筑波戦

テーマ:
選手の皆さんには申し訳ないですが、ひどい試合でした。

負けたからではありません。ミスが多かったからではありません。

相手が強いと思ってプレッシャーに負け、硬くなって、動かなかったからです。

試合立ち上がりで様子見の時からDFでオープンをうめません。

筑波が停滞した時にやっとDFがキチンと並べていましたが、さして早くない球だしでもオープンが1~2人足りない状態。

並べていないので、ギャップがあるまま、前に出られず、横にスペースを動くDF

間に入られキチンと当たれないため相手に押し込まれます。

これは、並べなかったためで、純然たるブレイクダウンではありません。

並べている時は、あまりやられていません。

走らないまま、後半に入ります。

後半畳み掛けられてはじめてチャレンジし始めます。

チャレンジして負けるのは仕方ありません。

強豪相手でビビってキチンと並べず、相手にプレッシャーもかけられず、負けが決まってから腹をくくる。

結果の前のいいプレーの前の試合に対する気持ちの持ち方が問題でした。

チャレンジして負けたら、相手が強い。
キチンと走って並ばない。

相手が強いと思って、その場に居着いて。
筑波は、ソコソコ強いですけど、
同志社は対峙せず、自分で倒れた感じ。

倒されるまでになってない。

そこがひどい試合だと、思う理由です。

大東戦まで、天理戦以前に戻ってしまったラインDFをもう一度じっくり練習してください。

大東はスクラムが弱いです。スクラムの多い試合にして、
相手の外側での外国人による突破をキチンと止める必要があります。
そのためにも内側が早く並ぶ。天理戦のようにそれが出来れば勝ちに近づく。

出来なければ、次戦でシーズンが終了します。