追跡』『威嚇』とは異なり、単に目の前に出現するのみという傾向があり、これによって判別できるみのと考えます。

(2)『人物』のみのアンカリング
 アンカリングは物品を介在させないで『人物』だけでも行われるものと言えます
 ●奇妙なルンペン

(3)アンカリングのみで人物が伴わない場合
『人物』の伴わないアンカリングは主として物品だけを利用するものと言えます。
以下にアンカリングに使用された物品のいくつかを一覧させておきます。

 ●鍵

 ●枯葉

 ●タバコの吸殻

 ●広告・チラシ

 ●掲示物

 
3【アンカリング分類の詳細】
(1)『アンカリングと『人物』がワンセットである場合』 

 ●カメラを持った人物

  ★街頭や路上でカメラをぶら下げた男女が身辺に繰り返し出現する

  ★電車内でカメラをぶら下げた男女が身辺に繰り返し出現する

  ★墓参りの際、カメラをぶら下げたサラリーマン風の男が一人墓地に出現し徘徊する。
   ※これらの男女の人相風体は一致していない。しかしながら、同一現象の頻繁な
    出現から、不特定多数の男女がその場限りで『参加』しているものと考えられる。
  ★交差点近辺や路上で撮影している人物が身辺に繰り返し出現する
   ※これらの男女も人相風体は一致していない。上記と同様に不特定多数の男女が
    その場限りで『参加』しているものと考えられる

  ★交通状況の撮影や風景撮影、記念写真の撮影と繰り返し遭遇する
   ※これは、なぜかレンズの方向に対象が入るような位置から撮影が行われる。

  ★撮影者の目を見続けても決して相手は目を合わせようとはしない
   ※この手の『撮影活動』の際、相手は絶対に対象と目を合わせようとはしない。というより意識的に視線をそらす。        

 ●塔婆を抱えた老婆

  ★塔婆を抱えた老婆が電車に乗り込んでくる
   ※車内は他にも空いている席がにも関わらず、わざわざ対象の真向かいに座る

 ●喪服姿の個人または一団
  ★喪服姿の夫婦者・家族連れ・あるいは一団が頻繁に出現する
   ※これらの男女の人相風体は一致していない。

  ★喪服を着た男が電車に乗り込み隣へ座る
   ※お盆や彼岸といった季節性とは無関係。
    なぜかこれらの喪服姿の連中とある時期から頻繁に遭遇しはじめる。
    分類上は『ストリートシアター』に近いかもしれない。

  ★喪服姿の男が携帯電話を掛けながら後を追跡してくる


 ●特定タイプの車両

  ★スモークタイプ車両の頻繁な出現
   ※一般にスモークタイプはいくらでも路上でお目にかかるが、ここで指摘するスモークタイプには、
    『族車』のようなある種独特な『ダークな雰囲気』を醸し出している。所謂見るかに不審車両といった感じである。

  ★タクシーとの辺鄙な場所、時間帯でのタイミングよい頻繁な出現
   ※路上をタクシーが走行していたからといって、それ自体なんら不思議でもないが、
    ここで指摘するタクシーは、その出現時間と場所である。
    どう考えてもタクシーが常時走行しているとは思えない路地裏や辺鄙な場所、早朝の時間帯に、
    タイミングよく出現するといった具合。

  ★パトカー・救急車
   ※これもタクシーと似ていて、タイミングのよい出現が繰り返される。
    また、このパトカーに関しては、妙にゆっくりと走行し、対象が街路樹や電柱の陰に隠れて姿が見えなくなると、
    急停止したり、進路変更するという妙な習性がある。
    サイレンを鳴らして頻繁に対象宅近辺を走り去る。多いときには1日に数回繰り返される。

  ★バキュームカー
   ※バキュームカーを話題にした次の日の早朝に、タイミングよく交差点で出っくわすといったもの。

    
(2)『人物』のみのアンカリング
 『人物』だけを使用したと思われるアンカリングのうち、以下の内容が挙げられる。

 ●奇妙なルンペン

  ★駅の改札付近に毎朝同一のルンペンが立っている
   ※JR某駅改札付近で毎朝立っていたボロボロの格好で悪臭漂うルンペンがいたが、このルンペン、
    見かけるたびになぜか人の顔を上目使いでチラチラと視線を送る行為を繰り返していたため、
    忌々しいので改札口を変更してから、暫くすると出現しなくなった。

  ★人の顔をチラチラと見たりニヤニヤするルンペン

  ★外出すると行く先々で頻繁にルンペンと遭遇する
  
  ★街頭におけるルンペンと同一人物との遭遇
   ※これについては二件ある。
    まずは先のJR某駅改札付近に立っていたルンペンに関するもので、姿を消してから1年ほどのこと、
    都内某繁華街で路上を歩く見覚えのある人物がいた。よく見ると改札付近に立っていたルンペンであることが判った。
    不可解なのは、そのときの格好はごく普通の格好で歩いていことだ。
    もう一件は、某私鉄駅改札付近に徘徊していたルンペンで、これも暫くしてから姿を消していく。
    その後、半年くらい経ってから、このルンペンがスーツ姿で颯爽と歩いているのを目撃している。

