奨学金問題は視点が間違っている | 天下の御意見番

天下の御意見番

写真、テレビ・ラジオ、カラオケ、大相撲、プロ野球、グルメ、旅、アイドル、人生は楽し


テーマ:
奨学金を借りたのに返せず破産する者がふえて問題になっていますね。
無利子にしろなど奨学金制度についていろいろ言われていますが、問題はそこではない、ちゃんとした所へ就職できず返すだけの収入を得ていないことが問題なのです。

拙者は大学の学費をアルバイトと日本育英会から借りた奨学金で払いました。借りたお金は10年かかって返しましたよ。

正社員に就職し、税込年収240万円以上なら返済は可能なはず。しかしアルバイトや契約社員で120万円くらいでは苦しい。ここに問題があるのです。

一時、1億総中流と言われて豊かな時代があったのに、自民党が「契約社員」などという制度を採り入れたため、悪乗りした企業が正社員と同じ仕事を半分の賃金でやらせることにしたのが悪循環の始まり。
これにより若者らかなりの労働者が貧しくなり、家を持つことや結婚・出産をあきらめて、不景気・経済成長なし・ゼロ金利を招いたのです。
一方、喜んだのは内部留保をふやした企業だけ。これでは日本は良くなりません。


恐縮ですが↓応援のバナークリックをお願い申し上げます
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ふらたさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス