人類支配システムを所有する者たち

 

 

イルミナティとは世界を支配するためのシステムだ。

遡ればバビロニア黒魔術集団たどりつくといわれている。一説によると、古代アトランティスに関係しBC9000まで遡るという説もある。

 

黒い貴族とは、実質イルミナティという人類支配システムを所有する者たちと私は考えている。

 

 

人類支配者の歴史的背景

 

 

裏の支配勢力~その起源は?~

http://web.joumon.jp.net/blog/2009/08/899.html

 

欧州の2大支配勢力:古代ローマ以来の貴族系とフェニキア以来の金融系
http://web.joumon.jp.net/blog/2009/08/000888.html

神聖ローマ帝国は古代ローマ貴族の以来の貴族連合体に近く、完全な権力を形成しようとする皇帝派とそれに不満を持つ貴族と大きく2つの勢力に分かれ抗争していた。
さらにこの神聖ローマ帝国系と別系統に金融系が存在する。


★皇帝・貴族系 
ローマ帝国→神聖ローマ帝国 
        →2大貴族の抗争                
         ・ギベリン派(皇帝派) ―→ハプスブルグ系
         ・ゲルフ派(黒い貴族)   (タクシス・サヴォイなど)
              └――→ 英王室

他にゲルフ派と合流した国際金融家の系統が存在                     
★金融系(ユダヤ・フェニキア起源)
  フェニキア →ベネチィア・ジェノバ 
    → ロンバルディア →スイス(ここでゲルフ派と合流?) 
       ↓          ↓
       スペイン・ポルトガル―→ オランダ・イギリス―→アメリカ   

以上のように大別されるだろう。

 

7月20日 なんでや劇場 レポート2 闇の支配勢力史 ~闇の勢力の系譜~

http://blog.trend-review.net/blog/2009/07/001284.html

闇の支配者 地域別歴史表

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2a/ec/0b3021de2997dd6f3e6c079d8ef63691.jpg

 

関連記事

 

【仮説】カナン→フェニキア→ベネチア + ヒクソス→ハザールマフィア

 

フェニキア資料

 

黄色がフェニキア人の都市 がギリシア人の都市 灰色がその他

引用元 フェニキア wikipedia 

 

ベネチア資料

 

ヴェネチアの位置

Googleマップ + Snipping Tool

※詳しい地図を見たい方はヴェネチア wikipediaをご覧ください。

 

 

黒い貴族とは?

 

 

ベネチアの黒い貴族とは誰なのか?
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=289908

現在の金貸しの起源とも言える「ヴェネチアの黒い貴族」とは誰なのか?

西暦480年頃に西ローマ帝国が滅びた後、ローマ帝国の一部の貴族がヴェネチアに避難した際に、特権を享受していた一部のユダヤ人もヴェネチアへ避難し、ヨーロッパの貴族階級に同化していった。その中で現地人より色が浅黒かったので「ヴェネチアの黒い貴族」と呼ばれるようになる。彼らはキリスト教国家とイスラム教国家の間の地中海貿易を独占していた。そして黒い貴族は地中海貿易から大西洋貿易に移るためにヴェネチアからオランダへ、さらにイギリスへと移動していき、世界初の株式会社であるイギリス東インド会社を設立する。


ヴェネチアというものを日本人はほとんど知りません。非常に間違った形式的な歴史を教えられています。しかし、ヴェネチアというのは西暦480年頃に西ローマ帝国が滅びた後、ローマ帝国の貴族の一部がヴェネチアに避難してできたのです。ヴェネチアはイタリア半島の東の奥のほうに位置しますが、そこを基地として避難場所としてローマ帝国の貴族の一部がそこに移動しました。そこからヴェネチアがイルミナティの正しい世界首都として成長していくように段取りがつけられたのです。

そしてヴェネチアが起こした重要な事件はたくさんありますが、そのうちの一つは11~13世紀に起こった十字軍戦争です。十字軍戦争はカトリックのローマ法王庁が旗を振ってエルサレムをイスラムから取り戻すと称して、4回くらい大戦争を起こします。
しかし、カトリックをそういうふうに煽動して十字軍戦争を起こすためには、西ヨーロッパから軍隊がエルサレムまで遠征するための途轍もない多額の軍資金が必要になるわけです。
それから軍隊を出すために、艦隊を組織しました。そのための資金は全部、ヴェネチアの「黒い貴族」が用意しました。用意したといっても、タダでくれるわけではありません。ローマ法王庁とかフランスや英国とかスペイン、ドイツとかの国々の王侯貴族に軍資金を貸し付けて「利子」を取るわけです。


そしてヴェネチアはイスラムにも目をつけます。それからビザンチン、東ローマ帝国の後継者としての東方ギリシア正教をも支配下に入れます。この三つの地域にヴェネチアは目をつけるのです。


そのような勢力を利用して、カトリックとイスラムを戦わせ、カトリックと東方ギリシア正教を戦わせます。そして自分たちがそれぞれの地域に軍隊を動員して、十字軍戦争をだんだん大規模なものにしていく。大規模なものにしていくほどヴェネチアの黒い貴族はたくさんのお金を貸し付けて、利子を生み出していきます。だから十字軍戦争というのは、ヴェネチアの黒い貴族が、最初から最後まで振り付けをしているわけです。
そういうことが日本人にはまったく知らされていません。

「東方見聞録」で有名なマルコ・ポーロも、ヴェネチアの黒い貴族が送り出したエージェントだったのです。

大航海時代の背景はポルトガルとかスペインとか英国とかという、それぞれの国家ではなく、ヴェネチアに浸透する金融寡頭権力だったのです。そのようにして彼らは世界支配をさらに進めたわけです。


そして最後はキリスト教・カトリック教会を大分裂させることでした。1517年、マルチン・ルターがローマ法王庁に挑戦して、免罪符を否定する抗議の紙を張り出したら、あっという間に非常にわずかの時間に、全ドイツに広がりました。しかし、そのルターの背後にいたのはヴェネチアの「黒い貴族」だったのです。ルターをヒーローに仕立て上げて、全ヨーロッパ、とくにドイツで、カトリックとカトリックに反対するプロテスタントという勢力が起こり、キリスト教会は真っ二つに分かれるわけです。


そして10~20年後にヴェネチアの「黒い貴族」はプロテスタントで脅かされているキリスト教会、カトリック教会に対して、プロテスタントと戦うための「イエズス会」という新しい修道会を組織したのです。イエズス会の創設者イグナチオ・デ・ロヨラとフランシスコ・ザビエルを選抜して任務を与え、お金を提供して強固な組織にしたのはヴェネチアの「黒い貴族」だったのです。
また、ヴェネチアの「黒い貴族」はカトリックを分裂させて両方をけしかけ、両方に資金を与えカトリック教会の分裂とすごい殺し合いを、背後で操縦したのです。


プロテスタントとカトリックの争いがもっとも激烈に発展したのがドイツで、ドイツでは両派の宗教戦争によって人口が半分程度になってしまったという地域があるくらいです。ヨーロッパのキリスト教会の権威を壊滅的な打撃を与えることによって、ヴェネチアの黒い貴族は、彼らの世界支配を次の段階に進めようとしたわけです。

 

 

金貸し支配の構造 金貸しの奥の院は誰か?
http://www.kanekashi.com/blog/2016/07/4834.html

 

金貸しの起源?ヴェネツィアの金貸し;黒い貴族
http://www.kanekashi.com/blog/2016/01/4654.html

 

 

黒い貴族の一大拠点 永久中立国スイス

 

スイスが永世中立でいられる理由は? より引用

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1735.html#end

 


「石油の戦争とパレスチナの闇」④(最終回) ジョン・コールマン

 

前回に続く。以下、一部引用する。


スイスは王族たちの天国で、彼らの共通の所有地だ。スイスの永世中立は、ルツェルンに神学校をもつイエズス会の力によって保証された。1815年、イエズス会とその盟友であるフリーメーソンに属する王たちが、ウィーンで会議を開いた。その年の3月20日および29日、その会議でスイスの中立を永久に保証する二つの条約が締結された。
これによって、彼らが何度反目し合い、何度戦争が起こって人々が戦わざるをえなくなっても、スイスにある彼らの財産は略奪を免れるというわけだ。スイスがつねに、周りで起こっている戦争の枠外にいられたのはそのためだ。どこの国もスイスを侵害しないのは、スイスの軍隊が恐れられていたわけではなく、ヨーロッパの王族たちとそのほかの黒い貴族が介入した1815年の条約のためである。そしてその条約が、今日スイスが存続している理由でもある。この国は、ヨーロッパの王族とそのほかの黒い貴族が不当に得ている財産を守っているのだ。

 

 

イエズス会を作ったのも黒い貴族

 

イエズス会=ヴェネチアの黒い貴族=メディチ家=ヴァチカン=マルチン・ルター

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1842.html

※トランプ政権の背後にもイエズス会がいます。また、イエズス会の設立者についても諸説あります。

 

イエズス会

世界のカルト宗教の元締め イエズス会とは? 

 


黒い貴族が支配するイルミナティ

 

【永久保存版】世界を支配する 秘密結社 イルミナティとは?

 

 

黒い貴族のイルミナティに関するクラス 私の個人予想

 

会長     X

社長クラス ???古代血脈

役員クラス ヴェルフ ヘッセン サヴォイ など 王族関係者 

部長クラス シェルバーン デルバンコ など

係長クラス ロスチャイルド など

社員クラス ロックフェラー ブッシュ など

 

サヴォイ>デル・バンコ

ヘッセン>ロスチャイルド

※サヴォイとヘッセン、デル・バンコとロスチャイルドは部分的に血縁で繋がっています。

 

キャボット>シェルバーン

 

タクシス家

 

EU本部やトゥーレ教会とも関係が深い トゥルン・ウント・タクシス家とは?

 

 

元イタリア王家 サヴォイ家

 

元イタリア王家 黒い貴族 サヴォイア家とは?

 

 

デル・バンコ家

 

ロスチャイルドの上に立つ金貸し 銀行の語源となった デルバンク(ウォーバーグ)家とは?

 

 

アイゼンベルグ家

 

イスラエルと関係が深く、日本の原発を管理する黒い貴族アイゼンベルグ家とは?

 

※名前からヘッセン家と密接な関係があるという説もある。

 

 

ブロンフマン家

 

 

ブロンフマン一族 大規模な酒の密輸業を組織して巨富を稼いだ。

 

チベット問題の本質・・・金で殺人を請負うマフィアと中国政府の一体化
http://blogs.yahoo.co.jp/y2001317/32085374.html

 

 

関連記事

 

電通の正体はイルミナティ下請け 日本人洗脳機関 所有者はカナダのブロンフマン一族

 

 

イギリス王室を乗っ取った ヴォルフ家

 

金貸し支配の構造③ イギリスの黒い貴族:ヴェルフ家
http://www.kanekashi.com/blog/2016/08/4876.html

 

アメリカ・デフォルトは起きるのか!?-10 ~イギリス王室を乗取ったヴェルフ家~

http://www.kanekashi.com/blog/2014/05/2492.html

 

ウィンザー家の実体は?

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3094 

 

 

ヴォルフ家の分家 ヘッセン家 元ローマ選帝侯

 

初代ロスチャイルドのご主人様 黒い貴族 ヘッセン = カッセル方伯家とは? ※元選帝侯

 

シェルバーン家

 

2代目シェルバーン伯爵ウィリアム・ペティとは? + ペティ=フィッツモーリス家

 

シェルバーンを代理人に使う謎のキャボット家

 

黒い貴族キャボット家とブルッキングス研究所 現代日本への影響

 

 

その他

 

 

元神聖ローマ皇帝 ハプスブルグ家

 

金貸し支配の構造⑤ その他の欧州金主、金主と金貸しとの関係?

http://www.kanekashi.com/blog/2016/09/4947.html

 

世界を操る支配者たち(4)〜欧州貴族ハプスブルグ家
http://www.kanekashi.com/blog/2012/06/001872.html

 

 

天皇家

 

金貸し支配の構造⑥ 欧州金主と天皇の関係?(1)

http://www.kanekashi.com/blog/2016/09/4962.html

金貸し支配の構造⑦ 欧州金主と天皇の関係?(2)
http://www.kanekashi.com/blog/2016/10/4976.html

金貸し支配の構造⑧ 欧州金主と天皇の関係?(3)
http://www.kanekashi.com/blog/2016/10/5001.html

 

関連記事

 

黒い貴族に先兵として利用されてきた表の天皇家

 

裏天皇と八咫烏 入門資料 ※観覧注意 

 

天皇(神輿)の影で日本を永きにわたり管理してきた 藤原5摂家 とは? 

 

 

悪魔崇拝の血統―イルミナティの13のゾロアスターの血流

 

[竹下雅敏氏]これまでずっと望んで手に入らなかった極めて貴重な情報

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=64934

悪魔崇拝の血統―イルミナティの13のゾロアスターの血流

ボルジア家
ブレイクスピア家
ソマグリア家
オルシーニ家
コンティ家
キージ家
コロンナ家
ファルネーゼ家
メディチ家
カエタニー家
パンフィーリ家
エステ家
アルドブランデイーニ家

これらエジプトプトレマイオス朝の支配者たちは、イエズス会と、高位のグレー10人委員会と黒法王を完全に支配下に置いています。

イエズス会は、ファルネーゼ家の教皇パウルス3世の在位期間に教皇血族のファルネーゼ家によって創られました。ロヨラ(訳注:初代イエズス会総長)は、アレッサンドロ・ファルネーゼによって任命されました。
ボルジア犯罪ファミリーが、イエズス会を作りました!

スペインが、イエズス会を通してヴァチカンを支配しているのです。

ロスチャイルド家の人間が、彼らはローマ人に従属していて、本当の問題はローマ人にあることを話したことは事実です。311津波と日本の原子力大量殺人事件の背後にはローマ人たちがいました。

※元記事全文読むことをお勧めします。

※非常に興味深い情報です、こういった情報がもっとほしい。

 

オルシーニ家

薔薇十字会系の貴族達について

 

 

補足

 

スペインとイタリアの黒貴族>p2ロッジ>バチカン

               ↘   イエズス会>

 

ボルジア家 wikipedia

 

メディチ家 wikipedia

 

オルシーニ家 wikipedia

 

 

魔術

 

最も基本的かつ強力な魔術は嘘である。人類の支配者は、嘘により京(円)クラスの利権を生み出し、人類を支配している。人類はそろそろこの嘘に気付かなければならない。

 

人類支配の基本は3つ

 

暴力

食糧(お金)

洗脳

 

黒い貴族はこれらの完璧な独占を狙っています、意識的に防がなくてはなりません。

黒い貴族→洗脳>暴力>お金(銀行家)→人類の家畜化

 

 

              ↗   シティ(金)

スイス(拠点) →  バチカン(洗脳)       → 世界中へ影響力

              ↘   ワシントンD.C.(暴力)

 

南極(隠れ家?)

 

世界を平和にするには、洗脳システムを破壊するのが最速です。

 

 

黒い貴族など関係ないと思っている皆さんへ

 

 

明治維新では英ロスチャイルド家と仏ロスチャイルド家が二手に別れ、 薩長勢力と江戸幕府の両方に資金と武器を貸し付けていましたが、双方のロスチャイルドの背後には黒い貴族が存在しました。


日露戦争で日本に戦争資金を貸し付けたシフは、黒い貴族デル・バンコ(ウォーバーグ)の代理人です。イエズス会を設立(1534年)したのも黒い貴族です。
この黒幕を理解することなしに、真の歴史を知ることはありえないのです。

 

 

日本の株はキャボット家が所有し、日本の原発ははアイゼンベルグ家が管理して、電通はブロンフマン家が所有しています。

 

日本を支配している本当の敵がわかりましたか? 集団ストーカーも彼らのシンクタンクが生み出した、人類支配システムの実験です。騎士団に入っている表天皇は、彼らの先兵として利用されてきました。残念ながら、これが現実です。

 

創価学会など、最末端組織でしかありません。全てを彼らのせいにするのはミスリードです。

誰が、ロックフェラーを使い北朝鮮から5万人輸入して日本を代理支配しているのか?

誰が、創価学会を改造して売国奴宗教に作り替えたのか?

 

本当の犯人が見えてきましたね。

 

もしかすると、彼らの後ろにもまだナニカ存在するかもしれませんけどね…。

 

追記:欧州の貴族の中にも良心的な派閥があります。

 

 

 

黒い貴族に関する資料

 

 

ハプスブルク家とスイス盟約者団
http://www.kaho.biz/swiss.html

 

西ローマ帝国の貴族の残党が、のちのヴェネチアの黒い貴族

http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-623a.html

東ローマは、現在のロシアに深く関係しているといわれている。

 

日本人が知らない「人類支配者」の正体
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

 

「戦争のカラクリ」  

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/540.html

 

ベネチアの歴史、ベネチアの黒い貴族の正体について
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/3_manabu_corner_philosopye_runessanse_benetiaco.htm

 

ベネツィアの黒い貴族
http://www.asyura2.com/13/ban6/msg/677.html

 

 RE.300人委員会の上にも委員会が存在していた。
http://www.rui.jp/ruinet.html?c=400&i=200&m=213073

 

裏の支配勢力史に出てくる貴族たちの今って?

http://www.kanekashi.com/blog/2009/08/1000.html

 

世界権力構造の秘密 ユースタス・マリンズ・著  太田龍・解説
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/EustaceMullins01.html

 

「秘密結社全論考」上 邪悪な仮面を暴け ジョン・コールマン
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

 

「石油の戦争とパレスチナの闇」④(最終回) ジョン・コールマン
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1735.html

 

日本を守るのに右も左もない 検索 黒い貴族

 

 

管理人コメント

 

有名な黒い貴族が、

シェルバーン家、タクシス家、サヴォイ家、エッシェンバッハ家、レーゲンスベルク家、キーブルク家、フローブルク家、ラッパースヴィル家、トッゲンブルク家、デル・バンコ家、アイゼンベルグ家、ブロンフマン家とされています。ただ、この情報に疑問視する人もいます。

 

私は教皇派と皇帝派の区別がうまく出来ていません。

それと、上記にロスチャイルド家の主であるヘッセン = カッセル方伯家が出ないのは不自然です。達人さんの意見では、シェルバーン、タクシス、サヴォイ家は皇帝派だそうですが、私は現時点ではまだ判断が出来ていないのが本音です。

教皇派、皇帝派、どちらも世界政府統一のために動いていて双方危険なのは事実です。

また、ヴェルフ家やその分家ヘッセン家は教皇派といわれています。ヘッセン現当主にはサヴォイ家の血も流れています。黒い貴族の認識が単純ではないのだけは確かみたいです。

 

シェルバーンとタクシス 掲示板

 

教皇派と皇帝派 wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E7%9A%87%E6%B4%BE%E3%81%A8%E7%9A%87%E5%B8%9D%E6%B4%BE

 

 

関連記事

 

【重要】ローマ帝国は生きている!? 

 

黒い貴族の生み出した東インド会社とは?

 

黒い貴族の頭脳 王立国際問題研究所(RIIA)とは?

 

【永久保存版】集団ストーカーの手法 まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ 陰謀論三銃士にご注意!