この一連の『奇妙なルンペン現象』に関して、他人の空似で片付けることが可能かもしれないが、決して他人の空似ではなく、かつてのルンペンと同一人物であるということ。
このことから集団ストーカー活動における『人物アンカリング』工作において、以下の2点が浮上してくる。

 ①適当な『ルンペン』を確保し、まともな生活に戻すことを条件に心理学的工作活動に協力加担させている。

 ②『ルンペン』になり済ました実行メンバーによる心理学的工作活動
  ※これは充分に有り得ることであり、むかし国税庁の査察官がルンペンになって張り込みを行ったという話を聞いたことがある。

本物だろうが偽者であろうが、集団ストーカー活動には『ルンペン』利用が伴うものと言えよう。


(3)アンカリングのみで人物が伴わない場合
物品だけを利用するアンカリングに関して、以下に示す工作活動がある。

 ●鍵

  ★対象宅の玄関先に見慣れない鍵を落しておく

 ●枯葉

  ★対象宅の玄関先や、階段踊り場に枯葉を落しておく
   ※樹木工作と連動して行われる。

 ●タバコの吸殻

  ★対象宅の玄関先や、廊下、階段踊り場にタバコの吸殻を落しておく
   ※この吸殻に関しては、なぜか対象が吸うタバコの銘柄と同一である場合がある

 ●広告・チラシ

  ★墓地の広告が頻繁に入れられる

  ★葬儀屋の広告が頻繁に入れられる

  ★仏具のの広告が頻繁に入れられる

  ★探偵社の広告が頻繁に入れられる
   ※○○○・○○○グループなどの某有名探偵社の広告や、聞いたこともない探偵社の広告がいれられる

  ★いやらしい風俗チラシが頻繁に入れられる

  ★敷地内に猥褻画像が散乱している


 ●掲示物
 
  ★対象宅近辺に『痴漢に注意』のポスターが貼られ始める
   ※階段の壁や階下の掲示板に張られ始める

  ★対象宅近辺に『防犯パトロール』のステッカーを貼ったママチャリが頻繁に現れる
   ※主として居住地敷地内駐輪場に出現し始める

  ★エントランス付近に『上階からのゴミ投棄苦情』に関する掲示物が張られ始める

  ★対象居住地敷近辺の壁面にサラ金看板が張られ始める
   ※○○○○という名称の看板


4【アンカリングの対策】
以上の具体例から、アンカリングの目的が見えてきます。
アンカリングは、様々なモノ・人を利用して対象にネガティブイメージを連想させるように執拗な反復が行われ、且つ、そのネガティブイメージを意識に刷り込ませてブレインダメージを引き起こそうと画策するものと言えます。
このようなアンカリングについてよくよく考えていくと、ある想念、それがポジティブかネガティブかを問わず、その想念を受け入れるか否かはあくまでも本人の意識の問題であり、自由意志の問題でもあることが判ります。
本人の意識の問題である以上、アンカリングを排除、遮断することも本人の意思でできるわけです。
考えてみれば自分の意識を支配するのはあくまでも自分であって、集団ストーカー実行メンバーという他人ではないはずです。
集団ストーカー実行メンバーらの心理学的工作に支配翻弄される必要など微塵もありません。

集団ストーカー活動によるアンカリングは、

●執拗な反復で『対象に気がつかせ、気にさせ続け、ネガティブイメージで充満』させて、最終的にはブレインダメージを引き起こそうとするのが狙い

でありますから、アンカリングに関する基本的な対策は、『その手に乗らない』という気持ちを強くして、一切を無視し排除することが一番であると思います。
手を変え品を変えるアンカリングなど、所詮は人の心に影響を及ぼし操ろうとする詐術です。このような連中に自分の心を操られ筋合いは微塵もありません。

実際アンカリングの殆どは無視できるはずです。
このことからアンカリングは無視されることによってその効力が消滅していく脆弱な心理的詐術であることがわかります。

 

 

 

阿修羅 戦え!集団ストーカー【アンカリング】
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/431.html

 

(引用)

 

集団ストーカー「ガスライティング犯罪」は今、日本国、中で拡大しています。このいやがらせは歴史的に有名なMKウルトラ計画とCOINTELPROから派生し、それを洗練させたものです。
被害者はストーキングされ、自宅と会社に侵入され、家財道具を破壊され、当人に纏わる悪い評判をたてられます。

 

今日のガスライティング犯罪、計画はより巧妙なものになっていて、ターゲットが犯罪を訴えようとすると、精神病者のレッテルを張られます。家財道具の窃盗と破壊は常に警察が調査できない程度の低い水準に抑えられています。警察はいつも精神医に「助け」を求めるよう言ってきます。こういったハラスメントを行うための技術は驚くほど水準の高いものであり、それを実行している人間のスキルは驚くほど高いものです。

 

被害者は心身を攻撃されるのみならず、生計を立てる能力を奪われ、他人との良好な関係性を破壊され、強制的に自殺に追い込まれます。こういった被害者の周囲に見られる徴候は表面上、単に不運が続いているかのように見えるよう作り出されています。犯人はこういったことを非常にうまく果たします。

ガスライティング犯罪の中で生じる外部的な徴候には以下のようなものがあります。

 

?アンカリング(Anchoring)?

