ランナー黒爪はなぜ起きるのか?│ランニング障害│若葉治療院 富士宮本院 | 若葉治療院 富士宮本院

若葉治療院 富士宮本院

若葉治療院 富士宮本院の院長Blogです。よく 「スポーツ専門」 と誤解されますが、いわゆる体のメンテナンス・マッサージです。休日 趣味やスポーツなど、みなさんが楽しく過ごせるようにサポートしたいと思っております。肩こり腰痛でお困りの方もお気軽にお電話下さい。


テーマ:

二週間前に、ランニング雑誌の編集長さんから取材の依頼がありました。

 
黒爪について特集を組むので、専門家の意見を聞かせて欲しい。そんな内容でした。
 
 
僕は答えました。 

「売れることを語った方がいいですか?

それとも、本当の事を語ってもいいですか?」

 
 シューズに爪が当たるのは、小さすぎるシューズが原因だとか、
 
 大きすぎるシューズが原因だとか・・・ 
 
 本気でそう思えたころは微笑ましくも・・・幸せでした。 悩まなくても済むからです。
 
 

  そもそも、専門家ってなんですか?

  毎日、毎日・・・解らないことばかりだよ!

  知れば知るほど・・・ 

  解らないことばかりだよ!

 
 
残念ながら、靴を履かなくても 爪下組織の破壊は起こりえる。
 
 問題は、その起こり方・・・ 
 
 平地における正しいランニングでは、着いた足が、前にズレる動きはしない。 
 
 
前に進む際に着底した足と、床面(もしくはインソール)の間の摩擦力で生じた
 
後剪断力が、生理的な足の動きで相殺されない限り、シューズを履かなくとも、
黒爪やマメは起こりえる。
 
  
それは 運動ルートの乱れであり、繰り返す、全てのランニング障害に起因する。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
  本当の事を語ったら、一ページや二ページでは収まらず、ランナー、靴屋はおろか、
 
 理学療法士を除く、同業・他業の医療関係者ですら理解できない・・・
 
 非常につまらない内容になる。
 
 
  しかし、真実に目を背ければ・・・ランナーは笑顔で摩耗し続ける。

 
   持ってきてくれた雑誌の表紙を指さしながら・・・ 見てくださいよ。。。
 
   表紙に写ってるランナー全員の足が おかしな方向を向いてるでしょ・・。
 
  足、膝の関節は一軸性の関節だから・・・ このまま走り続ければ・・・全員 摩耗する。。
 
  それを解っていながら・・・ 一人ひとり違う その原因に、
 
  紙面で解決する手段を示す事ができないなら・・・本当の事を書いても・・・
 
  無意味なんじゃないですか?
 
 
   そんな話を・・・ 編集長さんとしました。
 
 
    編集長さん・・・   12ページを与えてくれました。 
 
 
     男ですね! ジャーナルですね!! メディアの気骨を感じますね!!
 
 
      一度で 全て伝わらなくてもいい。 今 そんな思いで 原稿を書いてます。

 

 

 

  ●若葉治療院 富士宮本院   :静岡県 富士宮市 西小泉町 21-2     : TEL 0544-26-6628

  ●プラスボディー 若葉治療院 :静岡県 富士市 青葉町377          : TEL 0545‐64-7088

  ●若葉治療院 清水院      :静岡県 清水区 辻4丁目                  : TEL 054‐366‐2227 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若葉さんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント