肩こりのリハビリ②です。

今回のテーマは「菱形筋」です。

ストレッチではありますが、

言ってしまえば肩甲骨はがしの簡易版です。

前回の小胸筋とは反対側にあるため、

バランス良く整えていくと肩こりが改善されると思います。

 

〜菱形筋の役割〜

肩甲骨の間にある筋肉で、

大陵形筋小菱形筋の2つがあります。

内転作用によって肩甲骨が背骨に近づき、

胸を張る動作物を引っ張る動作ができます。

 

デスクワークなどで肩甲骨を動かさないことで、

菱形筋が開いた状態が続きます。

この張りが続くと菱形筋が動きにくくなるため、

背中の張りが首や肩の痛みや張りへ繋がっていきます。

 

菱形筋も僧帽筋の下に隠れているため、

僧帽筋の張りなどの影響を受けやすい筋肉の一つです。

関連記事:肩こりの改善ポイント

 

いざ、ストレッチ!!

①.イスに座って指を組む

〜Point〜

親指同士を組むと腕が離れにくい

②.背中を丸める

③.軽く顔を伏せて腕を斜め上に上げる

★一連の動き

※背中の動き

 

★ストレッチはどれくらい伸ばすのか?

筋肉の伸ばし方を知っていても、

「どの程度伸ばして良いのか?」が

分かっていないと勿体ないです。

ストレッチ全体に共通する事なので、

ポイントを載せておきます。

 

・ウォーミングアップの場合

   →軽く反動をつけて20回×3セット

・クールダウンの場合→息を吐きながら20秒×3セット

・痛みが出るまで伸ばしきらない

 急性期の肉離れなどではストレッチをしない

 

ストレッチを背中側から乗せてみましたが、

いかにも、肩甲骨を伸ばすような動きですね(^_^;)

このストレッチなら、座った状態でも実践しやすいため、

デスクワークなどでの疲労取りにも最適です。

 

デスクワークでは菱形筋が開いた状態が続くため、

開いたまま固まることが多いです。

そのため、ストレッチしたくても

なかなか動きが出ないケースがあります。

いきなり大きく動かすのではなく、

少しずつ可動域を出すイメージでストレッチができると、

痛めることがなくストレッチできます。

 

どのストレッチも共通ですが、

「毎日少しずつ取り入れること」

これが肩こり改善のポイントです(^_^)

 

若葉治療院 富士院/PLUSbody若葉治療院

〒416-0902

静岡県富士市長通9-1 201号

TEL:0545−63−6288

 

HP:「plusbody-fuji.com

Facebook:「plusbodyfuji

Twitter:「@PLUSbody_yamada

公式LINE:「PLUSbody若葉治療院