❤子育ての不安が楽しさに変わる❤

ママと子どものほっとサロン和く和くの近藤明枝です。

 

先日は「お団子づくり教室」をおこない、子どものおやつをテーマに話をしましたキラキラ

 

お月見に向けて、親子で楽しく三色団子づくり。

食紅と砂糖を使わないので、3歳以下のお子さんも安心して一緒に食べられます。

 

 

甘みは「オリゴ糖」を使いました。

砂糖と違い、腸に届くおなかに優しい食品で、まろやかな甘さになるのでオススメです。

 

白・赤・緑。とってもキレイな仕上がりでしょうキラキラ

 

白にはお豆腐、

赤にはトマトジュース(食塩無添加のストレートのもの)

緑には抹茶粉

を使っています。

赤と緑の作り方は、以前に地元スーパーの菊屋さんで教えていただきました♪

 

「豆腐やトマトジュース、何に使うのかと思ったら、お団子に使うんですね~!びっくり!」

という声があがりましたキラキラ

 

あんこも手作り(こちらはきび砂糖を使いました)で、甘さ控えめ。

あんこって実はとっても簡単にできます!!

そして小豆は日ごろの食卓にも取り入れたいデトックス作用の強い食材ですので、

ごはんに混ぜて炊いたり、かぼちゃと一緒に煮たりして砂糖なしの料理でも使っていきたいですね。

 

 

そしてお団子作りの楽しいところは、2~3歳のお子さんも一緒に楽しめることニコニコ


「ぼく、緑のをやりたい!」

と色も指定し(笑)、一緒に丸めてくれました。

 

丸めたお団子を沸騰したお湯で茹で、団子が浮いてしばらくしたら、氷水にとって冷やしてできあがり。

みんなで美味しくいただきました。

 

「トマトジュースで作ったお団子ってどんな味なんだろう??」

と皆さん、お味が気になりながら食べてみると・・・

 

案外トマトっぽさはなくて、最後にほんのり味がするかなぁ。

という感じで美味しい!とおっしゃってました。

 

 

今回は、「子どものおやつ」についてもお話を~。

なかなか日ごろ、手作りおやつを作らなくて・・・

という方も多かったのですが、

「それでいいんですよ!」

とお伝えしました。

 

むしろ、手作りだから安心・安全と思って、

手作りクッキーや手作りケーキなどをしょっちゅう作ってしまうと、

結局、砂糖と油を多用することになってしまうし、お母さんの手間も増えてしまいます。

そこに子どもの食べない野菜を混ぜたりする必要もない。

 

日ごろは、おにぎりやふかし芋などを中心に、

あくまでも「食事」の一部として手間のかからないおやつを用意することが大切。

おにぎりが用意できないときは、米と塩だけで作られた米せんべいや甘栗、

こういった、切り干し大根やじゃこなどもオススメです。

 

そして、手作りを子どもと一緒に、というのは、たまにのお楽しみでいい。


今回のようなお団子作りも、お月見のイベントや、

お休みの日のお楽しみとして、子どもと一緒に作ると子どもも喜びますねラブラブ


参加してくださった皆さんのご感想クローバー

 

あじさいお団子に豆腐とトマトジュースが意外でおどろきました。

  とっても簡単だったので、お月見の前にも娘と練習で作りたいと思います。

 

あじさいお菓子作りはあまりしないので、教えてもらえて良かったです。

  料理が苦手な私でも子どもと一緒に作れそうなので、ぜひやってみようと思います。

 

あじさい簡単に作れて、そろえる材料も少なく、ぜひ作ってみたいと思います。

  豆腐を使った団子は、たくさん作って、お味噌汁とかにも入れて、食べられるなと思いました。

 

あじさいやってみるまではハードルが高いと感じていたお団子作りも、

  とてもシンプルな行程だったので、子どもと楽しくできそうな気がしてきました!

 

 

皆さん、ありがとうございましたラブラブ

 

 

クローバー貴重な機会!オススメイベントクローバー

食べちゃいたいアロマな口紅づくり

日時 9月25日(月)13:30~15:30

場所 ママと子どものほっとサロン和く和く(和水町)

お申し込み、お問い合わせは手紙 wakuwaku.akie@gmail.com 

FBページでもスマホhttps://www.facebook.com/wakuwaku.akie/

 

↓ポチッと応援ありがとうございます。

にほんブログ村

AD