わかば整骨院

わかば整骨院

袖ケ浦駅前の整骨院(^^)
地域のインフラになる健幸施設を目指します


テーマ:

(神さん)

さて、今日は野球肘について

説明しようと思う。

 

 

(わかばくん)

野球肘ですか?

 

 

(神さん)

そうじゃ、お主は野球やっとたか?

 

 

(わかばくん)

やっていました。

野球肘で苦しんでいた時もあります。

 

 

(神さん)

そりゃぁ大変じゃったの。

なぜ野球肘になったんじゃ?

 

 

(わかばくん)

野球のやりすぎ?

ですかね?

 

 

(神さん)

ほう。お主、練習以外でも

相当ハードなトレーニングをしとったんか?

 

 

(わかばくん)

いえ、練習だけです。

 

 

(神さん)

それで練習のしすぎと言えるかの?

 

 

(わかばくん)

ん〜言えないですね。

 

 

(神さん)

そうじゃろ?

練習はみんなと同じなのに

なぜ野球肘になる子、

ならない子がいるのか?

 

 

(わかばくん)

確かに、練習のしすぎが原因なら、

みんな野球肘なはずですものね。

 

 

(神さま)

では、野球肘の原因は何だと思う?

 

 

(わかばくん)

なんでしょう?

投げ方とか打ち方が悪いんですかね?

 

 

(神さん)

投げ方、打ち方、

確かに関係ある。

 

 

じゃが、それだけなら

みんな投げやすいフォームをとって

投げているはずじゃ。

 

 

当然投手なら、もっと

スピードが出るフォーム、

コントロールがいいフォームなど、

修正している。

 

 

じゃが、

 

 

あえて投げにくいフォームには

しないはずじゃ。

 

 

(わかばくん)

、、、では、なぜ???

 

 

(神さん)

それはの、練習に耐えられない

体になっとるんじゃ。

 

 

(わかばくん)

練習に耐えられない体?

 

 

(神さん)

そうじゃ。

 

 

練習に耐えられない体とは、

体ができていないということじゃ。

 

 

自分にとっては

怪我をするくらいの練習量なんじゃ。

 

 

特に日本では、

小学生は土日の練習時間が

7時間を超える。

 

 

クラブによっては

毎週5日やっとる。

 

 

じゃが、

 

 

ドミニカ共和国という国があるじゃろ?

野球が強い国じゃ。

 

 

ドミニカでは小学生の

平均練習時間が

なんと3時間以内なんじゃ。

 

なのに強い。

 

 

そして、野球肘は

0パーセントじゃ

 

 

日本では野球肘が

外傷1位なのに、

他の強い国ドミニカでは

それがない。

 

 

統計上、練習量の違い、

練習の方針が大きな差を生むんじゃ。

 

 

(わかばくん)

なるほど、他の国とは

そもそも練習量が違うんですね。

 

 

(神さん)

そうじゃ。

 

 

だから練習量を減らそう!

と言ってもそれは無理じゃろ?

 

 

だから練習に耐えられる体

にせんといかん。

 

 

まずはそこからじゃ。

 

 

(わかばくん)

はい!!

 

 

 

次回は、、、練習に耐えられる体とは?

乞うご期待!!!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

 

試合に勝てる体を手に入れたくないですか?

詳細は下の画像をクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

 

 

 

とびだすピスケ1ホームページはこちら

とびだすピスケ2袖ケ浦市奈良輪1392-108号(袖ケ浦駅徒歩1分)

とびだすうさぎ1TEL :0438-55-8683

とびだすうさぎ2ラインでのご予約受付中!

こちらのバーコードでお問い合わせください!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス