1ヶ月前、
TVドラマ「石ノ森章太郎物語」(日テレ24時間テレビ内)をたまたま見てました。

その中で、心にドカーン!と来た感動のシーン。

石ノ森章太郎(中島健人くん)と赤塚不二夫(林遣都くん)のシーン。


石ノ森章太郎は
お姉さんを亡くして、悲しくて悲しくて、、漫画やめたい、海外旅行行っても悲しさが癒えなかった、、
なんと!赤塚不二夫は、石ノ森章太郎の大きなバッグを川に投げます!!!

石ノ森「何するんだ!!」

赤塚「ほら、怒れるだろ!!人は悲しみを持ったまま怒れることができるんだよ!だから、悲しいまま楽しくもできる。お姉さんのことを忘れろなんて言わない。悲しみを乗り越えろとも言わない!ずっと悲しいままでいい!悲しいままで 楽しいこと、バカなこと、やっていこうよ」

と心から叫ぶシーン!!

やられましたね、林遣都くんだから より心にドカーン♡


宮城県石巻市出身の石ノ森章太郎。
「石ノ森章太郎物語」朝ドラになればいいのに!(笑)

わたしも
自分に当てはめたのでしょう。
悲しみに押しつぶされそうになっても、その自分に「つらかったね、悲しいよね」と声かけ 乗り越えなくていい、その感情持ったままでいいから、やりたいこと!それは楽しいこと!(楽しく数学指導とか、楽しくひらめくわたしの才能電話言葉遊びとか♪)わたしの魅力!を出して生きたいな♡