下腿三頭筋(腓腹筋)のストレッチ 若葉治療院富士院/PLUSbody | 若葉治療院富士院 PLUSbody

若葉治療院富士院 PLUSbody

・若葉治療院富士院 院長
・ランニング専門施設 PLUSbody 代表
山田洋太のブログです。
・セルフケアやトレーニング紹介
・日々の活動報告
・症例紹介
などを随時更新しています。

今回のブログは、「下腿三頭筋(腓腹筋)」のストレッチです。

 

腓腹筋ストレッチ〜基本形〜

①.肩幅(骨盤の幅)に立ち、片脚を一歩後ろに下げる

②.足のラインを揃えて骨盤を立たせる

③.前脚の膝を曲げて体重を乗せる

  踵が浮かないように注意して後脚の膝裏を伸ばす

 

〜Point〜

足のライン(ミクリッツ線)をしっかり揃える

(アライメントを崩さない)

骨盤が前傾・回旋しないように注意する

膝裏とアキレス腱の両方が伸びていることを確認する

後脚の膝を完全に伸ばす

 

 

ストレッチの使い分け

静的ストレッチ/スタティックストレッチ

反動や動きを伴わず、深呼吸をしながら持続的に関節や筋肉を伸ばす方法

・乳酸などの疲労物質を取り除く目的で、運動後のクールダウンとして用いることが多い

・1つの部位につき、20秒×〇セットのストレッチが望ましいとされている

 

動的ストレッチ/アクティブストレッチ

反動をつけてストレッチする方法で、主動筋を伸ばすバリスティックストレッチ拮抗筋を収縮させるダイナミックストレッチに分類される

・筋肉を大きく動かす特徴があるため、運動前のウォーミングアップとして用いることが多い

・4カウントを1セットとする場合、1・2・3と徐々に反動を大きくしていき、4で関節が動くくらいまで筋肉を伸ばす

 このセットを4〜5セット繰り返す

詳細ブログ:ストレッチングの概要・種類

 

ストレッチの効果

①.筋肉の柔軟性向上

②.関節可動域の向上

③.ケガや痛みの予防/パフォーマンス向上

④.血行促進/疲労回復効果

⑤.副交感神経が優位になりリラックスできる

⑥.筋肉の拘縮や不全の抑制

詳細ブログ:ストレッチングの効果

 

ストレッチのメカニズム

 

トレーニングの3原理・5原則

 

内容が多いので、随時更新していきます。

最終更新:R5.7.22

 

若葉治療院 富士院

〒416-0902

静岡県富士市長通9-1 201号

TEL:0545−63−6288 

HP

公式LINE

Instagram

 

ランニング専門施設 PLUSbody

HP

まぼろし工房 ラクちんソックス