昨日は夫の帰りが少し遅めだと聞いていたので、

いつもよりちょっとゆっくりめに夕食の支度をはじめたところに、夫から電話。

"ゴメン!急に飲み会になっちゃった"

 

あ、やっぱりそうなったか爆  笑

夕方から、別の事業所のメンバーと会議があると聞いていたので

会議終わりで、みんなで食事に行くんじゃないかなーとうっすら思っていたのですウインク

 

その時点で作っていたものを そのままいただくことにして、

あとの食材は冷蔵庫へUターン。

 

 

そんな昨日の晩ごはんは

 

鮭の中骨と小松菜の煮びたし

お豆腐ステーキ

納豆昆布のお味噌汁

あっさり目の和食となりました。

夫がいたら休肝日のところですが、ちょっとだけワインも飲んじゃおーっとウインク

 

五分づき米+押し麦+雑穀で、ご飯を炊く準備もしていたので、

ちょっと迷ったのですが、予定通り炊いて、ご飯も少しいただきました。

余ったご飯は冷凍保存です。

わが家は、お酒をいただくので、他の糖質をなるべく抑えようと

夕食ではあまり頻繁にお米を食べないのですが、

炊くときは、玄米を家庭用の精米機で精米して、土鍋で炊いています。

(精米機について書いた記事はこちら→ 

 

 

鮭の中骨と小松菜の煮びたし

常備菜として作っていた小松菜とお揚げの煮びたしに、

鮭の中骨缶を加えて軽く煮たものです。

 

最近購入した、トキノハさんの器を使ってみました。

 

昨日は鮭の塩焼にするつもりだったのですが、

ひとりごはんになったので、"2切れの鮭を1切れだけ焼くと半端になるな…"と

ちょっと葛藤がありまして(笑)、代わりに何か…と考えて

母からもらった鮭の中骨缶の存在を思い出したのです。

 

身と中骨が半々くらいの缶詰でした。

温めるのも兼ねて、煮汁も一緒に煮びたしと合わせて少し火を入れてから

七味を振っていただきました。

シンプルで簡単だけど、なかなか美味しかったです。

 

 

お豆腐ステーキ

揚げ出し豆腐にしようかと思って水切りしてあった絹ごし豆腐、

"やっばり焼いちゃお!"と、作り置きのガーリックバターでこんがり焼きました。

(ガーリックバターについて書いた記事はこちら→  )

 

 

納豆昆布のお味噌汁

納豆昆布は、函館の "がごめ昆布"という粘り気の強い昆布を細切りにした乾物で、

少量の水で戻してかき混ぜると、ねばねばが復活します。

 

私は水ではなく、お味噌汁に使うだし汁を少量取り分けて

少し冷ましたもので、昆布を戻しています。

とろろ昆布のようにお味噌汁に入れました。

 

 

夫はゴキゲンさんで帰ってきました。

"月曜日から飲むのは避けたかった"けれど(笑)

"どうしても断れない雰囲気になったので、仕方がなかったんだ!"そうです爆  笑

どう断れなかったかを細かく再現してくれるのですが、

別に怒ってないよーてへぺろ

楽しかったみたいでヨカッタヨカッタ。

 

思わぬひとり時間をいただき、

夕食後もテキストを読んだり、見たかった録画を見たりできて

ちょっとありがたかったんですニコニコ

 

私は、ひとりでのんびり(ダラダラ?)過ごすのも好きなので、

急に飲み会と言われても、特に腹は立たず、むしろウェルカムなことが多いです。

 

逆(飲み会の予定が中止になったから帰る)の方が ガッカリ感があるかなてへぺろ

二人でいるのも楽しいけど、たまには一人もいいものですよねニコニコ

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

みなさま今日もより良い一日でありますように。

 

 

ランキングに参加しています。

下のリンクをポチッと押していただけると励みになります。


にほんブログ村

 


おうちごはん ブログランキングへ