その2 ゴールドラッシュでの儲け方とは? | 永遠の若さを手に入れろ!!

永遠の若さを手に入れろ!!

今世紀最高の製品!!

今まさに再生医療の最先端!


テーマ:

回は仮想通貨市場で
利益を得るための方法をお伝えしました。


今日はその続きです。


前回の記事では、新興コインは、
取引所にオープンされ、売買が活性化するまでに
時間がかかるリスクがあるとご説明しました。


そして、新興コインには次のようなリスクもあります。


▼2・価値がつかずにそのままお蔵入りのリスクがある


最悪のパターンは、何年も保有してそのまま
購入した新興コインが流通せずに二束三文のまま
仮想通貨市場から姿を消してしまうことです。


最近、インターネット上で、
派手にプロモーションをしている
新興コインがいくつかありますが、
あれらの新興コインに投資する際には
注意が必要です。


あまり詳しく書くといたる方面から
怒られそうなので控えますが、
私たちは世界の財界、政界と繋がりが深いので
様々な新興コインに関する情報が入ってきます。


あれらの新興コインはそもそも普及させるための
根拠が薄いですし、プロモーションしている
市場が狭すぎます。


そして、大手広告代理店や、
政界、財界関係者とのパイプがないため、
プロモーション能力が極めて低く小さいです。


新興コインを本気で普及させようとするならば、
誰もが知る企業を本気で動かさなければ
ならないですし、あらゆる国の政界にパイプを作って、
政府関係者と協力関係を結ぶ必要があります。


政府関係者や大手企業の責任者が
実際に名前を出して登場しない仮想通貨の購入は
リスクが高すぎるのでオススメしません。


私たちはDr.名越がプロデュースする
新興コインを普及させるプロジェクト
を行なっています。


私たちの仮想通貨は、
ある国の元外務大臣の先生を筆頭に、
ある年のノーベル経済学賞を受賞した学者の先生、
ある国の支持率60%越えの元首相、
ある国の巨大都市開発を手がける最高責任者、
ある国の誰もが知っている広告代理店、
ある国のFIFAの理事


など、政界・財界のビッグネームの
名前を実際に出すことができます。


それもそれぞれの人たちが責任ある立場として
私たちのプロジェクトに関わってくれています。


詐欺師は問題外として、
多くの新興コインは、裏で多くの人間が
自分たちの仮想通貨を普及させようと
様々なリスクを負って努力しています。


そして、多くの人々がその努力が
報われることなく、この世に産み落とした
仮想通貨を死なせてしまっているのです。


価値が上がらずにそのままお蔵入りする
仮想通貨はザラにあります。


では、一体、この仮想通貨バブルで
何をどうしたらいいのでしょうか?


それは、これまでにご説明してきた通り、
『明確な目的を持った仮想通貨に投資せよ。』

そして、
『仮想通貨を仕掛ける人たちに投資せよ』です。


現在、世界中で様々な仮想通貨が発行され、
その数は3000種類以上とも言われています。


残念ながら、そのほとんどは、
価値をつけないまま眠ってしまう
新興コインであったり、詐欺コインです。


しかし、世の中には素晴らしい
プロモーションで、新たな仮想通貨を発行し、
巨大な利益を得ている企業がたくさんあるのも
事実です。


あなたは仮想通貨を販売する
企業に投資することで、大きな利益が
得られる可能性があります。


何らかの新興コインを購入して巨万の利益を
狙うことも大切ですが、仮想通貨関連事業を企てる
企業に投資して儲けを生み出すことはより現実的です。


仮想通貨絡みのビジネスを展開する企業は、
アメリカのゴールドラッシュのときのように、
凄まじい勢いでスコップとバケツを売って
利益を得ています。


もちろん、私たちも仮想通貨絡みの
ビジネスで利益を得ている企業です。


今、仮想通貨は売れに売れますので、
この機会を逃すまいと、仮想通貨絡みの
ビジネスを展開している企業は、
資金調達にも力を入れています。


プロモーションを仕掛けるにも
莫大な資金が必要なんですよね。


現状の仮想通貨市場では、
先ほどもお伝えしましたが、


『なんらかの新興コインを見極めて
 買うのも大切ですが、仮想通貨を
 売っている人に投資すると合理的。』


となります。


新興コイン購入と、仮想通貨絡みの
ビジネスを展開する企業への投資のバランスを
考えてみるといいかもしれません。


仮想通貨絡みのビジネスを展開する企業は
大きな業績を生み出す可能性を秘めているため、
金利もかなり高いです。


そして、
『新興コインが普及しない=
 仮想通貨絡みのビジネスは儲からない』
ではないのです。


普及しなかったとしても、その過程で、
仮想通貨絡みのビジネスを展開する企業は
大きな利益を手にします。


仮に、ある企業が仕掛ける新興コインを
普及させるために1兆円の流通時価総額が
必要だとします。


もし、その1兆円にたどり着かなかったとしても、
100億円くらい流通させればその企業は
大きな利益を手にし、その企業に投資した投資家は
大きな儲けを手に入れることができるのです。


新興コインを買うことも一つの手ですが、
リスクをコントロールするために、
また、効率的に仮想通貨市場で利益を得るために、
仮想通貨絡みのビジネスを展開する企業に投資することも
効率的な手であるのです。


仮想通貨を販売する企業は資金があればあるだけ、
より大きな利益を得ることができるため、
なりふり構わず資金調達に勤しんでいます。


私たちも向こう3年で150億円の
資金調達を目指して動いています。


これはDr.名越の悲願である
ある計画を実現するために必要な金額ですが、
名越プロデュースの仮想通貨事業だけでも
30億円は調達する必要があります。


『儲かったお金を使って事業を大きくする』


それでは遅すぎるのです。乗り遅れます。


Dr.名越の仮想通貨もそうです。


世界の公人や財界人と手を組み、
その公人や財界人が責任ある立場として
私たちの仮想通貨普及を目指しています。


公人が広告塔として推進する
仮想通貨はこれまでにもありましたが、
私たちの仮想通貨がそれらの仮想通貨と違うのは、
公人が広告塔なのではなく、会社の代表者として
責任を持って動いてくれているということです。


公人であるにも関わらず
リスクを負ってくれているということですね。


来たる日本での仮想通貨バブルで
利益を生み出すためには新興コインを買うだけが
手ではないことを知っておいてください。


次回、あなたをある特別な場所へ
ご招待させていただきたいと考えています。


次回配信の記事を楽しみにお待ちください。

 

トミーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス