ベネズエラは数年前からアメリカによる経済制裁で異常なインフレや物資・食料品不足に苦しんでいて、ずっと気になっていました。第二次世界大戦前の日本もアメリカの経済制裁で困窮し、追い詰められていたことを考えると、とても他人事とは思えません。

 

現在のベネズエラ大統領、 ニコラス・マドゥロ氏は昨年の選挙でベネズエラの国民からの支持を得て当選して現在の地位を維持していた合法的に正当な指導者のはずですが、メディアからは「独裁者」だのいつも通りの「悪魔化」された表現が目立つようです。

 

西側はそれでもずっと不正だなんだといちゃもんをつけていたようですが、自分たちが不正選挙をしているからよそもそうだと思うのか、チャベスの後継者で外から操作することができないのが嫌で不当に批判していたのか。。。

 

 
ベネズエラ大統領選、現職が再選 米欧は制裁強化も

2018年5月21日【日本経済】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3074774021052018000000/

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

ロシアの傭兵がベネズエラに送られたという噂をロシア政府が否定

The Kremlin Denies Sending Russian Mercenaries to Venezuela

1月29日【Moscow Times】

 

先週、「ロシア政府からの機密任務を受けた400人のロシア傭兵がマドゥロ氏の支援目的で送り込まれた」とロイターが報道したところから始まり、そこからBBCやCNNなど多くのメディアが報道していたようです。

 

しかしロシアの大統領報道官、ドミトリー・ペスコフ氏や、在ベネズエラのロシア大使ははっきりとこの「容疑」を否定しています。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

 

「アメリカはベネズエラのクーデターの背後にいるだけではなく、主導している」:ベネズエラの外務大臣がRTのインタビューに答える
‘US not just behind Venezuelan coup, it’s leading it’ – Foreign Minister to RT
1月28日【RT】

https://www.rt.com/news/449947-venezuelan-fm-us-coup/

 

 

諸外国からの圧力に対する外務大臣のコメント:「まず最初に、最高レベルの干渉主義ですよね。二番に傲慢な態度で、三番目には人工的です」

 

今後について:「国が革命の方向、左派的政策、前進への道を進むか、またはネオリベラリズムと帝国主義の道を進むか、ベネズエラの市民こそが自由に決断することができます」

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

 

ベネズエラと開戦?「コロンビアへ5000人の兵士を(“5,000 Troops to Colombia”)」と書かれたボルトンのメモ
War With Venezuela? “5,000 Troops to Colombia” Seen on Bolton’s Notepad

1月28日【AntiMedia】

 

トランプ政権の国家安全保障問題担当大統領補佐官であるボルトンが手にしていたメモに、「コロンビアへ5000人の兵士を(“5,000 Troops to Colombia”)」とい書かれていた件で大騒ぎになっています。

 

でもよほどのオバカでない限り人目のある公の場所に、こんなことが書かれたメモを見せて歩いたり・・・するものなんでしょうかね?

 

 

 

彼の顔を見ていると、やっぱりうっかりだったかなという感じがしないでもないですが。。。(笑)

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

「ビジネスに好影響」トランプの補佐官、ボルトン:アメリカがベネズエラの「石油利権」に関心を持っていることを認める

 

‘Good for business’: Trump adviser Bolton admits US interest in Venezuela’s ‘oil capabilities’

1月29日【RT】https://www.rt.com/usa/449982-john-bolton-oil-venezuela/

 

FOXでのインタビューに答えるボルトン氏の発言回答:

 

「私たちは現在、アメリカの大企業群と話し合っているところです・・・

 

アメリカの企業がベネズエラの石油を産出することができたら、大きな違いを生むことができるでしょう。

 

これはベネズエラ、そしてアメリカの国民にとってよいことでしょう」

 

 

個人的にはそうすることでベネズエラにとって本当に得なのか、主権国家としてのベネズエラに国内の石油産出に関する決定権はないのか気になるところです。

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

ベネズエラ国営石油会社ペトロレオスPDVSA) に対する経済制裁を発表した米国

US announces sanctions against Venezuela's state oil company PDVSA

1月29日【RSS】

 

経済制裁として、70億ドル (約7600億円) の資産凍結も含まれるそうです。

 

すごいジャイアン理論ですね!

 

 

ジャイアン理論とは:その根本は、「横取りジャイアンをこらしめよう」においてジャイアン本人が発した「おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの」という言葉に由来している。

 

自らの所有物(占有物)については当然に自分の所有権を主張しつつ、他者の所有物に対してさえも全く法的な根拠なしにその他者の所有権を否定し、所有権が自分に属することを暴力的に主張するという、極端に利己主義、独占主義的な思想を指す。(ウィキ

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

カラー革命(色の革命):

 

色の革命、カラー革命(Color revolution)とは、2000年ごろから、中・東欧や中央アジアの旧共産圏諸国で起こった一連のアメリカ(CIA)主導の政権交代を総体的に指す。色の革命では、その象徴として色や花が当てはめられた。(ウィキ

 

 

 

 

「石油を求めるアメリカの『地質学者』」

 

 

・・・そういうことですね。