別の記事を書いている中で、

この内容が必要なので書いています。

皆さんは、ケガをした直後の処置をご存じでしょうか?

 

一般的な応急処置で有名なのが「RICE処置」だと思います。

最近ではRICEが進化し、

「PRICES処置」と言われています。

適切な「PRICES処置」を行うことで、

内出血腫脹(腫れ)疼痛を早く抑えることができます。

スポーツの試合中などに、捻挫や打撲、

挫傷する可能性は充分に考えられます。

受傷後の痛みを長引かせない、

そして早期復帰するためには適切な処置が大切です。

 

では、

PRICESにはどのような効果が期待できるのでしょうか?

 

〜PRICES処置の適応〜

①.捻挫→足首を捻った、手首を捻ったなど・・・

②.打撲→ボールがぶつかった、

     相手の足がモモに入ったなど・・・

③.挫傷→肉離れ

 

〜PRICES処置の効果〜

P(protect):保護

 目的・・・安全確保

 速やかにケガ人と受傷部位の保護に努めます。

R(Rest):安静

 目的・・・内出血や腫れ、痛みの抑制 損傷部位の拡大防止

 受傷部位を動かさず、楽な体性で安静な状態を保ちます。

 内出血・腫れを最小限に抑える目的で、

 患部を安静にしておきます。

 人体の回復能力を最大限発揮するために、

 患部を動かしてはいけません。

I(Ice):冷却

 目的・・・内出血や腫れ、痛みの抑制

      筋緊張緩和 患部の血流抑制

 アイシングのポイントは、受傷直後から行うことです。

 炎症や腫れが強くならないよう、

 氷で患部をしっかり冷やします。

 「冷たい→暖かい→感覚がなくなる・痺れる」

 という流れが、15〜20分かけて起こります。

 急性期は1時間サイクルでアイシングを行い、

 医療機関を受診するまで断続的に行います。

 また、動かして痛みがある期間は

 継続して行うと良いでしょう。

関連記事:アイシングの使い分け

C(Compression):圧迫

 目的・・・内出血や腫れの抑制

 包帯やテーピングで患部を固定します。

 アイシングと同様、

 受傷直後から行うことで早期回復に役立ちます。

 患部を圧迫することで過度な内出血や腫れを抑え、

 正しい組織修復を促進します。

 圧迫の程度は、うっ血が起こらないよう、

 末梢(心臓から遠い部分)から

 包帯やテーピングを巻いていきます。

 ポイントは、継続して圧迫ができる程度の固定です。

 しびれや指先の白さを確認した場合、

 固定が強すぎる場合があります。

E(Elevation):挙上

 目的・・・内出血や腫れの抑制

 患部を心臓より高くして血圧を下げていきます。

 血管外に出ていく血液量を減らすことで、

 内出血や腫れを防ぎます。

 アイシング・圧迫と併用することで

 効率的に内出血を抑制できます。

S(Stabilization/Support):安定/固定

 目的・・・組織回復初期の痛み・腫れ・炎症の抑制

 筋肉・腱・靱帯などの修復を効果的に行うために、

 固定が重要です。

 ※必要以上に長期間固定すると、筋力低下、可動域低下、    

  骨萎縮などを起こす可能性があります。

  最低限の期間で最大限の効果が発揮できる固定が

  望ましいです。

 

PRICES処置を大まかな流れで説明すると、

 以下の通りです。

 冷却・挙上・圧迫

  →静脈・リンパ還流促進

   →出血・腫脹防止

 

〜回復を遅らせる行動〜

急性期からの回復を遅らせる行動として、

以下の項目が挙げられます。

①.入浴

②.飲酒

③.温湿布

 

共通点は、「血管拡張作用がある」ということです。

急性期は痛みを落ち着かせて、

早期回復をできる状況を作ることが重要です。

その状況で身体を温めると血流が良くなり、

痛みが悪化する事が考えられます。

痛みが強い急性期は、アイシングなどで

患部をしっかり冷やすことに専念しましょう。

 

肉離れの慢性期などでは、

 筋肉が固まらないように温めることがあります。

 ケガの程度によって温めと冷却を使い分けが大切です。

 

ケガをした直後に求められるのは、

早急かつ適切な処置です。

受傷直後の痛みを軽減させる以外にも、

早期回復にも大きな役割を持ちます。

以前、アイシングについてブログを書きましたが

今回の話はそれよりも広い範囲の話になりました。

私の願いは、それぞれの意味・目的を知り、

選手自身で判断できる状態になってくれることです。

 

若葉治療院 富士院/PLUSbody若葉治療院

〒416-0902

静岡県富士市長通9-1 201号

TEL:0545−63−6288

 

HP:「plusbody-fuji.com

公式アプリ:「AppStore

      「GooglePlay