竹炭づくりに挑戦

テーマ:

こんにちは。職員Mです。

 

 

今日は外の掃き掃除中に炭づくりをしてみました(ちなみに初挑戦です)。炭をつくろう

 

アルミでできた箱に炭にしたい材料をつっこんで(今回は、竹、杉、葉っぱ、毬栗、どんぐりなど)、ふたをして

 

 

 

火の中へGO!

 

 

箱の中から白いガスが出てきます。このガスが出なくなったら、箱を取り出していいそうなのですが、職員Mは慎重になってしまい、いやもう少しおいてみようと時間を多めにとりました。

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

もういいかな!と思い、箱を取り出しふたを開けてみる。

 

 

 

 

 

 

できてるやん・・・

 

 

炭できてるやん!!(と一人で興奮していました)

 

 

 

しかし、熱し過ぎたのか一部の炭化した木に火がついてしまっていました。うーん。やっぱり熱し過ぎたみたい。

 

 

 

箱から取り出した様子がこちら。

 

 

 

どうですか。しっかり炭になっています。こうして炭にしてみると、小枝にも趣を感じますね。

 

ちなみに砕けているのが竹です。火を起こす都合などで箱を動かしてしまったので、きっと砕けてしまったのだと思います。次はもっと計画的に火を持続できるように考えてやろうと思います。本当は箱にぴったりはいるくらいの大きさで、きれいな形で炭にできたら、花でもさそうかな~なんて考えていました。

 

消臭効果も期待して、飾りとしてもしばらく置いておこうかなと思います。

 

 

 

おまけに栗のアップの画像。職員Mはハリネズミといい、職員Tはまっくろくろすけと言っていました。

 

 

 

 

それでは。