鮭の西京焼きと栗ごはん

テーマ:

おはようございます。
 
 
昨日の晩ごはんは
 
鮭の西京焼き
栗ごはん
春菊、わかめ、ブロッコリーのお浸し
具だくさんのお味噌汁

炭酸水でノンアルコール乾杯。
 
この食卓の横で、夫が納豆を練り練りしていましたびっくり
…栗ご飯と納豆って…合うの?
 
 
鮭の西京焼き

程よい味がついた、美味しい西京焼きでした。
 
尾頭つきの魚の盛り付けは、海腹川背とか
頭が左で尾が右と母から教わりましたが、
切り身の盛り付け、ちょっと迷いますキョロキョロ
 
皮目が見える方を上にして、皮を奥にするけど
どうも切り身の太い方が左にいた方が落ち着きが良いんですよね。
でもこんな風に、それができない方の切り身もあるので、
皮目が上&奥、を優先するとこんな感じ。
なんだか落ち着かないの爆  笑
 
美味しくいただけたから、いいんですけどねウインク
 
 
栗ごはん

久しぶりの栗ごはん、今年初めて。
 
夫は、栗の大きい実だけ先に食べちゃってから、納豆をかけていましたびっくり
栗ごはん、好きじゃないんだっけ…と???と思っていたら
"いやー、栗ごはん。美味しいね!栗も甘くてすごく美味しい!"
 
栗を剥いたときの手間を思い出し、
栗ご飯だけで味わってほしいと思ったのは、私のわがままでしょうか爆  笑
 
 
毎度ざっくりですが、作り方を書いておきます。
 
<下準備>
・栗はざっと洗ってからボウルにいれて、熱湯を注ぎ、
 そのまま、お湯が冷めるまで置いてききます。
・米に もち米をブレンドして研ぎ、浸水させておきます。
 
<作り方>
①栗の表面の水分を拭き取って、鬼皮と渋皮を剥き、鍋に入れて
②水1カップ、みりん 大さじ1、醤油 小さじ1、塩少々を加えて煮たたせ、
 弱火にして15分くらい茹でます。
 煮汁を使うので、水分が少なくなりすぎないように気をつけます。
③土鍋に米を入れ、上に②の栗を煮汁ごと入れて
 水加減し、混ぜずにそのまま炊きます。
 
炊飯器を使う時も、同様の方法です。
 
 
今回使った栗

 
栗を向くときに使った道具

包丁で剥くより、こちらの方が剥きやすい気がします。
 
 
 
春菊、わかめ、ブロッコリーのお浸し

月曜日に収穫した春菊は、これで食べきりました。
 
 
具だくさんのお味噌汁

収穫した、里芋を使いたくてたくりました。
その他の具は、人参、ごぼう、白菜、エノキ、お豆腐です。
長ネギのスライスと、すりごまをトッピングしました。
 
 
東京は、午後からお天気が崩れるそうですね。
雨が降り出す前に洗濯物が乾くように、
今日は早めにお洗濯をしましたニコニコ
 
 
 
読んでいただいてありがとうございます。
みなさま今日もより良い一日でありますように。
 
 
ランキングに参加しています。
下のリンクをポチッと押していただけると励みになります。
 

にほんブログ村
 

おうちごはんランキング
 
 
 
 
 

AD

コメント(2)