夕陽を見に行く Cafe de Reverie カフェ ド レヴェリー 金沢市金石 | 北陸・金沢から つれづれなる日々~イベント主催・神縁つなぎ・主婦大家~

北陸・金沢から つれづれなる日々~イベント主催・神縁つなぎ・主婦大家~

いくつになっても興味は尽きない。
好奇心と知識欲の塊Catherineの日盤吉方をとりながら過ごすつれづれなる日々を北陸・金沢から発信します。


テーマ:

きれいな夕陽が見える日は、無性に行きたくなるカフェ。
あー、この夕陽をあのカフェで見たら最高っ。と思いを馳せながら家路につくことたびたび。

image

金沢市金石にあるカフェ、cafe de Reverie (カフェ ド レヴェリー)。
金石の海岸、犀川河口沿いに建っている、倉庫のような外観。
駐車場は建物斜め前に10台分位かな。
{7B5F9193-1590-4643-8DF6-235AD964428A:01}

{D0A07B40-4994-4A8A-9E9D-51FDAA1DA443:01}

入口から奥にかけて3フロアくらいが階段状になっている形状。
奥は全面ガラス張りでばーーんっと河口周辺の景色が一望できます。
{5BB39608-314E-420D-9533-6F2D2185BA04:01}
よくばって一番前、窓の前を陣取ると・・・
日が沈む時はもろ西日を浴びる羽目になりますのでご注意を。

ロールスクリーンがあるので自分で調整が可能。
あまりの日差しに勝手に操作
でも、全部スクリーンすると、見えない景色がもったいなくて、微調整してその時のベスト設定にする。

{6C5AF980-B802-4137-9B5D-AECA6FAC502A:01}
座る場所によって景色も日差しもちょっとづつ趣が異なるのと思われるので、来るたびに違う席をお試ししたくなります。

夕日の時間帯でなかったら、向かって左側に設置された船が見えるおひとり様用の場所もぽけーとしたり、文章まとめるときに座りたい。

今回はスコーンとアイス珈琲を注文。
珈琲豆は軽井沢の丸山珈琲さんのものらしいです。
スコーンはお値段失念、でもとても良心的だったはず。
夕方にお茶に行く時は、夕飯のこともあって、あまりスイーツを注文しない私。でも気軽なお値段だったり、こういうスコーンとか粉もの系のシンプルなものには惹かれてしまう・・・

女子トークに花を咲かせながら、時間とともに変わりゆく景色に見とれる・・・
今年に入って特に”””夕日”が気になる。
メッセージ?(笑)
わかるようにお願いします。
{0EC8667E-C68E-44E9-BD2F-0C278FA3C13C:01}
こちらは大人数でわいわいより、1~2人がベスト、多くて3人位かな。
3人以上のおばちゃま集団がいたら・・・

おひとりさま席もちゃんと設けられているので、おひとりさま問題なし。
ここでおひとりさまでゆったりするのが最高の贅沢かも。

{98CF2336-BDBE-493B-8217-742EBDC0C577:01}

cafe de Reverie (カフェ ド レヴェリー)
〒920-0337 金沢市金石西1-1-8
Open/Close 11:00am - Sunset
定休日 月、火曜日
Tel. 076-254-0234




Catherineさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス