おはようございます、まほろです。
何時もお読み頂きまして、本当にありがとうございますラブ
いいね!やブログ村へのポチ、コメントやリブログなどなど本当にありがとうございます!
何時も励みになっております音譜


またしても不覚にも記事をアップするだけの状態だったのに寝落ちましたえーん
なので朝っぱらからの更新ですあせる

さてさて、今日は産毛まほろのネイルスタンプ講座→ジェルネイルの際の基礎準備編をお送りいたします。
先日コメントよりネイルスタンプをする前の下準備についてご質問を頂きまして、そう言えば下準備については何も記事にした事がなかった事に気付きました滝汗
なのでこの機会に記事に残しておこうと思った次第です。

しかし私は基本的に超絶不器用なセルフネイラーなので、自分であれこれ調べて実際に試しながら身に付けてきた我流の方法になります。
プロの方から見たら歯痒いような手順も含まれると思いますが、その旨ご了承頂けましたら幸いですニコニコ

では始めて行きましょう音譜


材料はスタンパーとスクレイパー以外は全て100均に縛って行きます。
左奥のはIKEAのコロコロテープです。
スタンプが終わったスタンパーを掃除したり、余分にピックアップしてしまった模様を取り除く時に使います。

ジェルはセリアのSHジェルネイルのホワイトとベースジェル(最後にトップジェルとしても使用します)を、スタンピングポリッシュはダイソーのジェネネイルのネイビーを使用します。
右のボトルにはキャンドゥやセリアで購入可能なノンアセトンを入れてあります。

今日はチップを使いますが、実際に自爪にネイルする手順で説明して参ります。

まずは手を洗って清潔な状態から始めます。 
エタノールで爪を拭いて油分や水分を拭き取ります。

爪を清潔に出来たらベースジェルを塗って硬化します。
表面の凹凸が無ければ一度塗りで終わりますが、基本的に私は2度塗り硬化しています。
爪の強度を上げたいのであせる

ベースジェルの硬化が終わったら未硬化ジェルは拭き取らず、そのままベースカラーを塗って行きます。

こちらはホワイトを2度塗り硬化したチップです。
セリアのカラージェルは未硬化ジェルが出ないタイプなので、ネイルスタンプに自信がある方はこのままスタンプしても大丈夫だと思いますが、私は今ひとつ自信がない&奥行きを出したいので、ベースカラーの上からもう一度ベースジェルを塗って硬化します。
もしスタンプをミスってしまった場合、ノンアセトンで拭き取ってしまったらベースカラーも溶けて見た目が汚くなってしまいます汗
でもベースジェルを挟んでおいたら何回ミスろうがノンアセトンで拭くだけでやり直しは無限に出来ますニコニコ


この後の注意点として、セリアのカラージェルは未硬化ジェルが出ないですが、ベースジェルはノンワイプタイプではありませんので、未硬化ジェルの上からスタンプしてしまうと…

こうなります。
ピックアップが完璧に出来ていても、ワイプのぬるぬるでポリッシュが弾かれてしまいます。
仮に上手く貼り付いたとしても、トップジェルを塗る時にほぼ確実に模様が剥がれてしまうかとあせる

ベースジェルの未硬化ジェルをしっかり拭き取っておいたらこのようにきっちりスタンプ出来ますので、未硬化ジェルは必ず拭き取って下さい。


ではベースジェルを硬化→未硬化ジェルを拭き取ったチップを使って、実際にネイルスタンプをして行こうと思いますニコニコ

プレートはセリアの第三弾プレートの雪を使ってみます。
プレートにポリッシュを置いてスクレイプ→スタンパーでピックアップ→チップに模様を押し付けます。

こんな感じで全体にスタンプが出来ました。

しかしネイルスタンプしながら途中で気が変わる事もあれば、ミスもします滝汗

でもベースジェルを挟んで硬化→未硬化ジェルを拭き取っておけば…

ノンアセトンを含ませたコットンや綿棒などを使って一部だけ模様を取り除けたり…

いっそ全部ノンアセトンで拭き取って、全く違うデザインにする事も出来ます。
ちょっと適当過ぎるスタンプで申し訳ありませんあせる


同じチップを使って、ひたすらデザインを模索する事も出来ます。
こちらはキャンドゥのフラワーメヘンディを使いましたが、何だか模様のバランスが悪いなーと感じたら、その模様を拭き取りまして…

微妙に模様や位置を変えてみたりする事も可能です。
今回は右側の模様だけノンアセトンで拭き取って、スタンプした模様や位置を変えてみました。

今回はこれで完成するとして、仕上げにトップジェルを塗ります。
トップコートと違ってトップジェルならスタンプした模様が溶けて滲む心配は無いのですが、筆圧には気を付けて下さいあせる
あまり筆圧を掛けると、爪にうっすら貼り付いているだけのネイルスタンプの模様をうっかり剥がしてしまう可能性はあります。

トップジェルを硬化する際には爪のキワまできっちり塗って、そのキワにもしっかりライトを当てて硬化しましょう。
でないと、未硬化ジェルをクレンザーで拭き取る際に模様までうっかり消してしまう可能性もあります汗

セリアのベースジェルをトップジェルとして塗って硬化し、未硬化ジェルを拭き取ったら完成です。
後はネイルパーツなどで飾るもよし、この上からキャンドゥのリキュールネイルなどでフラワー部分に塗り絵をしてもよしです。
スタンプの上に更に一層ベースジェルやお手持ちのクリアジェルを塗って硬化しておけば、ネイルスタンプの模様が溶ける心配もありませんので、ポリッシュを重ねても怖いものなしです。

自爪ネイルが完成したら一度しっかり手を洗い、ネイルオイルなどで保湿したら完成です爆笑

かなりざっくりとした説明で申し訳ありませんあせる
この一連の流れの中でご不明な点がございましたら、コメントを頂けましたらまた加筆いたします。

写真枚数の都合上、今日はジェルネイル編のみお送りしました。
後日、ポリッシュだけでネイルスタンプを楽しむ基礎準備編をお送りします


そんなわけで産毛まほろのネイルスタンプ講座→ジェルネイルでの基礎準備編でしたニコニコ

ではではウインク

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
ブログ村に参加していますニコニコ
もし宜しければポチっとよろしくお願いしますアップ
何時も励みになっておりますお願い