 

アンカリングとは、「条件付け」という意味です。「ガスライティング犯罪」では、日常的に存在する人の仕草、音、物、光等の「条件」をターゲット被害者の意識に植え付け、その「条件」によって、場合によっては命の危険さえ感じる「狙われているという意識」を、ターゲット被害者に持たせます。この手口の根底にある技法を、アンカリング(条件付け)と呼びます。

「ガスライティング犯罪」の被害報告に多いアンカリングの条件は、【咳払い】、【鼻すすり】【くしゃみ】【高笑い】【マスク】、

【携帯電話】「同じ色の服」、「スモークグラスの車両」、「連番や意味のある数字のナンバープレート」、「冷笑」、「タイミングよく現れる人や車両」、「ヘリコブター」、「眩しい光やしつこい光の演出」、「廃品回収車」、「緊急車両」、「警察車両」、「掃除やゴミ捨て」、「ランニング」、等々です。海外では、「ノートパソコン」や「ペンのカチッカチッする、ノック音」という報告も多くあります。こういった当たり前に存在する現象が、前記した方法によって、ターゲット被害者を脅かす存在になるのです。条件付けのきっかけとして「脅迫」とも取れる脅しが加わることもあります。「脅迫」とも取れる脅しの後に条件付けが行われた場合、その「条件」に対して「命の危険」を感じさせることも可能なのです。ターゲット被害者個別の話になると、例えば「あの店ではいつもいやな扱いを受ける」「あの場所にはいつも車が止まっていて中の人がこちらを見ている」など、「場所」という条件によっていやな思いがよみがえるといった事もあります。特定のターゲット被害者だけに向けられた、「特定のしぐさ」というものも存在します。

 

「ガスライティング犯罪」におけるアンカリングの怖いところは、「狙われているという意識」を生じさせることだけではありません。彼等の狙いはそれだけではないのです。第三者から見た場合、ターゲット被害者が、日常的な出来事に対して一般人と違う反応や理解を示すように見える、という効果があることも忘れてはなりません。例えば、「携帯電話」を持っている人はいくらでもいます。加害者側はその効果を計画的に理解したうえで、ターゲット被害者が周りの人に相談するのを待っています。そして「日常的な出来事である」という部分のみを強調し、ターゲット被害者の「思い違い」、「妄想」というストーリーを作り、ターゲット被害者を「おかしな人」「精神病患者」に仕立て上げるよう、仕向けてきます。さんざん仕掛けてもターゲット被害者が誰にも相談しなかったり、無視をし続けたりした場合は、嫌がらせの頻度が極端に増えたり,嫌がらせのやり方を変えたりします。

 

■ 標的 【ターゲット】になったら、

〇完全無視

〇音の攻撃

「ノイズキャンペーン」等々は耳栓、アイポット等々へッドホンで音楽聴く

〇光の攻撃
サングラスをかける、

 

(引用終わり)

 

※サングラスをかけると、見た目が悪くなるので管理人はかけていません。

 

 

管理人の補足

 

他にもアンカリングには、職場と関係あるアイテムを使われたり、意味もなく道路にマスクが複数落ちていたり、自分が所有するデジタルカメラと同じデジカメで写真を撮る人が現れたり、バリエーションは様々です。警察車両のアンカリングも本当に多いですが、これも警察内部の人間が集団ストーカーという犯罪に加担している証拠でしょう。

 

アンカリングは脳の疑似プログラムでウイルスの様なものです。

私は、集団ストーカーの手法を知ることで、意識的にアンチウイルスプログラムを作りだしたので現在はあまり気になりません。

 

※みんなが知っている代表的なアンカリングは、「666」でしょう。ですが、それも本来は何の意味もないただの数字です。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

「666」は不吉な数字じゃなかった!? イルミナティ、今まで無駄な努力ご苦労様♪

 

 

こういうのも脳が勝手に意識化しているだけで、現実的に何の意味もありません。

 

管理人の被害

 

こちらに書きました。

集団ストーカーの手法 私の被害

 

対策

 

アンカリングのシステムを客観的に一度理解する必要があります。

その後は、基本的にシカトが一番です。

 

 

動画資料

 

 

集団ストーカー・横浜駅に到着すると救急車のアンカリング!  

 

リラックスのプチ集スト講座アンカリングその1  

 

※条件付けされていない人から見ればただの動画ですが、私の様に毎日どこ通ってもパトカーや救急車に会う人が見たら嫌な動画です。

 

 

 

関連記事

 

【永久保存版】集団ストーカーの手法 まとめ

 

集団ストーカー まとめ

 

もくじ 

 

 

 

検索

 

検索デスク