わかぞー&わかこのブログ

わかぞー&わかこのブログ

2013年に結婚し、現在松戸市在住のわかぞーとわかこのブログです。
何気ない出来事を綴っていきます。

Amebaでブログを始めよう!

バド・ビリケン・パレードを見た後、科学産業博物館に行きました。

(バド・ビリケン・パレード編はこちら→

 

●科学産業博物館

科学産業博物館は、1933年の開館以来、総計1800万もの来館者を数える、シカゴで最も人気のある観光ポイントです。

 

総床積約3万7200㎡の展示フロアには、約3万5000点の展示品が並びます。

やはり、アメリカの博物館は規模が違って見ごたえ満載です。

 

●グレート・トレイン・ストーリー

ここでは、シカゴからシアトルまで約2200マイルの鉄道の旅が再現されています。

 

この精巧な模型は、40人の方が12か月かけて作成したんだとか。

 

入口には、実際に走っていた列車が展示されています。

中に入って列車内を見学することも可能です。

 

上部には、ユナイテッド航空のボーイング727型機が展示されています。

機内には、シートに座りながら、飛行についての科学的な原理が学べるようになっています。

 

こちらは、ライト兄弟のフライヤー(模型)です。

1903年に飛行を成功させたライト兄弟の歴史的な飛行機の実物大をみることができ、とてもうれしかったです。

 

 

●ひよこのふ化

ここでは、生命誕生の感動的な瞬間を目の当たりにできます。

この今にも出てきそうな卵のう化を待つことにしました。

しばらくすると・・・

 

卵の殻を破ってひよこが誕生しました!

この瞬間は結構感動的でした!

 

卵のケースの横には、う化したひよこがたくさんいました。

ひよこって結構かわいいですね。

 

 

●科学のあらし

ここは、竜巻、津波、なだれといった自然現象を再現する必見のコーナーです。

 

加速度的に勢力を増す竜巻を起こす装置です。

自然界が造り出すパワーを目の前で体験できました。

 

 

●You ! The experience

ここは、人間の心と体を探求するための、50以上の体験型展示が揃うコーナーです。

中でもユニークなのが、この人体の輪切り。これは献体に同意し自然した男女の遺体を凍らせてカットしたものなんだとか。

 

 

●ヘンリー・クラウン宇宙センター

ここでは、アメリカの宇宙探検の成果と歴史が紹介されています。

 

これは、月の軌道に初めて乗ったアポロ8号司令船Appollo 8 Spacecraftの実物です。

周りの痛み等を見ると本物なんだなーと実感させられます。

(あのお菓子のアポロと本当にそっくりの形だなとも同時に思ってしまいました。)

 

こちらがアポロ17号が持ち帰った月の石です。

こういうのを見ると宇宙にはロマンがあるなぁと思いました。

 

記念に一枚記念撮影しておきましたw

 

 

●ドイツ潜水艦U-505号

こちらは1944ン円6月4日に拿捕されたドイツの主力潜水艦です。

重量は約1000トンもあり、とても巨大です!

潜水艦の内部を見学するツアーも行われていますが、人気があるため、参加される方は早めに訪れた方が良いと思います。

 

 

シカゴでの人気観光地ということもあり、大変楽しむことができました。

科学産業博物館を楽しんだ後、銀座ホリデーに向かいました。

銀座ホリデー編へ続く。