若尾きみえのオフィシャル日記

若尾きみえのオフィシャル日記

楽しく、元気でいたい!日々の実感伝えます。


テーマ:

自分にそっくりな人に出会ったことはありますか?

 

自分としてはそっくりさんに出会ったことはないと思っていますが、

 

初対面の人にあなたにそっくりな知り合いがいるんだけど。

 

そんな風に言われたことが何度かあります。

 

そして、先日も、会って間もない方に、

 

「あなたと会えてうれしい。若尾さんは岡山出身なんですよね。

以前、岡山出身の知り合いの女性が、こっちの方にいたんだけど、

その人、もう岡山に戻って、仕事をしているんだけど。

その女性によく似ているんで。」と喜んでくださっている。

 

「岡山の人はあなたのような顔をしている人が多いの?」

とも言われたりして。

ふーん。

そんなに似た方がいらしたのかな。

お会いしてみたかったな、なんて思いました。

 

そうそう、以前こんなことがあったな。

 

お花屋さんのおじさんに、言われたことを思い出す。

 

おじさんは、なんだか上機嫌な、テンションが高い感じで話し始めた。

 

「先日ね、お花の配達に三鷹のマンションに行ったら、残念ながら、不在でね。

困ったな。どうしようかと思っていたら、若尾さんに似た女性が

声をかけてくれて、配達先の人、知っている、すぐお隣の方だから、

私がお花を預かって渡しておきますよと言ってくれたんだよ。」

「え、私にそんなに似た人がいたんですか。」

「似てた似てた。びっくりしたよ。」

「へー。そんなんだ。どんな感じなのか、会ってみたいな。

でも良かった。その人、親切な人で。」

「いや、ほんと、助かったよ。」

みたいなことを話して、

それから私は、小さな花束を作ってくれるように

おじさんにお願いしたんだけど、

花束を作ってくれたおじさんは、

「今日はお代はいいよ。若尾さんに似た人が、親切にしてくれたから。

でも、本当に若尾さんによく似ていたなあ。」

 

みたいなことを言って、結局、お代は本当に受け取らなかった。

 

私は、「本当にいいんですか。ありがとうございます。」

とお礼を言って帰ってきたことを思い出しますが。

 

それにしても、

私もうれしかったです。

花屋のおじちゃまに結果的に花束をプレゼントしてもらったこと自体

とてもうれしかったのですが、

自分に似た人が親切でいいことをして、親切にされた人は大喜びで、

その余波が私にもやって来た。

まるで私がいいことしたみたいに、おじさんは喜んでくださった。

良かったって思いました。

 

もし、自分に似た人がいて、その人が態度が不親切だったり、印象が

悪かったりして、「あなたにそっくりな人がいて、ひどかったよ。」

なんて言われたら、とても悲しいですから。

 

私に似ていた人が、親切な人で、良かった。ありがたいなって思いました。

 

今回お会いした方も、岡山出身の知り合いの女性と、私がよく似ていることを

とても喜んでいて、親しみを持ってくださった。

 

良かった。その人も素敵な方で。

 

お会いしたことないけど、私に似たその方に、感謝、感謝です。

 

 

 


テーマ:

ときどき夢中になるドラマが出現しますが、

今回、私の心を捉えてきゅーんとさせた

テレビドラマがある。

それは、NHKの「アシガール」だ。

戦国時代を舞台にしたラブロマンスで、

原作は森本梢子の漫画を実写化したもの。

 

昨年の9月から12月にかけて放送された番組が好評だったことから、

2月に連日再放送となったそう。

 

最初はなんだ、「足ガール」だなんてギャグでみたいなタイトルで、

戦国時代にタイムスリップするなんて、

ちょっとおかしなコメディなのかなと、軽いのりで気分転換にと思って見始めたのですが、

これにどんどん引き込まれてしまった。

 

役者黒島結菜が演じる唯のコメディー性と、イケメン俳優の健太郎が演じる若君のやりとりが、

とてもういういしくて、見ていて楽しかった。

黒島結菜のフレッシュな雰囲気と、健太郎の持つ俳優としての雰囲気もドラマの魅力を高めているのだろう。

 

接点のない現代人の唯が若君に出会って、一目惚れし、若君を守ると決意してから、

どんどん、二人の関係性が接近し、発展していくところが絶妙でおもしろい。

 

見ているうちに、コメディーであり、あり得ない設定なのだが、戦国時代でいつ敵に攻められるかわからない。

いつ戦で命を落とすのかもわからない時代に入り込んだ主人公 唯が本当に若君をうまく守れるのか、

妙にリアリティーを感じて、うるうるきたり、はらはらしたり。

 

恋に落ちていく二人の無事を祈らないではいられない。

 

唯を戦国時代に送り出す唯のお父さん、お母さん、弟が過ごしている平和な現代の暮らしと、

戦国時代の戦の場面のギャップが、強いメッセージを放っている。

 

戦国時代とは、戦で死ぬことが日常の時代、戦さえなければ、若君も家臣も無事だし、

若君が大好きな主人公 唯もハッピーで、戦国時代の時間を無事で過ごせる。

 

ういういしくて、切なくて、きゅーんとなる「足ガール」ははいろいろな世代の人たちに楽しんでもらいたいドラマだ。

 

DVDも販売されるようですね。

 

このドラマを見てつくづく思う。

 

戦のない世の中の今の時代にやっぱり感謝しないではいられない。

 

「アシガール」の続編もあるようで楽しみだ!

