東山VS龍谷大平安 ~春季京都府高等学校野球大会2次戦準々決勝~ | arawashi高校野球

arawashi高校野球

私の地元・京都を中心に近畿地区の高校野球観戦レポ、その他諸々アップしていきます。


テーマ:

小山、日柴喜、高橋-大杉 (小寺-田島

【本塁打】 大杉) 【二塁打】 大杉、井澤) 松本、安井

 

 

 

 

東山スタメン

 

 

小山 湧平(3年)

 

 

 

 

 

龍谷大平安スタメン

 

 

小寺 智也(3年)

 

 

:昨秋の2次戦2回戦でも当たっている両校、その時は7回コールドの7対0で龍谷大平安東山を破っており、それ以来の対戦

 

 

東山1回表の攻撃

 

 

2死から3番・長谷川もセカンドゴロで三者凡退、龍谷大平安・小寺投手は順調な立ち上がり

 

 

龍谷大平安1回裏の攻撃

1死から2番・安井がライト線へのヒットで出塁すると

 

 

3番・松本がレフト線へタイムリー二塁打を放ってあっさり先制点、

龍谷大平安対0東山

 

 

東山2回表の攻撃

1死から5番・大杉がレフトオーバー二塁打を放ち

 

続く6番・鈴木の空振り三振で2死2塁となった後

 

7番・湊が死球を受けて2死1,2塁と変わったところで

 

 

8番・井澤が左中間へタイムリー二塁打を放って同点、

東山対1龍谷大平安

さらに2死2,3塁から

 

 

9番・小山がライトオーバーの2点タイムリー三塁打を放って逆転に成功、

東山対1龍谷大平安

 

 

東山3回表の攻撃

この回先頭の2番・井上が空振り三振

 

 

続く3番・長谷川も空振り三振で2死

 

 

さらに4番・萩原も空振り三振、2回表最後の打者の1番・岩田から4連続三振

 

 

龍谷大平安3回裏の攻撃

1死から2番・安井がレフトフェンス直撃の二塁打を放ち

 

続く3番・松本のライト犠牲フライで2死3塁として、

高校通算51本塁打の4番・松田という場面でしたが、空振り三振で無得点

 

 

龍谷大平安4回裏の攻撃

この回先頭の5番・田島がレフト前ヒットで出塁し

 

続く6番・森川の打席で1走・田島がすかさず盗塁を決めて無死2塁となり

 

森川は送りバントを決めて1死3塁となって

 

 

7番・馬場がセンター前へタイムリーヒットを放って

東山3対龍谷大平安

と1点差に詰める

 

 

東山は5回表にも3者連続三振を奪われる

 

 

東山は5回裏の守りから投手交代

日柴喜 風人(3年)

 

 

龍谷大平安6回裏の攻撃

 

1死から7番・馬場がセンター前に落とすヒットで出塁

 

 

 

続く8番・小寺は泳がされながらもショートへの内野安打で1死1,2塁となって

 

 

9番の代打・前田のライト前へのテキサスヒット(代走・粂)で1死満塁と絶好の同点&勝ち越し機を迎えますが

 

1番・南は外に落とされ空振り三振で2死満塁と変わり

 

 

 

2番・安井は右中間へのフライで3アウト、絶好機にあと一本が出ず

 

 

龍谷大平安は7回裏も3四死球を得て2死満塁としますが

8番・小寺が空振り三振に倒れて無得点、東山・日柴喜投手がここ一番で踏ん張る

 

 

東山は8回裏の守りから昨秋のエース・高橋が3人目の投手として登板、2死から2番・安井にピッチャー強襲ヒットを浴びるも後続を断つ

高橋 健太郎(3年)

 

 

東山9回表の攻撃

1死から5番・大杉が豪快にレフトオーバーのソロホームランを叩き込んで

東山対2龍谷大平安

雰囲気的にもとどめの一発

 

 

龍谷大平安9回裏の攻撃

この回先頭の4番・松田は空振り三振で1死

 

 

 

続く5番・田島は浅いセンターフライで2死

 

 

最後は途中出場の6番・佐野がショートゴロに倒れて試合終了。

東山が3人の継投も嵌って昨秋の雪辱を果たし準決勝進出。

龍谷大平安はエースに返り咲いた小寺投手が威力あるストレートとスライダー主体に13三振を奪う力投を見せましたが、攻撃では再三の好機にあと一打が出ず、不用意な失投で奪われた2回の失点が最後まで響きました。

昨秋のエースでMAX148キロの島田投手と共に今夏に期待したいと思います。

東山は大杉捕手が攻守にわたって大活躍、勝利への執着心でも龍谷大平安を上回っているように感じました。

準決勝の相手は福知山成美戦でセンバツ出場校の貫禄を見せた乙訓、非常に楽しみなカードとなりました。

 

arawashiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス