涙には感情の記憶が刻まれている・涙を顕微鏡で観察したら? | 世界の裏側ニュース

世界の裏側ニュース

日本であまり報道されていなさそうなニュースで、おもしろい視点の英語の記事を翻訳した記事がメインです。

いろいろな情報がありますので、判断はご自由にどうぞ (・∀・)


テーマ:
涙を顕微鏡で見ることで驚愕の事実が判明
Looking At Tears Under A Microscope Reveals A Shocking Fact.
【Lifebuzz】http://www.lifebuzz.com/tears/ より翻訳



ローズ=リン・フィッシャーさんはある日、悲しみから出る涙と、喜びから出る涙で違いがあるものかふと気になり、涙を顕微鏡で観察し始めました。

そして彼女が100種類の異なる涙を観察したところ、基礎分泌の涙(目が乾燥しないように体が生成する涙)と、玉ねぎを切った時に出る涙では劇的な違いがあることが判明したのです。


笑いすぎで流れる涙は、悲しみから出る涙とはまったく別物のように見えます。海水の一滴のように、涙の一粒には人間が経験したことの小宇宙が含まれているのです。彼女のプロジェクトは、「涙の地政学(The Topography of Tears)」と呼ばれています。


スミソニアン美術科学大学(Smithsonian’s Collage of Arts and Sciences)のジョセフ・ストムバーグ氏は、涙には基礎分泌の涙反射の涙(訳注:玉ねぎを切ったり、目にゴミが入ったときの涙)、そして情動の涙(感情から出るもの)と大まかに3種類あると説明しています。あらゆる涙には油脂や抗体、酵素などの有機物質が、塩水の中に浮遊した状態で存在しており、異なる種類の涙にはそれぞれ独自の微粒子が含まれています。

感情から流れる涙には、ストレスを感じた際に放出され、自然の痛み止め効果のある神経伝達物質のロイシン-エンケファリンなどのたんぱく質ベースのホルモンが含まれています。さらに顕微鏡で見る涙には結晶化された塩が含まれ、これも異なる形状をしていることも。




写真はすべて、Rose-Lynn Fisheさんのものです。

目が乾燥しないように自然に分泌されている涙





変化に伴う涙


瞬間的な上機嫌の際に流れる涙(歓喜の涙?)







事の始まりと終わりに流す涙





涙が出るまで笑いすぎた時の涙








玉ねぎを切る時に流れる涙











感情から出る涙には同じ化学的成分が含まれていますが、それでもかなり異なって見えることもあります。






可能性や希望を感じた時の涙









気運の方向性が変わった時の涙













思い出し泣きした時の涙









深い悲しみによる涙










時間を越えた再開を果たした時の涙















開放感から流れる涙





上記のフィッシャーさん曰く、
「化学的構造や粘性、(涙が流れた)背景、蒸発率や顕微鏡のセッティングなど、涙からは非常に多くの変形バージョンを見ることができます」とのこと。


雪の結晶や指紋と同様、涙にもまったく同じものは存在していませんが、これほどまでの違いがあるなんて信じがたいものです。







(翻訳終了)


****

【コメント】


江本勝氏は海外でも一部でかなり有名のようですが、彼の「水からの伝言」のことを思い出しました。


しかし、こんなおもしろいことを思いつかれる方もいらっしゃるんですね!素晴らしい(*^。^*)











人が泣くのは、弱いからではない。

人が泣くのは、あまりにも長い間、強くいすぎたからなんだよ。



ジョニー・デップ





GIWOX 2in1 顕微鏡ポート小型顕微鏡 usb接続
高解像度 顕微鏡デジタルマイクロスコープ
防水内視鏡 小型 高倍率10-200倍  
スマホAndroid端末 PCでも対応





ココヘッドさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。