マンチェスターの「テロ攻撃」関連ニュースまとめ | 世界の裏側ニュース

世界の裏側ニュース

日本であまり報道されていなさそうなニュースで、おもしろい視点の英語の記事を翻訳した記事がメインです。

いろいろな情報がありますので、判断はご自由にどうぞ (・∀・)


テーマ:

先日、イギリス北部のマンチェスターのコンサート会場でテロ行為が起き、イギリス国内はまた雰囲気が悪くなっています。

 

こういう事件が起きるたびに、「国内から外国人を追い出せ!」という論調が強くなるのが通例ですが、未だにそんなメンタリティの人が多いことにもびっくりです。イギリスで特に敵視されているのはイスラム系と「イギリス人の雇用を奪っている」とされるEUの東欧出身の人のようですが、同じ外国人として住んでいる私にも不愉快でたまりません。

 

また今回の事件の犯人も、欧州大陸側で連発している偽旗の可能性の高いテロ攻撃と同様、自国内で生まれた外国系の犯行とされているので、簡単に「外国人」とは言えないとも思いますが・・・また、犯人がどう見てもそれほどイスラム教に熱心なタイプに見えない、隠れて酒でも飲んでいそうな外見であるという点もその他の欧州のテロ攻撃と共通しています。

 

問題はテロリストであり、そのテロ行為の原因となったイギリスによる外国への武力侵攻、支援でしょう。先日のテリーザ・メイのミームにある通り、本当の脅威はその「テロ行為」の原因を作り出した政権だと思いますが。

 

思い出した順番に、この事件の関連ニュースをまとめました。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

★事件が起きた5月22日は、テロの日?

 

2013年の5月22日には、ロンドンの市街地で「テロリスト」が通行人の首を切断するというショッキングな事件がありました。

 

その4年後のまったく同じ日、しかも彼らの大好きな数字11、22に関係した日に「テロ行為」が起きたのは、単なる偶然でしょうか。

 

 

★6月8日の総選挙の直前に起きた

 

イギリスは総選挙を目前に控え、異常なまでの大盛り上がりです。

保守党にとってかなり不利な情報が多く、ジェレミー・コービン率いる労働党が目覚ましい大躍進をする中、今回の事件は保守党にとってさらに不利に働きました。

 

 

陸軍兵士 20,000人削減

海軍兵士 5,000人削減

空軍兵士 5,000人削減

警察官   25,000人削減

 

・・・私自身が脅威です。

 

 

個人的には兵士の削減には問題はまったくありませんが、警察官の削減で警察署内はかなり大変なようです。

 

テロリスト以外にも問題行動の多いイギリス人も多く、犯罪行為は多いままで警察官を削減されているため、かなりしわ寄せが集まっていると地元の警察官はぼやいていました。

 

 

★結果、マンチェスターの路上に特殊兵士などが配置される

 

保守党政権の予算削減のため、路上に出すのは兵士だけで十分だろうと警察

We only need soldiers on the streets because of Tory cuts, say Police Federation

5月24日http://www.mirror.co.uk/news/politics/only-need-soldiers-streets-because-10493131

 

 

保守党は警察も完全に敵に回してしまったようで、組織としての警察もやる気なしですね。

 

マンチェスターのテロ攻撃の取締にSAS(イギリスの先鋭特殊部隊)が駆り出され、路上で活動

Troops on the streets as SAS join police raids after Manchester terror attack

5月25日https://www.thetimes.co.uk/article/troops-on-the-streets-as-sas-join-police-raids-l0vttqgkn

 

 

 

 

以前のロンドンテロの後にも、イギリスの市街地の防衛のためにSASを民間エリアに配置しようという動きがありましたが。

 

2017年3月27日http://www.birminghammail.co.uk/news/midlands-news/sas-troops-to-deployed-city-12799089

 

 

マンチェスターの事件の後には再発を防止するために、最高で5,000人の兵士が路上に配置されています。

Soldiers deployed on streets in race to foil second terror attack after threat level raised to 'critical'

5月24日http://www.telegraph.co.uk/news/2017/05/23/theresa-may-increases-uk-terrorist-alert-critical-manchester/

 

 

権威筋のことを疑いもなく信じている人には「路上に私たちの兵士がいて安心だ」などと考えるのでしょうが、私はその兵士の方が怖いですね。

 

一度供を連れて、フランス大使館前の明らかに重装備の警備員(ライフルなどが丸見え)の前を歩いたことがありますが、彼らやライフルにゾッとしました。

 

警察官の数は削減されているものの、これもまた「警察国家化」を促す要因となっています。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

でも施政者たちがどれだけ「テロ対策」をしようとも、テロ攻撃は増加の一途を辿っています。

 

世界でのテロ攻撃の件数

 

表(左から右へ)

年、テロ攻撃の件数、死亡者数

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

★(テロが本物だったとして)テロが起きる本当の理由

 

テロ攻撃が本物だったとして、その原因は外国の主権を無視して武力行使しているイギリス政府の行動が一番でしょう。外国に敵を作り、自国を攻撃させる言い訳を与えているようなものです。

 

労働党ジェレミー・コービン氏(2003年)

 

「(イラク侵攻によって)憎悪や悲劇、必死さからの紛争がスパイラル状に始まるでしょう。

 

そしてそれが未来の世代の戦争や紛争、テロ行為、不況(うつ)を招くことになります」

 

 

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

★犠牲者の写真がでたらめばかり

 

 

 

 

http://m.nzherald.co.nz/world/news/article.cfm?c_id=2&objectid=11862006

 

 

この写真がマンチェスターのテロ攻撃による「行方不明者」一覧の写真として使用されていたようですが、オーストラリア人の女性はこの写真は自分の娘の写真で本人はオーストラリアでピンピンしている、と主張していることがニュージーランドの新聞に報道されていました。

 

またエジプトのカイロ在住で抗がん剤治療中の男性の写真も、「犠牲者」の一人として使用されていたとか。

https://www.thesun.co.uk/news/3627084/cairo-man-twitter-trolls-photo-missing-manchester-terror-attack-victim/

 

 

テロ攻撃直後に行方不明者一覧として出回っていた写真がこちらです。

 

この集合写真の真偽はわかりませんが、その他7人「この写真の人が行方不明になっています!どうかお願いですから見つけるのを手伝ってください!」と出回っていた写真は完全なデマだったという情報がニュースで報道されていました。

 

詳しくは下記のリンクからご覧いただけます。

 

 

 

https://www.thesun.co.uk/news/3631792/six-manchester-attack-pictures-circulating-on-social-media-that-are-fake-as-twitter-users-rush-to-share-information-in-wake-of-suicide-bombing/

 

 

★おまけ

 

アメリカの偽旗作戦では、同じクライシスアクターが使いまわされているようですが、この一部で有名な女性↓をネタにしたミームをいくつか。

 

 

 

 

アメリカの月面着陸も、トランプ大統領もある意味で「偽旗作戦」のような面がありますからね(;^ω^)

 

 

 

 

 

 

これはトランプ大統領のあの有名な「余計な一言」がモチーフになっているようですね(笑)

 

 

 

 

 

ココヘッドさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス