即答で返事をするのをやめてみようと思います!


直前のエントリーでは「即答命!」とか書いてあるのに(笑)

別に意地悪をするとか、仕事をしないとかではなく

「即答」をさけてみよう!と思ったんです。


スピード重視の時代に「即答」しなければ

どんどん遅れてしまうような気がしていました。


効率化を求め、一人当たりの生産性を高めるためには

ドンドン決定して行かなければならないと思っていました。


だって会議も決まらなければまたやるようですし、

即答でなくたって「答え」でなければ会話もおわりません。

とにかく決めないと時間がかかるわけです。


決断しないことで良いことなど一つもない!

と思っておりました。


が!!!

そうじゃない!


即答しないと会議等の時間は長引きますが、

即答しないと会話の時間が増えてお互いが

共通の意識を持つことが出来る。

相手の意見を否定しない(賛成もしていないが)

すると相手が考える(同じ立場になって考える・・・かも)

結局「話がはやい」(笑)



即答しなければ、仕事が溜まってしまいます。

決まらなければまた再度決める時間を作らなければなりません。

常に頭の隅に置かなければならず、気が気ではありません。

実は楽するために「即答」してませんか?


私一人で決めても社員は誰も気がついてくれません。

一度説明したくらいで社員は動いてくれません。

私は直感力というものを信じていますが、

直感では社員は共感しにくいかもしれません。


ほら!即答しない方がいいでしょ?


が!!!

即答しないだけで

それ以上恩恵が!!


即答せずに「う~ん・・・。」と聞いて考えていると

相手は必ず考えます。

「俺の意見が通じてない?俺の意見は違うのか?

なにか、もっと素晴らしい案をもっているのか?」

と勝手に勘ぐってくれます。なにも持っていなくても(笑)


話をしている時間は長いが

話が早いのはお互いが共有できる時間を

つくってあげているからです。


多くの人に手伝って仕事をするためには

たとえ答えを知っていても、分かっていても

即答せず、自ら答えだせるように促して
こそ共通認識が生まれプロジェクトが進んで

行くのです!


たぶん(笑)


ということで即答しないで

「う~ん・・・」と考えているふりをしていても

「あ!ふりしている!」と指を刺さないでね(笑)


ではでは。


即答するバカ (新潮新書)/新潮社
¥735
Amazon.co.jp

即答命は命。

それは自分自身と話をするときね!