おはようございます。

 

キッチンの水トラブルは、無事に解決いたしました。

シンクと排水をつなぐホース(?)の交換の際、

ついでに排水管の中も見ていただきました。

 

やはり築28年、かなり滞っている画像を

見せていただいて、結構ショックガーン

薬品での掃除もお願いしました。

 

揚げ物の油はもちろん、調理で出た油なども

なるべく排水溝に流さないように、

フライパンをキッチンペーパーで拭ってから洗うなど

気をつけたつもりでしたが、

"油の他に石鹸かすなども蓄積されていくので、

どんなに気をつかってもこうなるのは仕方ない"と

言われましたびっくり

 

マンションは管理業者が定期的にメンテナンスをするけれど

一戸建ては自分で手配しないといけないから、

結構 詰まるまで気づかないことが多いそうです。

 

排水溝に流して使うタイプのパイプ洗浄剤も

定期的に使っていたのですが、

業者さんがおっしゃるには

"気休め程度ですかね…"と笑い泣き

 

本当に効き目のあるプロ仕様のものは劇薬で、

スーパーやドラッグストアでは購入できないそうです。

 

では、今後はそれを定期的に…と思ってしまいますが、

管を傷める可能性があるので、頻繁に使うのはお勧めできないとのこと。

 

そして、"最もやってはいけないこと"も教えていただきました。

 

それは、"配水管の点検"と称して訪問して来る業者さんに

高圧洗浄をすすめられても、決して応じてはならない"、とのこと。

 

家庭用の配水管は、高圧洗浄で傷ついてしまうことも多く、

他の排水にも影響するトラブルが出たりして、

"配水管もダメになっているから交換しましょう"という展開になり

高額の費用を請求される可能性が高いそうです。

"それが悪徳業者の目的だから、

じゃあお願いしますなんて絶対に言っちゃダメですよ"と言われました。

はい。肝に銘じます。

 

汚れた管の映像を見せられて、洗浄をすすめられたら

焦って、"すぐやって下さい!"とお願いしてしまいそうです。

 

また前置きが長くなりました

そんなこんなで、2日ほど

おうちごはんの支度ができなかったので、

週の初めの晩ごはんウインク

 

 

鮎の塩焼き

生湯葉

アヒポキ

きゅうりの梅肉和え

お味噌汁

アスコルビン酸(ビタミンCの原末)入りの酸っぱい炭酸水で

ノンアルコール乾杯です。

 

 

鮎の塩焼き

魚の盛り付けは"海原皮背"と言いますから、

川魚の鮎は背を手前に盛り付けるのが正しいのでしょうが、

どうもしっくりこなくて

 

外で鮎をいただくときは、背が手前というより

上にして盛り付けられていることが多い印象ですが、

家庭用のお魚グリルで串を打たずに焼くときは、

背を上に盛り付けるのは難しい…

で、毎回悩んだ末に結局こうなります。

 

でも写真で改めてみると、背が手前でもいいような気がするんです。

次回はそうしてみようかな。

 

 

生湯葉

アヒポキ

びんちょうまぐろがお買い得だったので、アヒポキにしました。

(アヒポキのレシピは以前の記事に載せています→ )

 

 

きゅうりの梅肉和え

お味噌汁

きゅうりは畑の収穫野菜。

叩いてカットしたきゅうりと、梅干の殻を外して細かくした梅肉、

おかかを和えました。

 

お味噌汁の具は、大根とシメジ。

今日の献立に海藻がないな…と思ったので、とろろ昆布もトッピングしました。

 

 

あっさり目の和食晩ごはんでした。

 

漸く一週間が終わりました。

明日は土曜日、仕事も学校もなく、他に予定も入れていないので、

のんびりしようと思いますニコニコ

 

 


読んでいただいてありがとうございます。
みなさま今日もより良い一日でありますように。
 

 

ランキングに参加しています。
下のリンクをポチッと押していただけると励みになります。
 

にほんブログ村
 

おうちごはんランキング