大東文化大

テーマ:

極々簡単に言えば、攻撃では、外側に外国人選手を配置して突破するチームです。

少し詳しく見てみましょう。


一次攻撃で突破を図る場合

スクラムからはNo8アマトのサイド攻撃からつないでゲインするプレーや

ショートサイドのラトゥ君へのパスプレーなどが目立ちます。


同志社は天理戦でスクラムから相手外国人No8に走られトライを取られています。

スクラムを8人で押すのは大切ですが、スクラムからのブレイクのタイミングもかなり重要です。


また、ラインアウトからのトライも目立ちます。

当たり前ですが、相手の一次攻撃にどれだけ早く鋭いDFができるかがカギになります。


二次攻撃以降で突破を図る場合

一次攻撃ではFWに近いところで縦をつくプレーを何度かします。

その間にNo8アマトがオープン側の一番外側に立ちます。

一次攻撃で縦をついているので、相手DFはなかなか外に広がれません。

二~三度度か縦をついている間に相手がポイント付近に寄ってくると外側のアマト君に

平行(フラットな)パスを出し、そこからアマト君がスタートし突破します。


余談ですが、アマト君が外側でフラットなパスに走り込んで来ると手が付けられなくなると思います。

フラットなパスに走り込む場合、タイミングでミスする事があるためしないのではないかと推測しています。


展開する際のアタックラインは浅くはありません。確実に外に回す(プレッシャーを浴びない)

