膝の靱帯損傷のリハビリ、ここからが本番です。

リハビリのポイントは、

何度も書いているように

「膝の向き」を正しくすることです。

そのための前知識として、

アライメントと膝障害の関係に触れていきたいと思います。

これを理解しておくと、リハビリの目的やゴールが

よりハッキリ見えてくるはずです。

 

〜膝の向きを確認する方法〜

①.壁から離れた状態で脚のラインを揃えて立つ

②.そのまま膝を曲げる

〜正常〜

膝が正面を向いた状態で屈伸できる

〜悪い例〜

膝が内側に入っている

 

このように、体のモニタリングを行うことで、

アライメントの異常を確認することができます。

では、アライメントの異常が

膝のケガを引き起こすのはなぜでしょうか?

ざっくり関連性をまとめてみます。

 

〜アライメント異常と膝のケガの関係〜

①.足元が安定しない

アライメントが整っていると、

全身で体重をしっかり支えることができます。

言い換えると、アライメントの異常があることで、

一部に負担がかかることが考えられます。

特に影響を受けるのが、

足首などの関節部とされています。

 

②.体の軸がグラつく

①に関係していますが、

足元が安定しないためバランスが取りにくくなります。

これはスポーツだけでなく、

日常生活にも関係してきます。

一番身近なのが歩行の局面で、

この場面でも必ず片足立ちの瞬間があります。

アライメント異常の度合いによっては、

この場面でもバランスが取れなくなることが考えられます。

また、

動きのレベルが上がるほどこの影響は大きくなります。

 

③.膝とつま先の向きが合わない

この場合で一番注意したいのが、

「ニーイン・トゥーアウト」です。

膝が内側に入るニーイン×つま先が外を向くトゥーアウト

これは故障が多い選手の特徴で、

修正が必要な動きの一つです。

間違った方向に体が動くことで、

①②を引き起こすことに繋がり、

結果として膝の負担を増やすことになります。

 

大きく3点に分けて、

アライメントと膝の関係について書いてみました。

ここで気になるのは、なぜ膝が正面を向かなくなるのか?

これにはしっかり原因があり、

原因を知ることでアプローチが大きく変わってきます。

 

〜膝が正面を向かない理由〜

原因①.股関節周辺の筋肉が張っている

股関節の柔軟性が失われることで、

膝が内側に入る(ニーイン)傾向があります。

股関節の中でも特に、

膝の外旋筋の疲労によって引き起こされます。

 

原因②.

膝周辺の筋力と運動量のバランスが悪い

この場合、

足底部の外側に体重がかかりやすい傾向があります。

膝に関係する筋肉はとても多く、

特に、足底筋下腿三頭筋腓腹筋ヒラメ筋)の

疲労によって引き起こされます。

 

★上記の原因以外

「壁に立ったときに膝裏が付かない」場合、

膝が曲がりやすい傾向にあるため、

ニーイン・トゥーアウトを起こしやすくなります。

※詳しくは後日・・・

 

次回からは、実際のコンディショニングの話です。

膝が正面を向くためにはどうすれば良いのか?

原因①と②に焦点を当てて、

リセットアクティブに分けて紹介していきます。

 

関連記事↓

股関節のリセットコンディショニング

股関節のリセットコンディショニング②

 

若葉治療院 富士院/PLUSbody若葉治療院

〒416-0902

静岡県富士市長通9-1 201号

TEL:0545−63−6288

 

HP:「plusbody-fuji.com

公式アプリ:「AppStore

      「GooglePlay