11-23国保ガイド | Walk on wateR@琵琶湖、東播の野池でバス釣り
2015-11-24 14:20:41

11-23国保ガイド

テーマ:バス
烏賊さんと国保ガイドに行ってきました。
「一回バスプロって人の釣りを見たほうがいいですよ~」ということで。

ミックのオーナーズカップも控えているので「アラバマ抜きでお願いします」と無茶なリクエスト(笑)

IMG_20151123_104303483.jpg


ディープクランク、スピナーベイト、メタルバイブでオオカナダモがキレイに残っているピンスポットを狙い撃ちする釣りを展開してもらいました。

しかしながらアタリというものが全くありません。

「5投だけシャッド投げてみます(ただし1投100mのドラッキング)」で4投目にヒットしたのが48センチ。

IMG_20151123_104303795.jpg

水温がまだ17度あるのでシャッド投げてたら幾らでも魚は釣れるし、そのうち大きな魚もヒットするような感じですね。


IMG_20151123_184730182.jpg

写真では少し遠いですが、浚渫を埋め戻す工事をしているそうです。
「琵琶湖再生法」というのが可決されて、下物の浚渫を全て埋め戻すために国家予算が投入されているそうです。
来年の春には下物は完全なフラットになっているのでしょうか?(笑)

当たり前といえば当たり前なんですがプロのガイドさんというのは知識も経験も膨大なので話をしているだけでも楽しくて勉強になります。
釣っているエリアの説明やタックルセッティングに関するアドバイスはもちろん、バスボートのセッティングやメカニカルな話だったり、沖島のピンスポットの話だったり、果てはアメリカのフロリダの釣りの話だったり・・・

と、色んな話題に花が咲いているとドラマ魚は突然に。

IMG_20151124_134746927.jpg

サーキットバイブのリフト&フォールに53センチ。

ファイト中、サーキットバイブがバスの口の外に掛かっているのが見えて、しかもほぼほぼボートの真下で食ったのでボート際で一気に突っ込まれてしまい、「身切れかフックが伸びてバレる・・」というイメージしか湧いてこなかったです。

かなりアタフタして相当カッコ悪いファイトでしたが、エックスグレイブのエアロブースター610MLがしなやかに追従して魚が突っ込んでも柔らかく受け止めてくれたおかげで紙一重でランディングすることが出来ました。
多分Mパワーのロッドだったら確実に捕れていなかったです。

このロッドはレンタルしていたのですが、この冬のメタルタックルとして購入決定です。
ついでに最近の動画でも使用しておられましたが「グラハント」という70Hのロッドがスピナーベイトのスローロールに抜群でした。
・トルクはあるけど重いTF-GP71CHJ
・軽いけど意外と柔らかいのでブレードの回転が解りづらくてしかも細すぎてトルクがないインスピラーレエゴイスト
の2本のイイトコ取りみたいなロッドで、こちらも購入決定です。
グラハンとは夏のヘビテキにも使えそうですね。

タックルデータ
ロッド:FXNC-610ML
リール:ELITE8
ライン:フロロ12ポンド
ルアー:サーキットバイブ3/8オンス

ロッド:テムジンエアリアルHP
リール:ルビアス2506
ライン:R18フロロリミテッド5ポンド
ルアー:ジレンマ

スピナーベイトマニアの僕としてはグラハントの発売が待たれます(笑)


あーりーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス