3月に胸膜にガンの転移が見つかり、4月からイブランス(分子標的剤)とフェマーラ(アロマターゼ阻害薬)を飲み続けている私です。これまで、イブランスの副作用(免疫抑制)にばかり目を奪われていたのですが、最近になって、このフェマーラの副作用が地味にしんどいことが解ってきました。

 

 私のガンは、ホルモン受容体が陽性のガンです。で、乳ガン細胞っていうのは、女性ホルモンと合体してどんどん増殖していきますので、私の場合、それを阻止する働きのあるアロマターゼ阻害薬というのが有効なわけで、これを飲むことによって、ガンの増殖を抑えることができます。つまり、フェマーラでガンの増殖力を抑えて、イブランスでやっつけるという療法をしているわけです。

 

 最初のうちは、「元々、更年期障害でホットフラッシュとかあるし、今さら気にならないよ」と思って、このフェマーラの副作用などは、あまり詳しく見ていませんでした。でも、ほぼ半年、毎日フェマーラを飲み続けているうちに、これってもしかして、フェマーラの副作用?と思うことが多くなってきました。そこで、フェマーラ服薬を始める際に頂いた説明用の冊子を読むことにしました。そこには副作用として、次のようなものがありました。

 

  ●関節痛・・・肩、ひじ、ひざなど、身体の節々が痛んだりこわばったりすることがあります。

  ●ほてり・・・のぼせるようにして頭や体が熱くなったり、汗をかきやすくなったりすることがあります。

  ●頭痛・・・頭が痛くなることがあります。痛みの種類には個人差があります。

  ●吐き気・・・気持ちが悪くなったり、吐き気が起きることがあります。

  ●その他・・・発疹、かゆみ、めまいなどが起きることがあります。

  ☆骨粗鬆症・骨折・・・骨からカルシウムが失われ、症状が進むと腰や背中に痛みが生じ、骨折の危険性も高くなります。

これらの副作用が「つらい」と感じたら担当医師や看護師、薬剤師に相談してください

 

いろいろ思い当たる節はあるのですが、私の場合、何と言っても一番、「つらい」というより、面倒な症状としては、

 

体感温度の落差がハンパない!

 

ことなんです。

 

 

これね、右と左の状態が一日に何度となく起きるんですよ。「あっつ~~」と感じて、汗をダラダラ流して、エアコン24℃強風ぐらいにしても、まだ団扇であおいでいるという状態。しかし、10分ほど経つと、今度は「さぶ~~~」という状態になって、エアコンを切り、毛糸の帽子、セーター、手袋、分厚い長靴下を履く。そしてまたしばらくすると、「あっつ~~」となって、全部脱ぎ捨てエアコンをつける・・・これを一日に何度も繰り返すのです。食事の後は、たいてい、こんな状態になります。(じっとしててもなるけどあせる

 もしかして、この症状って、私だけなんでしょうか。。。?

 

 それから、ここ1週間ほど「頭痛が続いている」と書いてきました。整形外科で頸椎にトリガー注射してもらったら、一応治まったんですが、もしかしたらあの頭痛もフェマーラの副作用かも知れません汗→主治医の先生に言いましたが、「脳のCT撮ろう」と言われただけでした。(まぁ、もしかしたら脳に転移しているのかも知れませんが)

 

 あと、現在私は右の足首がやたらと痛いのです。整形外科では「これは腰椎ヘルニアから」って言われましたけど、関節痛もフェマーラの副作用にあるわけで。(しかも、これ、ロキソニンを飲んでも、湿布を貼っても、全然治らないあせる

 

 それから、左腕に赤い発疹が出ています。私は勝手に「モデルナの副反応の一つだろう!」と決めつけていましたが、これもフェマーラの副作用にあるにはあるんですよね。

 

 すべて「決定打」とまではいかないのですが、なかなか地味~にしんどいんです。でも、これを訴えたところで、やはりガンの増殖を抑えるために、フェマーラはなくてはならない薬なので、結局、飲むしかないんですよね。。。これ、10年飲み続けるって考えると・・・あせるあせる

 

 やっぱり、仕方ないんでしょうね笑い泣き (それまでに没している可能性もありますし汗