肩こりのリハビリ③、

今回はストレッチの肝となる「僧帽筋」です。

僧帽筋が肩こりの要となるのは、

ブログ中で何度も話をしてきました。

どのような肩こりの原因でも、

僧帽筋のケアは欠かせません。

前回の菱形筋のストレッチ同様、

日常で取り入れやすいストレッチですので、

ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

〜僧帽筋の役割〜

首や肩こりの原因となる筋肉の代表格です。

首筋〜肩・背中にかけて張り感コリ感

痛みなどを訴える場合、僧帽筋が関係しています。

また、肩の痛み以外にも、

頭痛吐き気などの原因になることもあります。

 

首を後ろに傾ける動き(後屈)や、

肩をすくめる動きに作用しています。

また、重い物を持ち上げるときに、

腕が持って行かれないように

腕を体に固定する役割もあります。

 

僧帽筋に負担がかかる人は、

主にデスクワークをしている人です。

首が前に倒れる姿勢を取りやすい点、

それによりストレートネックを起こしやすい点などから、

僧帽筋に負担がかかることが想定されます。

 

僧帽筋が関係する理由は2通りあり、

①.僧帽筋が緊張して僧帽筋自体が痛む場合

②.僧帽筋の緊張等で周囲の筋肉が痛む場合

 

原因は僧帽筋に違いはありませんが、

施術やケアの方法に違いがあるので注意が必要です。

関連記事:肩こりの改善ポイント

 

いざ、ストレッチ!!

①.両手を組んで後頭部に当てる

②.首を下向きに曲げる

〜Point〜

痛みが出ないように注意する

僧帽筋を縦方向にストレッチする

③.肘をくっつけるように締めて更に頭を下に落とす

〜Point〜

背中を開くようにストレッチする

★一連の動き

※背中の動き

 

★ストレッチはどれくらい伸ばすのか?

筋肉の伸ばし方を知っていても、

「どの程度伸ばして良いのか?」が

分かっていないと勿体ないです。

ストレッチ全体に共通する事なので、

ポイントを載せておきます。

 

・ウォーミングアップの場合

   →軽く反動をつけて20回×3セット

・クールダウンの場合→息を吐きながら20秒×3セット

・痛みが出るまで伸ばしきらない

 急性期の肉離れなどではストレッチをしない

 

私も撮影中にストレッチしてみましたが、

このストレッチ、かなりオススメです(^_^)v

肩こりはもちろん、頭がスッキリしない

首が重いなどの場合でも効果が実感できました!

 

ストレッチをする時間を確保するのは大切ですが、

マットなどを準備すると少しが面倒です。

イスに座った状態や立ったままできるストレッチ、

これらの「ながらストレッチ」が、私のオススメです。

 

特にデスクワークをしている方は、

ながらストレッチでも十分効果があるので、

ぜひ取り入れて、

肩こりの予防・改善を図ってみてください(^_^)

 

若葉治療院 富士院/PLUSbody若葉治療院

〒416-0902

静岡県富士市長通9-1 201号

TEL:0545−63−6288

 

HP:「plusbody-fuji.com

Facebook:「plusbodyfuji

Twitter:「@PLUSbody_yamada

公式LINE:「PLUSbody若葉治療院