ディープクランク考2 | Walk on wateR@琵琶湖、東播の野池でバス釣り
2013-08-08 17:23:13

ディープクランク考2

テーマ:タックル
昨日はザヒットでモリゾーさんが風屋で釣りしてましたね。
来週風屋に行く予定なのですが、クランクベイトやスピナーベイトが元気に泳ぎそうな水の色だったのでテンション上がりました。
といってもボート屋のおじさんがものすごく適当ぽかったので本当にボートで出れるのかが謎ですが(笑)

昨日友人のTwitterを見て思い出したのですが、10年前に合川ダムでモリゾー帝国のロケに遭遇したことがありました。
釣りの腕はもちろんのこと、僕たちの船の横を通るときは「これでもか!」っていうくらいにエンジンをスローダウンしてゆっくりと通り抜けて行かれました。
「超一流のアングラーはマナーも素晴らしい」ということを目の当たりにしたことを記憶しています。

今日はディープクランクのロッドについてです。
ディープクランクのロッドは三段階で曲がることが必要です。

1、ルアーのバイブレーションに反応してロッドティップが曲がる
2、ストラクチャーやウィードのスタックしたときにもう一段階ロッドが入る
3、魚が掛かった時にはしっかりと曲がりこんでバラシを防ぐ


ディープクランク専用ロッドでないものは1は出来ても2が出来ないものが多いです。
するとウィードにルアーが当たった時に必要以上に深く突き刺さってしまうわけです。
リップラップならそのまま根掛かりです。

逆に2は出来ても3が出来ない竿もあります。
ジャッカルが入る前のシマノのロッドを何本も使いましたが、シマノのロッドはみんな2と3の間でカチーンと止まってしまうところがあります。(2の入りも悪かったりする)
するとせっかく掛けてもテールフック一本掛かりだったりするとバラしてしまいます。

スピナーベイトならビシっと張りのある竿でガツンと掛けてしまえばいいのですが、クランクベイトはロッドの調子がモノを言います。

僕が今まで使ってきたもの、レンタルした物で「いい!」と思ったのは
・テクナGP TF-GP74CM-TJ
・ヘラクレス ストライクマスター77
・テムジン スカイスクレイパー
・ノリーズ ロードランナーハードベイトスペシャル760M


このあたりですね。

一番グラスに近いのがテクナ、カーボンのパリっとした感じがあるのはスカイスクレイパーですかね。
友人はスカイスクレイパーにメタマグをつけてディープクランクやってますが、非常に軽くてテクニカルなアクションが可能になります。
まさしく「ワーミングクランク」です。

個人的に気になっているのが「ノースフォークコンポジット」


これはシマノのファイナルディメンションの名竿と呼ばれる168MやロクテンシリーズをプロデュースしたKTWの塚本氏がシマノを離れた後に新たにプロデュースしたロッドです。

どうしてもシマノの場合先ほど述べたようなバッドの不器用さが否めなかったのですが、ノースフォークのブランクスを使ってどれほど生まれ変わっているのか?気になりますね。

あーりーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。