肩こりのリハビリ④です。

今回の筋肉は「肩甲挙筋」です。

肩甲挙筋は、

前回紹介した僧帽筋と密接に関わる筋肉の一つです。

まずは解剖学の話からしていきますが、

読むとその理由が分かると思います(^_^;)

 

〜肩甲挙筋の役割〜

僧帽筋の下にある細い筋肉で、

肩をすくめる動き頭を横に倒す(側屈)作用、

首を後ろに傾ける動き(後屈)があります。

痛みの特徴は、首の付け根にコリ感や痛みがあることです。

首の付け根が痛むため、後ろを振り向きにくいなどの、

日常生活で不調を訴える事が多いようです。

 

負担がかかりやすいのは僧帽筋と同じく、

デスクワークが代表です。

それ以外にも、運転や電車内での睡眠など、

長時間同じ姿勢を取るときに負担がかかります。

 

僧帽筋の下にあるため、

僧帽筋の張りなどで圧迫を受けやすい

関連記事:肩こりの改善ポイント

 

いざ、ストレッチ!!

①.伸ばしたい筋肉と反対に頭を倒す

〜Point〜

手を使ってやや斜め前に頭を誘導する

勢いよく伸ばさない

②.頭を横に倒したまま腕を同じ方向に伸ばす

〜Point〜

肩甲骨が頭から離れるようにする

(肩甲挙筋は肩甲骨の内側に付いているため)

★一連の動き

 

★ストレッチはどれくらい伸ばすのか?

筋肉の伸ばし方を知っていても、

「どの程度伸ばして良いのか?」が

分かっていないと勿体ないです。

ストレッチ全体に共通する事なので、

ポイントを載せておきます。

 

・ウォーミングアップの場合

   →軽く反動をつけて20回×3セット

・クールダウンの場合→息を吐きながら20秒×3セット

・痛みが出るまで伸ばしきらない

 急性期の肉離れなどではストレッチをしない

 

今回のストレッチは非常にシンプルです。

僧帽筋菱形筋と同じくイスに座ってできるため、

「ながらストレッチ」の一種と言えると思います。

 

似たようなストレッチや同じ環境でできるストレッチは、

比較的組み合わせがしやすいものが多いように感じます。

原因の筋肉だけをケアするのではなく、

周囲の筋肉までケアすることが望ましいです。

 

例えば、僧帽筋菱形筋→肩甲挙筋・・・と言ったように、流れを組んでみると楽にできると思います(^_^)

 

若葉治療院 富士院/PLUSbody若葉治療院

〒416-0902

静岡県富士市長通9-1 201号

TEL:0545−63−6288

 

HP:「plusbody-fuji.com

Facebook:「plusbodyfuji

Twitter:「@PLUSbody_yamada

公式LINE:「PLUSbody若葉治療院