ために浅いラインは敷かないようにしているように思います。


同志社としてはFWに近いところで素早い球出しをしている大東FWを前でつぶしてプレッシャーをかける。

そのためにも素早く立ち上がって広がる。低くかまえる。


また、外側のアマト君に2人以上で対応するために

ボールが出て素早く外を埋めていく。


そのためにも内側のDFが早く立って低く構えていないと

内側にスペースがあれば、外を思い切って埋められません。


筑波戦のように立ち上がっていて、順目にいくべき選手がなかなか行かない。

また、外側の突破でタックル出来ているのに放してしまって、止めるのに二人三人かかるようだと

アマト君の突破の餌食です。


内側を担うFWのプレーヤーにかかっています。


ちなみに大東はこの攻撃に自信を持っているようで、自陣からでも多用します。

同志社としては、この自陣からのプレーを止め相手陣で戦えると勝利が近くなります。


慶応戦では、点差が開いたため、後半、大東は外側にアマト君を立たせるプレーを封印しました。

このため、後半は慶応と2トライずつといまいちピリッとしなかった。


おそらくリーグ戦が深まるまでは慶応戦の後半のようなピリッとしない攻撃だったのでしょう。

外国人選手の個人技だけで勝てるほど今のラグビーはレベルが低くありません。

アマト君を外側に立たせるなど、外国人選手をうまく使うプレーをしてはじめて勝てるようになります。


このため巷間言われている大東のアンストラクチャーからの攻撃は言われるほど強くありません。

アンストラクチャーでは外国人が効果的になるようなデザインが出来ていないように思います。


一次攻撃やアマト君を外側に立たせるプレーなど、事前に描いたプレーがうまくいった場合

大東の破壊力が出ている状態です。

何をするかは容易にわかる。しかし、そのプレーは強力といった感じです。



大東の攻撃を見てきましたが、防御を見てみると

筑波と同じくポイントに近いところに詰めて並び外側を空けている短いラインのDFです。

ただ、筑波が外側を突破されるリスクを考えあまり前に出ないのに対して

短いながらも前に出るDFだという点が違います。


前に出てプレッシャーをかけているので外側にボールを持っていかれてもカバーDFが間に合います。


同志社は大東DFが外側に広がれないように内側で工夫して素早く外側に回すプレーが効果的なのは筑波戦と同じです。


筑波戦の後半のような攻撃が有効であると思います。

ただ、筑波戦では、外側で抜くので精一杯でそのあとトライまで持っていけないシーンが目立ちました。


少し話がそれますが、筑波戦の同志社の攻撃を見てみます。


外側でライン(一線)DFとカバー(二線)DFを何とかかわしゲイン。

しかし、内側の同志社のプレーヤーは外で抜けるかわからないので、前に出られません。

次のプレーでボールを貰えるようにボールキャリアーを前に出します。


ごく当たり前のプレーです。


筑波は外側で抜いてもFBやWTBなどキックに備えて下がっていたDF(三線)が素早く上がります。

抜かれてしまったライン(一線)DFとカバー(二線)DFとキック(三線)DF連携して素早くDFを立て直します。


同志社は抜くところがなく後ろにしか味方がいないためパスも出せなくて当たってラックにするしかありません。

そこで驚くほど早い筑波にからまれ、チャンスを逃していました。


抜かれかけてから、三線防御の上るタイミングの早さ寄りの速さは、さすが強豪校です。

いいDFでした。


強い頃の早稲田なら、同志社のように抜けかける場合、内側でフラットなパスをもらってトライまで持っていく選手(同志社で言えば松井君など)をダメ元で前に走らせるんだろうなぁと思います。


抜かれるとどうしても抜けてきたプレーヤーにDFが集まる傾向があります。集まったDFを越してパスを通すと広大なスペースが広がっている場合がほとんどです。


筑波戦のように大外で抜いてしまうとその外側でフラットなパスをもらうのはなかなか難しいので、少しだけ内側でボールをもらい、そこで突破するか、それでつかまりそうなら、リターンで外にパスしてトライするかになります。


筑波のように抜かれかけてもしぶとく素晴らしいDFをされるとやはり上のような複雑なプレーになります。

複雑になるとどうしてもミスが増えますし、正確なプレーが求められます。


かなり話がそれましたが、大東戦でも大外で抜いても、その後のつなぎが重要だということを言いたかったのです。


前に出てくるDFへの対処としてもう一つ。

リスクはありますがボールを下げるアタックがあります。


同志社が国立で早稲田に対しあと5mと迫った試合の前半です。

同志社の前に出るDFに対しかなり深いアタックラインを早稲田が敷きました。

前に出ると言っても、深くまで追うとバラツキが出ます。

そのバラツキをスピードのある選手がアングルをつけて走り(タックルポイントが1か所になる)、

1対1で抜きます。その後、DFラインの裏で自由につないでトライまで持っていきます。


これで早稲田に差を広げられ、後半追い上げましたが及ばずという試合でした。

同志社は数年前伊那での早稲田戦でも同じように前に出るDFを深いアタックラインでやられています。


南港でNTTドコモとの練習試合(確か長井君が一軍スタメンデビューした試合)でも、前に出るDFにてこずったドコモが途中から深いアタックラインで同じようにかわしていました。


同志社も同じようにできるかもしれませんが、ボールを下げる分、失敗するとリスクが高い。

練習もしてないでしょうから、筑波戦の延長で戦うと思います。


大東大はDFはいいので、外側のスペースを同志社がつけるか、ついた後トライまで持っていけるかが焦点です。

スクラム、モールなどFWプレーで圧倒できるなら、そんな必要もないのですが、どうなるでしょう。


大東のDFはいいですが、大東の攻撃は一次攻撃から外国人が突破するか、アマト選手が外側で待つプレーがほとんどです。そのプレーが止まれば、同志社は勝てます。それにてこずるようだと負けに近づきます。


外側のアマト君を止めるために、内側で縦を突くプレーをしっかり止め、そのプレーで崩されない。

内側で同志社FWがどれだけ素早く立って、広がって、低く構えて前に出てタックルをできるか

そこに試合の趨勢がかかっています。


一歩早く立ち上がってください。

一歩早く広がってください。

一歩早くスタートしてください。


それが出来て負けたとしても、残念ですが仕方がありません。

悔いのないよう思いっきりプレーしてください。


応援しています。

頑張れ!同志社FW


DSNはこちら

http://d-support-network.net/