 

 

 

 

 

 


テーマ:

マントラがおもしろい。そして、すごい!

この頃、ガヤリーマントラの音楽にはまってしまった私。

 

育った環境から、子どもの頃から、仏教とお経は私にとって、とても身近な存在でした。

しかし、インドで生まれたサンスクリット語のマントラは唱えたことも、意識して聴いたこともありませんでした。

 

マントラとは、サンスクリット語で「文字」や「言葉」を表すそうで、それが転じて真言(真理を表す秘密の言葉)になったそうです。

 

テレビ番組で知った細野晴臣の音楽とマントラ

 

マントラって何?って意識し始めたのは、ある番組を見たのがきっかけです。

またま見た「オー!!マイ神様!!」というテレビ番組。

 

その時のゲストは、Yahooを「ヤホー」と読み間違える漫才で人気のお笑いコンビ・ナイツの塙宣之でした。

塙(はなわ)さんは、マイ神様は細野晴臣さん。

「ヤホー漫才」誕生は細野さんのおかげと言います。

 

細野晴臣さんと言えば、私も高校時代さんざんはまって聞いたイエロ・ーマジック・オーケストラ、YMOのメンバー。

 

なぜ、漫才と音楽が関係あるのか。

ナイツの二人は、自分たちが演じる漫才がおもしろくない、心地よくないと感じ、悩みながら、演じていたそうです。

そして、よりよい漫才をめざし、

さまざまな漫才に挑戦したものの「全然ダメ」。

悩んだ塙さんは「漫才も音楽」と考え、自分が気持ちいいテンポの漫才をつくると決意したそうです。

それが、テクノポップのテンポのように、一定のリズムでボケ続ける「ヤホー漫才」をつくり出すことになったというのです。

 

ナイツの漫才は、平均6.5秒間隔でボケ続け、だんだん脳が気持ちよくなる漫才と言われており、確かに聞いていると、リズミカルで心地良いおもしろさがあります。

 

塙さんは、細野の音楽の魅力に子どもの頃からはまっていたそうです。そのひとつが、『インソムニア』という曲。

塙さんは、中学生の時にYMOのCDを買ってずっと聞いていたら、はまってしまって眠れなくなったそうです。

それにしても、大好きで聞いてきた天才音楽家、細野晴臣の音楽から、自らの漫才の方向性を見いだした塙さんは、すごいなって思います。

 

細野晴臣もマントラに注目し自らの音楽に活かしていた

 

細野晴臣の音楽の魅力には、計算されつくした中毒性。ループ、規則的なメロディに変化を加えるなどし、ズレから快楽性という要素があると言われているようですが、確かに聞いてみると、はまるのもわかるなと思いました。

 

事実、私も高校生の時、中毒みたいに聞いてしまう音楽がYMOでした。なんか聞きたくなっちゃうんですよね。

 

そして、その細野晴臣さんがその『インソムニア』という曲をつくるヒントとしてのが、マントラだそうです。

なるほど。

 

そこで、このマントラとは何か、マントラの音楽ってどんな音楽なのかとネット検索してみたら、ありました、ありました。

 

ストレスがたまって疲れ果てた時に、このガヤリーマントラを試しに聞いてみたら、心地よさにこてっと気を失うほどの、深い眠りに落ちってしまった私。

なんかとても心地よいのです。

 

ガヤリーマントラの音楽の魅力

塙さんがはまった『インソムニア』は、不眠症の意味で、塙さんは聞きながら眠れなくなってしまったようですが、ガヤリーマントラは、よく眠れます。しかもぐっすり。


ネットで探してみると、マントラの音楽はいろいろあるみたいですが、今私がはまっているのは、デーヴァ・プレマール(Deva Premal)というドイツ育ちのマントラ歌手のものです。

 

サンスクリット語の意味はもちろんわかりませんが。

真言がうたわれており、魂の浄化をすることができると言われ、世界中の人たちに唱えられているのがマンドラのようです。

 

デーヴァ・プレマールさんのガラリーマントラにも、心を洗うような癒やしがあります。

 

細野晴臣が、音楽の創作のヒントにしてマントラ。

 

よかったら、細野晴臣さんの『インソムニア』とガヤリーマントラ一度聞いてみてください。

そして、疲れている人は、ぜひディーヴァ・プレマールのガヤリーマントラを聴いてみてください。

 

お勧めです!

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス