「孤独をたのしむ本」 | むすび屋の日記

むすび屋の日記

Office Tamanegi (オフィスたまねぎ) 
開運パートナーの広瀬まいです。
あなたを一番守ってくださっている神社をお調べします。


テーマ:

いま、イラストレーターの

田村セツコさんの本を読んでいます。

 

 

 

これが なかなか素敵で。

 

よくある前向きな本とはなんだか違っていて、

80歳を越えた田村さんの経験から出てくる言葉だから

なんだかグっとこころに響くのです。

 

 

家族がいてもいなくても、

孤独を感じない人はいない。

 

 

みんな、孤独を避けよう避けようと思っているけど

孤独も使いようで

孤独じゃないと、何かに甘えて迷惑かけちゃう感じがある。

「おかげさまで強くなれる」 と考えて

孤独をたのしんじゃいましょう。

そんなヒントがたくさん入っているお話です。

 


 

何でもかんでも前向きに考えましょう!

と仰っているわけではないところが素敵でした。

 

 

「 老いも孤独も受け入れて

 寂しい時は、【寂しい。】って言う」

 

「取り乱してやわらかく生きる」

 

「わからないことを大切にする」

 

「未完成をたのしむ」

 

「困った時は、脳が喜ぶ!」

 

「夢だったとがっかりするのも人生」

 

 

なんだか、「おぉ!なるほど!」 と思う言葉が

たくさん書かれています。

 

 

 

そんな田村さんの短い特集が

NHKで放送されました。

 

 

 

真っ赤なネイルに

かわいらしいお洋服。

頭にはおリボン。

 

かわいらしい

おばぁちゃまです。

 

 

ご著書のステキな言葉は

どこから来ているのかと思っていたのですが、

毎日、単語帳を首からぶら下げてお散歩をし、

気づいたことを、たくさん書き込んでいるとのこと。

 

 

 

それが丸い帽子の箱の中に

たくさん入っていて、

落ち込んだ時に、箱を開けて

一冊読むんですって。

 

そうすれば、たちまち元気が出てくる、というわけ。

 

 

 

インタビューでは

 

「  ひとりぼっちで寂しいとか、孤独感は

  なかなか手ごわいものだと思うけれども

  生きてる証拠ですから。」 

 

「 気分は波があるから

  いま、落ち込んでも大丈夫と言いたいの。」

 

「 モットーは

  今を生きる でしょうね。

  ・・・っていうのはね、

  先のこと考えても

  何が起こるかわからないんですもん。」

 

「 毎日、夜は眠って

 朝になったらラッキー。

 ハッピーバースデイ!」

 

 

 

「 子どものときから、

  おばぁさんは

  かっこいいなって思ってたんですね。

 

 おばあさんのシワの中には

 ありとあらゆる経験と情報が

 たたみ込まれているわけだから。

 

 だから、かっこいいですよ。」

 

 

 

落ち込んでもいいし、

寂しくてもいい、

でも、自分で元気になれる方法を見つけて

やりたいことを楽しんでいきましょうよ。

 

 

そんな優しいことを言える田村さんは

きっと、色んなことを乗り越えたんでしょうね。

 

私も、そんな素敵なおばぁちゃまを目指して

楽しみますニコ

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◆Office Tamanegi 
  (オフィスたまねぎ) の

 産土神社リサーチ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  あなたの開運の基本となる神社を 
  生年月日からお調べします。
  縁むすび、開運の土台づくりに最適です。

  あなたを生まれる前から死後までも
  ずっと守って下さっている神様がいらっしゃる神社です。


 産土神社リサーチ って何?
 お客様の声  お客様の声(ブログ)
 料金・特典
 お申込方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

waku-waku-lifeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス