シャキシャキ?ホクホク? | 活貝・四季料理「和金」- 岡山市北区田町の貝専門創作料理屋

活貝・四季料理「和金」- 岡山市北区田町の貝専門創作料理屋

岡山市北区田町の活貝・四季料理「和金」- 貝を主体とした和のおもてなし
食材や和食に合うお酒、イベントなど、様々な情報を発信してまいります。


テーマ:

こんにちは!
ホールスタッフのしいなです。

今日のブログは、先日お客様からお聞きした
へぇ〜!となったお話です🌟

みなさん、れんこんがどのような状態で泥から収穫されるかご存知ですか?


収穫されたれんこんは、3や5など節が繋がっています
繋がっている理由は、1つの節が傷ついても他が生き残れるから、だそうです!

この繋がった節は地下茎に近い方から
デンプンを多く含んでいて、
そのデンプンの量で節によって味が違うそうです!
繋がって収穫されることは知っていましたが、節で味が違うのは初耳でした✨

茎に近いデンプンを多く含む節は形は細長く、
ホクホクもちもちの食感になり、
れんこんステーキなどでしっかり食感を楽しむ調理法があうそうです
逆に茎から遠い新しく育った節は丸くて小さく、
デンプンよりも繊維が多いためシャキシャキで、
おひたしなどで食感のアクセントに使えるそうです♬

みなさんのお好みはホクホクでしょうか?
シャキシャキでしょうか?
見た目でも判断できるようなので、
お料理によって使い分けてみてくださいね(*^◯^*)
本日はれんこんの「へぇ〜」をお届けしました!

しいな

086-232-6577

wakinさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス