ブライティングとは?

 

 

AGSAS 集団ストーカー 用語集

http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Glossary.htm

 

(引用)

 

ブライティング(Brighting)

 

眩しい光やしつこい光の演出よって、標的となる人物(ターゲット)の神経を逆なでする行為の総称です。その多くは車両のヘッドライト、ハザードランプやフォグランプを利用して行われます。

ターゲットが徒歩で夜道を歩くと、ハイビームやフォグランプをターゲットに向けた車が多く停車しており、ターゲットが通過するタイミングで発車することが多く報告されています。運転中の頻繁なパッシングや、対向車のヘッドライトが上向きに調整されている(とても眩しく見えることになります)、チカチカと点灯するライトをつけた自転車が頻繁に現れる、といった例も報告されています。

また、被害者の自宅の窓に眩しい明かりが入るようになり、夜中でも明るい状態が作られることがあります。この行為は、実際の映像として記録可能です。

 

 

 

阿修羅 クークラック 戦え!集団ストーカー【ブライティング】
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/442.html

 

(引用)

 

◆光を使った挑発

 

□ ブライティング

 

眩しい光や点滅する光の演出よって、ターゲット被害者の神経を挑発する行為です。その殆どは、車のヘッドライト、ハザードランプやバックランプを利用して行われます。ターゲット被害者が車で夜道を走ると、ハイビームやバックランプ、ハザードランプをターゲット被害者に向けた車が多く停車しており、ターゲット被害者が通過するタイミングでバックしたり、ヘッドライトを点灯して発車することが多く報告されています。ターゲット被害者の移動する場所、立ち止まった場所に、必ずと言っていいほどハザードランプを点滅させた車両が登場するなどのアンカリング も行われます。運転中の頻繁なパッシングや、対向車のヘッドライトが上向きに調整されている。


片目のヘッドライトの自動車やチカチカと点灯するライトをつけた自転車が頻繁に現れたり。
パトカーや救急車の赤色灯や昼間にヘッドライト点灯した車や夜間にヘッドライトを消した車の、わざとターゲット被害者にわかるような威嚇を伴い、かつ、コリジョンキャンペーン、ノイズキャンペーン、ガスライティング等と組み合た工作を仕掛けてきます。

 

 

阿修羅 K24

 

集団ストーカー教程10(さまざまな心理学的犯罪活動 ~ブライティングとノイズキャンペーン~)

http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/202.html

 

(引用)
           

(1)『ブライティングの詳細』


  ①光を利用して心理的肉体的不快感を誘発する

   ●樹木工作と連動性があり、対象居室内を街頭の光で照らし出そうとするもの。

   ●樹木工作と連動性があり、対象居室内を見通せる施設(例:教会・工場)からの照明の光

   ●対象居住地の近辺にサーチライトを設置し対象居室内を照らし出そうとするもの。
   ※これらの光は就寝の際に極めて鬱陶しい。冬場なら厚カーテンで解消できるが、
    夏場などはこの光が目に付いて寝付けない場合がある。
    居室を照らすサーチライトは『監視』を連想させようとする工作と考えていい。

   ●居住地内駐車場や路上停車中の車両によるヘッドライト点灯
   ※これは対象を照らすようにヘッドライトを点灯しゆっくりと走り出すというもの
    これも『監視』を連想させようとする工作と考えていい。
    尚、この手の車両にスモークタイプが多い。偶然か否かは今のところ不明

  ②光を利用して合図を送る
   ●対象居室側の階段の蛍光灯を点滅させておき、一向に交換しようとしない。

   ●夜間にフラッシュのような閃光が目撃される。
   ※一時期よくこのような閃光がたびたび目撃されたが現在ではまったく生じていない。

   ●居住地内駐車場や路上停車中の車両が突然ハザードを点滅させる。

   ●居住地内駐車場や路上停車中の車両が突然ブレーキランプを点滅させる。

   ●夜間に帰宅または外出すると、決まって玄関あるいは室内の照明を点灯させる特定の住戸。

   ●夜間に帰宅すると決まって特定の階段照明が点灯するあるいは点滅する。

   ●対象居室で電気を消すと、決まって室内照明を消灯させる特定の住戸。
   ※これは対象居室が照明を点けないと絶対に相手も照明を点けない。

  ③光を利用して対象の気を逸らす
   ●夜間に外灯のない路肩に停車している車両から火のついたタバコを投棄する。
   ※火の点いた部分が転がり目に付くため気を取られることになる。

  ④光を利用して実行メンバーの人相風体を隠蔽する
   ●ヘッドライトの光で車両内部の人員の人相風体を見えにくくする。

   ●夜間における店舗などの逆光を利用して車両内部の人員の人相風体を見えにくくする。
   ※車両待伏せの際に見受けられる。

   ●昼間において、フロントガラスの光の反射で車両内部の人員の人相風体を見えにくくする。

以上、ブライティングの具体例を見てきましたが、ブライティングの多くが車両によって行われる傾向があると言えます。それと特定住戸の室内照明も多く散見されます。

 

 

※出来れば元記事を全部読んでください。

 

 

私の被害

 

片目ライトや昼間からハイビームが多いですね。基本的にシカトが一番です。

また、被害者同志が集まる時に、加害勢力が特定の被害者の車のライトを改造することもあるそうです。

ブライティングは確かによくありますが、相手が知り合いの場合は、加害勢力の分断工作の可能性もあるので冷静に判断しましょう♪

 

 

動画資料

 

 

集団ストーカー(車両編) 01 片目ランプ攻撃 

 

重要 集団ストーカー犯罪加害者ライト片目消灯車両確保自供 茨城県取手市  

 

集ストプチ講座ブライティングその3  

 

集団ストーカーの日常 ドライブ編

https://s-eiga.amebaownd.com/posts/2081300

 

 

関連記事

 

【永久保存版】集団ストーカーの手法 まとめ

 

集団ストーカー まとめ

 

もくじ 

 

 

 

検索

 

検索デスク